ブライドエンジェルトレイル地図



3.ブライドエンジェルトレイルを歩く



歩いていってブライドエンジェルトレイルの入り口に着く、
そこに売店があり谷底からハガキを送るようにハガキを何枚か購入しておく。


10時にやっとブライドエンジェルトレイルを歩き出す。

トレイルはこの時期は始めのほうはほとんど日が当たらないみたいで凍っているところがいっぱいあった。

ツルツルでかなり危ない、お姉さんじゃないけどこんなところで骨を折ったら大変なことになるので注意して進む。


< トレイルのスタート地点 >

スタートした直後は道がかなり凍っていて転んでいる人もいっぱいいた



慣れてくるとそれなりに早く進むことができるようになってくる。

この時間になると降りていく人はあまりいないみたい、
私みたいに下まで降りてそこで一泊する人はこの時間から降りても問題ないけど、
普通の人はある程度まで降りてまた戻ってこなければいけない。

多くの人が日帰りで目指すのがプラトーポイント(Plateau Point)というグランドキャニオンの真ん中にせり出したようにある丘。

大体片道10kmで全工程20kmぐらいのトレイルになりファントムランチ(全工程15km)よりも歩く距離は長い。

さらにプラトーポイントまで降りたあとに今度は登りでまた戻ってこなければいけないのでファントムランチに1泊する工程よりもかなり大変。

午後になるとブライドエンジェルトレイルは日が良くあたるようになるので気温も上がり体力が奪われてさらに大変。

なのでこのトレイルを歩く人は午前7時とかかなり早い時間にスタートしてしまう。

だからこの時間にトレイルを降りていく人は適当にちょっと歩いてるだけか私のように谷底まで降りて一泊する人ぐらい、それにしても時間が遅いのでやっぱり降りていく人は少ない。


< トレイル全体写真 >

この写真に写っている部分が大体このトレイルの全景になります。
プラトーポイントは写真真ん中のせり出している丘です。
ブライドエンジェルトレイルはその右側にある谷をさらに進んでコロラド川まで降ります



トレイルを歩き始めて1時間ぐらいで2マイルコーナーにたどり着く、
そのなのとおり2マイルなので3.2km降りたことになる。


< ブライドエンジェルトレイル >

はじめのあたりはスイッチバックで右へ左へとあるいて少しずつ高度を下げて行きます



< ブライドエンジェルトレイル2 >

見た目にはそんなにたいした角度に見えませんが、意外と急だったりするところもあります。
ほとんどの工程で数キロ先までトレイルがずっと見えるため、
考え方によってはあそこまで降りるのかー、大変だなと感じる。



なかなかペースが早いみたい、体調もいいし、スタートが遅れた分をこれで取り戻せるかな。

調子がいいのでそのままさらに降りていってスリーマイルレストハウスに1時間20分ぐらいで11時20分にたどりつく。

ここで水を飲んだりして少し休憩をしているとしたからミュールが上がってくる。

ミュールとはロバと馬の相の子で馬よりも背が低くどっしりとしていて力持ち、
とくにトレイル上は足場が悪いのでこのミュールじゃないと歩かせるのが難しいみたい。

このミュールはファントムランチへの食料の輸送のほかにミュールツアーとして人を乗せてファントムランチまでだったり、プラトーポイントまで往復してくれる。

1日1回でかなり人気があるらしく相当前から予約しなければ乗れないらしい、
おじいちゃんおばあちゃんに太っている人が多いアメリカではこういうのを使わないとダメな人も多いからねー。

それはいいんだけどこのミュール君たちが、トレイル上にあちこち緑色のウンコを落としていくので困る。

すごくいっぱい落としていくので避けて歩くのが大変なぐらい。

< ミュールツアー >

ミュールの背中にのって揺られているだけでたどり着く
高いらしいけどなんて楽なんでしょう
でも飼いミュールのフンの始末はちゃんとしてもらいたいものです・・・