ブライドエンジェルトレイル地図



4.山くだりの歩き方



また降りていくのだが、
だんだん下りのトレッキングの歩き方のコツがわかってきた。

始めのうちは普通に一歩一歩しっかりと歩いていたんだけど、
これだと一歩あるくことに足に全ての荷重がかかってしまう。

これにたいして一歩をふみだしたときにつくと同時にそのままさらに次の足をだす、
重心をさげて駆け足のようにすると足にかかる荷重を前に進む力に変えることができる。

こうすることにより一歩に対する足の付加は減り、ついでにスピードも速くなる。

さらにどうせ一歩にかかる負荷は変わらないなのなら一歩の歩幅を大きくすれば歩数が減るので足の負担が減る。

これらを総合して下りのときは駆け足のように大きい歩幅で重心を下げて前のめりになるように次々に足を出して降りていくのが良い!
という結論になりました。

この方法だとかなりはやく下ることができます、
ただ足元要注意です、反射神経がないと転んで大変なことになります。


< 降りてきた道 >

写真中央の一番上の辺りからずっと降りてきました
振り返ってみると2時間でこんなにおりたのかーとちょっとびっくり
まだまだ私も若いかな


この時間になるとトレイルにも日が当たり始めて気温も上昇し始める。
標高も下がってきたのでその分の気温も上昇してかなり暖かくなりTシャツ1枚でも十分なぐらい。
いままでひたすら寒さに耐える旅だったのでやっとまともな気候になってきた。

スピードも上がってどんどん降りていってインディアンガーデン(Indian Garden)に12時過ぎにたどり着く。
2時間で7.4km、900mぐらい標高もさがっているのでかなりのハイペース。

ここはオアシスのようになっていてピクニックエリアもある。
疲れてきたことだし、パンなどを食べながら休憩する。

ここまで来ると日帰りの人はこの時間では皆無でかわりにテントなどを背負ったキャンパーばかりになる、それでも数組いるぐらい。


< インディアンガーデン >

このあたりは川が流れていて緑も結構いっぱいある
それまではなにもない崖を降りてきたのでここにくるとやっと平地に近づいたと思えます
この名前はその昔インディアンがこのあたりに住んでいたことから由来するらしいです



インディアンガーデンはプラトーポイントという一番の展望スポットにいく分岐点でもある。

ただそこから谷底へは直接いけなく、またインディアンガーデンまで戻ってこなければいけない。
往復で4.8kmなのでかなりの負担になるけど一番の展望スポット。

私にはブライドエンジェルトレイルできてプラトーポイントまで1日で往復できる体力はない、
そして明日の谷底からののぼりのときによるのは相当大変でやはり不可能。

ということは今日行かなければプラトーポイントへはいけない。
せっかくの一番の展望スポットなのだからいっておかなければ!

ということでメインのトレイルを外れてプラトーポイントへと向かう。