ブライドエンジェルトレイル地図



5.最高の展望のプラトーポイント



道は平らで歩きやすく30分ぐらいで13時にプラトーポイントにつく。

そのプラトーポイントは・・・


ものすごい絶景です!


ブランドキャニオンの真ん中に立っているような感じ、
あたり一面どこを見てもグランドキャニオンの切り立った崖。

ここまで来るのはなかなか大変だったけどその分感動もひとしお、
機会があったら是非訪れてもらいたいポイントです。

ここからはコロラド川も見えて、直接は見えないけど目的地のファントムランチもコロラド川沿いなのでかなり近づいたと実感できる。



< プラトーポイントへの道 >

この時点でもすでに結構な絶景になっています
振り返れば降りてきたグランドキャニオンの絶壁も見えます


< プラトーポイント >

写真の真ん中にある手すりがあるところがプラトーポイント



< プラトーポイント2 >

プラトーポイントからみたコロラド川
写真の右側に川まで続いている白い線がブライドエンジェルトレイル


< プラトーポイント3 >

写真ではなかなか伝わりませんが実際にはこの100倍はすごい絶景です



< プラトーポイント4 >

これは降りてきたサウスリム側に振り返って取った写真
あの絶壁の上から降りてきたと思うと感動も倍増


< プラトーポイント5 >

プラトーポイントを改めて取った写真
伝わらないのが残念ですが本当にすごい景色です
あたり一面にグランドキャニオンでどこをみても絶景が見られます


< プラトーポイント6 >

プラトーポイントからインディアンガーデンへ戻る途中に取った写真
来るときは前を見て歩いてきたのでわからなかったけど このようにみるとなかなか綺麗で良い景色


30分ぐらいゆっくりしてからインディアンガーデンに戻っていく。

戻ると14時を過ぎていてそろそろ時間も遅くなってきたのでいそいでブライドエンジェルトレイルを下っていく。

さすがに疲れが出てきてペースが落ちてくる。



< ブライドエンジェルトレイル2 >

インディアンガーデンからコロラド川へいたる道
このあたりは石段になっている部分があり、疲れた足には歩きにくくてつらい



そんなところへこのトレイルの最大の難所のデビルズコークスクリューにつく、
悪魔と名がつくだけあってものすごいうねった形のスイッチバック。
疲れが出てきた脚にはかなりこたえる。



< デビルズコークスクリュー >

その名の通りでかなりきついスイッチバックのコーナーが続く難所
他に道を通すところがなかったんだろうけどそれにしても大変な道
遠くから見えるだけにあれをくだるの?マジで?と怖気づく時間はたっぷり。


ガクガクしながら歩いていくと後ろからすごいスピードで降りてくるおじさん軍団がやってくる。

この時間になぜ私の後ろから人がやってくる?
と思っている間に追い抜かれていく。

50歳ぐらいの中国人らしきおじさん軍団なのだがそれにしても早い。
キャンプ用品とかを持っているわけでもなく軽装なので頂上から降りてきたのだろうか?

このスピードならありえない話ではないけど、
なぜここにきてそのスピードを維持できるのだ?

そんなことを考えている間にもどんどん離されていく、
おかしい、仮にもまだ若い私がなぜあんなおじさん軍団に軽く追い抜かれていかなければいけない?


あいつら体力の減りが1/10とかになる秘密のアイテムでも装備してるんじゃないのか?


これはあの軍団を倒して奪い取らなければ!


などと思っている間に視界から消えていった。

新型ロボットなのかなー、謎のおじさん軍団だった。


やっとデビルズコークスクリューをぬけて道が少しなだらかになり始める、
しばらく進むとやっとコロラド川にたどり着く。