ブライドエンジェルトレイル地図



2.下りと上りは別物



しかしそんなことを思ったのもつかの間、
出発から1時間で7時半にあのブライドエンジェルトレイル最大の難所


デビルズコークスクリュー


にたどり着く、
たしかに悪魔とよぶにふさわしい難所ではあるんだけど、
輝く天使(エンジェル)の名をもつトレイルなんだし、
名前で気持ちも変わるんだからエンジェルズとかいう名前にしてもいいんじゃないのか?

これをのぼるのかよー、
これまではほとんど平地だったのでついに上り、
さらに最大の難所、登れるのかな・・・


登り始めてみると意外なことにあんまり足が痛くない、
どうもくだりとのぼりでは足の使い方が違うみたいで、
筋肉痛の部分はほとんど痛くなくてそんなに大変ではない。

デビルズコークスクリューなので体力的にはきついがまだ序盤なのでどんどん登っていく。

だんだんトレイルにも日が当たり始めて登りだし暑くなってきてTシャツ1枚になる。

気温はまだ5℃しかないけど登りだとTシャツ1枚でちょうどいいぐらい、
このあとどんどん気温が上がっていくことになる。

ただ標高をあげていくと気温は下がることになるので、
このトレイルの最大のポイントはいかに涼しい朝のうちに高度を上げておくかにある。

いまは冬に近い気候だからいいけど、夏の場合はとんでもなく暑くなるらしく、
日が昇る前には出発して午後12時ぐらいまでに頂上にたどり着かないと相当つらいらしい。

なんとかでビルズコークスクリューをぬけるとすこし登る角度が浅くなり登りやすくなる。


出発してから2時間半後、9:15にインディアンガーデンに到着する。

朝食としてランチボックスを開けて食べる、
パンとオレンジジュースにサラミ、お菓子とりんごが入っていた。
値段の割にはたいしたことないけど、下まで卸してくる輸送量が高いのかな?


< ランチボックス >

これがファントムランチのランチボックス(ランチスナック)
いろいろ入ってはいるけど17ドルするのでそこから考えると高い
できれば自分で持ってきたほうがいいです



30分ぐらい休憩して出発する、
このあたりからはキャンパーだったり、先に上っている人たち、上から降りてきてプラトーポイントに行く人たちに会うようになる。