ブライドエンジェルトレイル地図

グランドサークル地図表示

イエローストーンを含む地図表示



3.本格的な上りスタート



インディアンガーデンまでは歩く距離としては8kmぐらいあるけどのぼりとしてはデビルズコークスクリューが大変なだけで400mぐらいしかあがっていない。

ここから頂上までも同じ8kmだけど高度は800mぐらい上がらなければいけない。
正面にはその上がらなければいけない絶壁が見えている、
あんなの登れるのかよ、と弱気にさせるには十分な絶壁。


だれだよ、あんなところから降りられる道なんて作ったの!


とか文句を言いながらもその絶壁に向かって歩いていく。

そして地獄の絶壁のぼりが始まる。

ひたすらくねくねと右へ左へと振られながら登っていくんだけど、やはり相当大変。

なんでこんなところを走るように降りてきてしまったのだろう?
降りなければ登らなくても良かったのに・・・
とか思いながら上っていく。

スリーマイルレストハウスに10:35につく、
1時間ぐらい登っただけなのに相当つらい。

誰かが山は登りよりも下りのほうが大変とか言う人もいますが、


全然登りのほうが大変だよ!


下りはうまく降りれば大変じゃないよ、
エネルギー的にもマイナス方向だしね。

そんなことを考えて気を紛らわせながら登っていく、
そうでもしないと上を見ると絶壁がまだまだあるし、
心が折れそうになる。

意外とキャンプ用品を背負ったキャンパーの人がいっぱい登っていっている、
なれているからか体格がいいからなのか重そうな荷物をもって私とそんなに変わらないスピードで登っていく。

これが狩猟民族と農耕民族の違いなのか!


とこのときはおもっていたけど、この次の南米の旅ではじめてキャンプ用品を背負って5泊6日のトレッキングにいってみたんだけど、
別に荷物あっても大して変わらなかった。

私の場合は1人で動いていたので食料、テントなどすべて1人で持っていたけど、
グランドキャニオンの場合は4,5人のグループが多いので分散して持っていくのでたいしたことない。

見た目は大変そうだけどやってやれないことはないので、
ファントムランチの予約が取れなかったらやってみてもいいかもしれません。
(ただし夏は気温が高く相当大変なのでやめた方が無難です)

さすがにキャンパーには負けられない!
と思い始めて離されないようにについていく。
(相手は荷物もってるんだからこの時点ですでに負けている気もするけど、そこはおいておいて)

< 登っている途中 >

のぼるのに集中していてあんまり写真とってなかった
(余裕がなかったとも言えるけど)
写真真ん中がプラトーポイントです