グランドサークル地図表示

イエローストーンを含む地図表示

メサベルデ国立公園地図表示



3.一番人気がない国立公園?



どんどん走っていってビジターセンターらしきファービューという場所に着くけど店とかもまったくやっていない。

そもそもこの国立公園は客がかなり少ない気がする、
歴史遺産だからアメリカ人には興味がないのかな?

さらに寒くてオフシーズンになっていることがいっそう客を減らしているのかもしれない。

なにもないのでそのままさらにすすんでいく、
どんどん進んでいってメサ博物館というところについてちょっとだけ見てみる。
あんまりたいしたことなかった。

ここでレンジャーのガイドツアーの受付があった、
今が15:00で16:00から次のツアーがあるといわれた。

私はツアーに入らないとトレッキングができないのかとおもっていたけど、
聞くと別に自分でもいけるといわれた。
(ただし一部はレンジャーのツアーじゃないといけない)

それなら自分で行けばいいのでツアーはやめる。


ちょうどここからトレイルがあり、
スプルースツリーハウスというところにいく。

ここは一応有名なところみたいでアメリカ人の観光客も何人書いた。


< スプルースツリーハウス >

絶壁の崖の下のくぼみに作られた住居



< スプルースツリーハウス2 >

かなり近くまでいけて中にも入れます



このハウスとはアメリカの先住民が使っていたもので1400年前から700年前まで使われていたらしい。

この国立公園にはこのような住居の遺跡がいっぱいある。

でもアメリカの国立公園としてはあんまりぱっとしないよねー、やっぱり。

まあそれでも思っていたよりはしっかりと復元されていて近くでよく見ることができた。
遺跡にいたずらをされたら困るからかレンジャーが見張っていた。

10分ぐらい見て戻る。


小さい郵便局がありやってるのかこんなところで?
観光客自体が1日30人ぐらいしかいないのに何してるのこんなところで?

とりあえず入ってみるとちゃんとやっていた、
切手を買うところはしばらくなさそうなので10枚買っておいた。


車に戻ると15:00で次は来るまで回れるルートでいろいろなハウスを回っていく。


< クリフパレス >

これが一番大規模でかなりの大きさ
ここはレンジャー引率のツアーじゃないといけない
それでも遠くから見てもなかなかすごいです


いくつか見てまわっていってメインのバルコニーハウスというところにつく、
ここがこの国立公園の中では一番有名なところで、
梯子を上って狭い岩を縫うように進んでやっとたどり着くことができる秘境のようなところ。

ちょっとした冒険家の気分が味わえてよい感じらしい。

ここにはこれのトレッキングを歩きに来たようなもの、
早速行こうと思ったら冬季で春までこのトレイルは閉鎖だった。

もう1つのメインのウェザリルメサの法も冬季で閉鎖だし、
この国立公園全体が春まで閉鎖でもいいんじゃないの?


< メサベルデの渓谷 >

周りはこんな感じで緑豊かです
普通に見ただけではあのような住居がどこにあるのかさっぱりわかりません


しょうがないのでビューポイントから見られるハウスを見ていく、
一通り見ると16:40ぐらいになりもうやることがない。

入り口に向かって走っていって17:15に国立公園を出てUS-160にでてコルテスへ向かって進んでいく。