グランドキャニオン国立公園地図表示



8.明日はあるのか・・・


5分ぐらいでキャンプ場につく、
本当は先に入り口でキャンプサイトを確保してから入らなければいけないんだけど、
そもそもキャンプできる状態なのかすらわからないのでそのままスルーして中に入っていく。

うろうろとまわると広いキャンプ場のなかにテントが7,8サイトぐらい点々と立っていた。


奴らにできて私にできないことはない!


ということですぐに受付に行く、
予約してあると伝えてその予約表を渡すとサイトのナンバーとキャンプ場の地図をくれた。

もす17:20過ぎでそろそろ日が完全に落ちるころ、急いでサイトへと向かう。
サイトについて設営場所を豪雪がきても大丈夫なように木の下に決める、
木の下なのでまだ雪が積もっていない。

雪はちょうどちょっと弱くなってまた強くなりだしたところ、
大急ぎでテントを設営する。

この前に2回キャンプを日本でしていてそのときに耐寒性能が悪いことがわかったので、
ビニールで補強して通気がしないようにしておいた、
その補強をしてからはじめて組み立てるのだがどうもそれが邪魔してちょっと組み立てにくくなっていた。

しかもテントをたてるポールの先に泥が入ったりして刺さらなくなったりしてかなり苦戦する、
日も落ちそうだし、雪は強くなってくるし、かなりキレながら設営する。

なんだかんだやっていたら30分以上かかってやっとテントを組み立てる、
すでに外は1℃までさがっていた、
標高2100mもあればそんなものなのかな?

テント内も5℃ぐらいまでさがっていた、
とにかく荷物を持ち込んで寝る準備をする。

18:45、疲れたのでとりあえず寝る。

起きると20:00を過ぎていて日記を頑張って書く、
かなり寒い、21:15に書き終わる、
ちょっと外を見てみるとなんかこの後にも何台か車が来てテントとかを立てたみたい、
ちかくのモーターホームはあったかそうだなー、
発電機うるせーんだよ!

とキレながらも、
やることもないし、寒いので寝る。


寒くて何回も起きる、
寒いのでトイレが近くなり、我慢したが持たなくて午前1時ぐらいに起きていく、外に出るのもつらい、
といってもテントのすぐそばでしてやった、
悪いけどこの寒い中100mも歩いてトイレまで行ってられないよ、
まあ自然現象なので自然は自然の中でということにしておいて。


雪は夜になってやんだみたいだった、
しかし気温はテント内でも0℃まで下がっていた、
私のシュラフは一応は−2℃まで耐えれるとうたってはいるが、
基本的には+5℃までで後は個人の能力しだいとか書いてある。


はたして私に明日はあるのでしょうか・・・。


2日目終了

本日の会計 107.88ドル(通算170.29$、1日平均85.15$)

走行距離 313マイル(合計313miles、500.8km)