イエローストーン国立公園地図表示



6.耐寒対策


今日の夜は間違いなく寒くなる、
そこでグランドキャニオンでの失敗を踏まえて耐寒対策をいろいろと施す。


1.このテントは2m×1.3mの床面積があるがテントは上に行くにしたがって狭くなっていくため、
まっすぐそのまま寝ていると足がテントに触れてしまう、
これにより足がすごく冷たくなっていたので斜めに寝ることにする。
斜めだとちょうどいいくらいの大きさになる。


2.それでも足元はテントに当たりそうでもあるので今回は圧縮袋を持ってきていたのでそれにエアをいっぱい入れて膨らませて足元においてやる。
これでクッションができるので足がテントにあたることはなくなる。


3.寒さをかわすのにシュラフカバーという、シュラフの上に掛けて保温性を高めるというものがある。
もちろんそんなものは持っていない、そこでそのかわりとしてカッパとカーゴパンツをシュラフの上から掛けて保温性を高める。


4.足はそれでも寒くなるので日本から持ってきたゴミ袋を足からかぶせて覆ってやる。


5.さらに顔はどうしてもださなければいけないがやはり寒い。
そこでタオルを顔にかけて露出を口と鼻だけの最低限に抑える。


6.いままではTシャツにトランクスという無謀な格好だったので、日中と同じ完全フル装備で寝ることにする。


これで完璧なはず!


< 耐寒対策その1 >

耐寒対策1.〜4.足元は特に重点的に耐寒対策を施す



< 耐寒対策その2 >

耐寒対策5.顔も寒いのでタオルを巻く



靴が雪でぬれていたので車の中においておいてサンダルに履き替える、
19時にテントに入りまだ気温がそんなに下がっていなかったので日記を書く、
ランタンの電池がもったいないのでパソコンを立ち上げてその明かりで音楽をかけながら書く。

20時過ぎに書き終わるとテントの中も気温4℃、
寒いしもうやることもないので寝てやる。