ブライスキャニオン国立公園地図表示



4.標高2700mへ


少し走ると車が3台くらい止まっていてその先に人が立っていてとめていた、
どうも道路工事のようで片側通行になっているみたい。

とりあえず私も並んで待つのだが5分ぐらい待ってもさっぱり動かない、
皆さんエンジンを切っているので私も切る。

これはどれぐらいまつことになるのだろう?
前にどこかの国立公園のHPでは工事で30分待ちとかいうものがあったりした、
待ち時間とか何にも書いてないし、まさかそんなにはまたされないよな・・・


幸い10分ぐらいで動き出した、
先導車がいてそれについていく、
5マイルぐらいの間で途切れ途切れに工事をしていた。

工事を抜けてさらに南に走る、
途中でいくつかのビューポイントで止まり写真を撮りながら進む、



ナチュラルブリッチ

その名の通り自然にできた橋
でもただ穴が開いているだけのような?

アグアキャニオン

なんか1つだけ高くそびえたってた




14時半にレインボーポイントにつく、
ここは標高2700mもありこの旅で一番高いところだった。

このあたりはさすがに雪が降ったようで道には残っていないが脇にはそれなりにあった、
車も数台とまっていた。

思ったよりも寒くはない、でも空気は薄いみたい、
駐車場にとめてすぐのところにビューポイントがあった。

この国立公園は尖塔上に風化した岩がいっぱいあるところで、
ここからはその風景を一望することができた。


< レインボーポイント >

ブライスキャニオンの名物?尖塔状の岩を見ることができる
といっても別にここじゃなくてもこの公園内にはいっぱいある
あたりは雪が積もり始めていてきれいだった


15分ぐらいいてまた北へと戻る、
工事のところの近くで反対車線に車がつながって走ってきた、
ということは今まさにこっちの車線が通れるようになったところのはず、
先導車がいないと通らせてくれないはずなのでもしこれでいけないと2,30分ぐらい待たされることになる。

スピードを上げて急いで向かう、
ちょうど最後尾の車がカーブを曲がって見えなくなるところだあった、
交通整備員がストップの看板を上げていたのであきらめて減速する、
でもスロウに変えてくれて(裏表でストップとスロウになっている)そのまま通らせてくれた。


おっちゃんありがとう!


と心の中でお礼を言ってそのまま走り抜ける、
すぐに最後尾の車に追いつく、
先導車は15マイルぐらいでしか走らないので遅い。

工事区間を抜けて北へさらに走る、
ここもやはり朝日と夕日に染まる景色が一番きれいらしい、
明日は雨(または雪)が降るということなのでトレイルを歩くなら今日しかない、
日没の時間によってはいけないかもしれないのでビジターセンターに戻って調べる。

日没は18時ぐらいだった、
ハガキを買ってトレイルヘッドのあるサンライズポイントへいく、
ここからの眺めもきれいだった。

本当ならここからクイーンズガーデントレイルを歩いていって谷底に降りて、
ナバホループトレイルで上がってきてリムトレイルで戻ってくるというルートが一般的なのだが、
ナバホループトレイルはなぜかしまっているのでとりあえずクイーンズガーデントレイルだけ歩いてみることにする。