ブライスキャニオン国立公園地図表示



7.キャンプ場から強制閉めだし


日が落ちたらやることもないので、
キャンプ場に戻る。

戻るとなぜか私のつかっているBループの入り口にクローズという看板が立っていてゲートが半分しまっている。

なにそれ?
もうテント立てちゃったよ?
どうすればいいの?

まさか今から移設しなければいけないのか?
もう真っ暗になってきてるのに・・・。


とにかくテントに行くとちょうどレンジャーの車が止まっていた、
私が車を止めるとすぐに車から降りて歩いてきた、
私も話したいことがあるので降りて歩いていき、

レンジャーに、
「もうテント立てちゃったんだけどあの看板何?」
と聞くと、

「いやー、今夜は雨か雪が降るからまさかテントで泊まる人いると思わなくて、
このBループも客がいないから閉めてAループだけひらいて、
テントもそっちで泊まってもらうことにするのだったけど、
確認にきたらテントがたってるから持ち主が来るのを待っていたんだよ。」

といってきたので、
「まあ確かにテントで泊まろうなんていうのは私だけみたいだけど、
もうたてちゃったもん、


今日は勘弁してよ!」


というと、

「いや今日はいいよ、このままゲートは空けておくから、
でももし明日も泊まるようだったらAループに移動してね」
といってレンジャーはさっていった。

とりあえず今日は大丈夫のようだ、
どうせトレイルが歩けないからやることないし、明日には移動するから関係ないしね。

まだわずかに日があったので日記を書きながら夕食のサンドイッチを食べる、
やることないので日本に電話するためにビジターセンターに行く、
公衆電話はちょうど入り口の近くにあり明るかった。

成田空港で買った国際テレホンカードで電話をかける、
このテレホンカードは各国のフリーダイヤルの電話番号にかけて、
音声案内にしたがってテレホンカードの番号を入力すると、
金額分だけ(私のは1000円)日本、アメリカ国内、それ以外のどの国にでもかけることができる、
1000円だと日本、アメリカ国内なら約30分かけられる、安いし、結構便利。

家に電話すると留守電だったのでまた電話をするといって切る、
キャンプ場に戻るとさすがにもう真っ暗、
まだ日記が残っていたので車の中で書く、
周りに人がいないのでアイドリングし放題。

20時にやっと書き終わった、
トイレの近くの際と慰したのでトイレに行き、コンタクトをはずし歯磨きをして、テントに入る。

テントの中はまだ12℃ぐらいありあったかかった、
ハガキをちょっと書いてパソコンでHP用の日記を書く、
いつのまにか23時になっていてそれでもまだ8℃ぐらいあった、
雨もまだ降ってこないどころか今日は満月で月が見えるぐらいだった。

今日は熊も出ないし、
3回目にしてやっと快適なキャンプになりそう、
疲れたので23時半に寝る。


7日目終了

本日の会計 34.3ドル(通算522.05$、1日平均74.59$)

走行距離 ???マイル(???km)(合計1559miles、2494km)


走行距離は日記がないので不明、後日更新予定