ザイオン国立公園地図表示



3.ジャパンパワー!



Weeping Rockのバス停で降りてそのままここのトレイルを歩く、
といってもほとんど閉まっているのでWeeping Rockを見るトレイルだけ、
すぐそこだったので片道10分ぐらいでつく。

人もほとんどいない、
まあ遠くから見るだけでも十分な感じのところだったしね。



ウィーピングロック

この写真はいまいち写ってないです
遠くからをとり忘れたみたいです

ウィーピングロック2

雨がぱらついているのでいつもより多く泣いてます
写真じゃわからないですが雫が一面に落ちてきてます



この辺りからやはり雨がさらにぱらつき始める、
振ったりやんだりだけどだんだん周期が早くなってきている、
やっぱり昨日とまったく同じ症状だ。


またシャトルバスにのって折り返し地点になるTemple of Sinawavaまでいく。



エンジェルスランディング

正面に見えるのが遥かなるトレイル

ザイオン渓谷最深部

シャトルバスを降りた所で撮った写真



おりてRiverside Walkのトレイルを歩く、
雨がさらにぱらぱらとふってきたので傘を差して歩く、
ここは結構有名なトレイルに最後につながるので人がそれなりにいた。



シャトルバス

この連結バスがいっぱい走ってます



トレイル

川の脇を進みます
天気がよければ気持ちがいいのでしょう
今日はただ寒いだけです



でもアメリカ人はさっぱり傘とかささない、
持っていないからかもしれないけど多少ぬれるのはお構いなしという感じみたい。

ここのトレイルは結構長くてゆっくり歩いたこともあり30分ぐらいで終点に着く、
ここから本当ならThe Narrowsという川をざぶざぶと登っていくトレイルがあり、
これがこのザイオンではかなり有名なトレイルとなっている。

しかしいくら気温が高いといても13℃ぐらいしかない、
水温はさらに低くとてもじゃないけど歩けるわけもない。


ということで皆さん川岸に下りて写真を撮るぐらいしかやることがない、
ここでこの旅はじまって以来初めて日本人団体に遭遇した。

ツアーでザイオン国立公園を訪れるとは結構渋いなー、
構成は女性が90%ぐらいであとはおじちゃん、おじいちゃんクラスの人、
女性の年齢はやっぱり40〜60歳ぐらいがほとんどだけど3人だけ20歳ぐらいの若い人もいて、トータルで15人ぐらいの大所帯だった。

これがこのザイオン国立公園ではすごーーーく目立つ、
それもそのはずこの時期にここで団体できている人は皆無といってよい、
ほとんどは一般の車両で2〜3人ぐらいのグループ、
よって15人でぞろぞろと動くのはかなり浮いてます。

仲間と思われてもかなわないので離れていると、
集合写真を添乗員が撮ったら3分ぐらいですぐに帰っていった、
やっぱり団体写真は撮るんだなー、
この浮いている状態でさらにそれができるとはさすが


ジャパンパワー!


といった感じだった。