« 2004年09月 | メイン | 2004年11月 »

2004年10月21日

nabe in L.A.

2004/10/20 AM10:40
toriaezu L.A. nituita
himananode internet yattemita
motiron nihongo nyuuryoku dekimasen
konomama suguni LAS VEGAS ni mukaimasu

投稿者 nabe : 02:35 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月20日

成田空港

なんとか台風を避けて成田空港についた。

ひまだったのでインターネットがあったので書いてみました。

やっぱり台風の影響で全体的に飛行機は台風がくる前に飛ぼうと30分づつぐらい早めに飛んでいるみたいです、
まあなんにしてもとんでくれればよいのだけどね。

投稿者 nabe : 14:04 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月19日

トラベルブルー


アメリカ旅行出発前日

いつのまにやら出発前日、
なんかすごーく気が乗らなくて旅行の準備を始めたのが3日前、
それもだらだらとやっていてやっと終わったのが昨日、

私はいつもあるのだが、
旅行の前はマリッジブルーならぬトラベルブルーなるものがある。

これは旅行の1,2ヶ月前まではすごーくノリノリで旅行の準備とかいろいろ現地の情報を調べたりするのに、
いざ旅行の1週間前ぐらいになるとまあどうでもいいかなー、めんどくさいなー、というようになるもの。

なんかガイドブックなんてここ2週間ぐらいさっぱり見ていないなー、
というかどこ行く予定だったんだっけ?
というぐらいかなりのトラベルブルーになっている。

それでもいくことはきまっているので今日は荷物の最終チェックをする、
そこでとんでもない事実に気づいた。

今回の旅行ではキャンプ生活を送るつもりで、
その分に持つがかなり多くなっている。

そこでキャンプ用品はまったく別にわけてサイドバックで持っていくことにした、
いつものバックパックだけでパソコンとかを持っていくので18kgとかなり重く、
さらにキャンプ用品のバックが12kgぐらいあった。

ここで問題になるのが飛行機の預け入れ荷物制限

ノースウエスト航空の制限は

日本発着太平洋路線(グアム・サイパンを含む)
チェックインできるお荷物:2個
但しそれぞれのお荷物の3辺の和(縦・横・高さ)が158cm以内かつ32kg以内となります。

とホームページに書いてあった。
この文章で「それぞれのお荷物」と書いたあとに寸法形状の制限と重さの制限が書いてある、
私はこれが両方とも1つの荷物に対しての制限だと考えていた。

まあそうじゃなくても私の荷物はトータルで30kgなのだからまったく問題ない。

と思っていたのだが今回の旅行ではアメリカの国内線を使うことを思い出した、
それをみてみると

チェックインできるお荷物:2個
それぞれのお荷物の3辺の和(縦・横・高さ)が158cm以内かつ23kg以内となります。

となっていた、これだと話がかなり変わってくる、
もしトータルの制限で23kg以内だと全然私の荷物はオーバーしてしまう、
オーバーで追加料金となるといくらとられるかわからない、
大慌てで詳細をノースウエストの日本語案内のフリーダイヤルに電話する、
電話はつながったのだが「混雑しているのでしばらくお待ちください」のあと5分待っても全然でない、
まあちょうど今混んでいるのかなとお昼を食べに出て戻ってくる。

そして再び電話をするのだが、
今度は「混雑しているのでしばらくたってからおかけ直しください」音声ガイダンスに言われてそのまま電話が切れた。
3回ぐらい掛けなおしたがだめでなんともならない。

こまったなー、予定が大きく崩れてしまうなー、
最悪テント用品そのまま捨ててくるか?
とまで考えていたのだがノースウエストのホームページを見るとフリーダイヤル以外にもうひとつ、
携帯とかからかけるための有料の番号があった、
もしかしてこっちはすいているのでは?

掛けてみるとすぐに相手が出た、
そこでどのようになっているかきいてみると、
「それぞれの」は寸法形状と重量のどちらにもかかっていて、
1つの荷物に対して32kg、23kg制限だった。

これでなんとか予定を変更せずにすんだ。

そして今はもう午前0時近く、
結局いまだにトラベルブルーは解消されていない、
本当に明日からいくんだっけ?というぐらい、

しかも明日また台風がやってきているみたいなんだよねー、
今年十個目、さらに今年最大の大きさらしい、
果たして明日飛行機はちゃんと飛ぶのだろうか・・・

投稿者 nabe : 23:26 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月15日

ダメ人間日記 18日目

昨日とその前の日はキャンプ用品のチェックのためにキャンプに行っていた、
おかげでいつのまにやらアメリカ旅行まで5日しかない。

そして今日は金曜日で平日はもう次の月曜日と火曜日しかない、
ということで時間もないし、今日は平日にしかできないことを中心にいろいろやってみた。

朝起きるとすでに昼だった、
うーん、いつもどおりの昼下がり。

とりあえず一番にすることはテントを干すこと、
昨日のキャンプでは雨が降ってテントがぬれてしまった、
このままにしておくと次ぎ使うときに困るので外に出して干しておく。

そんなことをやっているとすでに午後2時過ぎ、
今回の旅行では携帯電話を持っていく予定でボーダーフォンの海外専用携帯を使う、
それについてちょっと聞きたいことがあったのでボーダーフォンに電話をする。

近くの図書館にお昼を食べに行くついでに本を返しに行く。

もどってくるとすでに午後2時半過ぎ、
今度は米ドルのキャッシュを両替しに銀行へ行く、
地方銀行で窓口は全然すいていた。

米ドルの両替したいというと専用の窓口に案内される、
500ドルをかえてもらう、レートは市場価格+2円だった。

次にUFJ銀行の国際キャッシュカードが昨日すでに送られてきていたので、
(まあ旅行に行くからできるだけ早く作ってくれとはいったのだが、
1週間から10日かかるといっていたのに3日でできるってやたらはやいな)
一度ATMで使わないと海外では使えないというのでそのカードを使ってみる、
特に問題なく使えた。

家に戻って今度はテントを耐寒使用にするための改修作業をおこなう、
昨日のキャンプは寒くてしかもテントの一部に開口があり、
そこから冷気が入り込むのでより寒かった。

その改修を行っていると、
よく考えたら次の次の南米旅行の予約変更をしなけらばいけないのを思い出した、
これも平日しかやっていないので大急ぎでメールで変更依頼をする。

そしてまたテントの改修作業をする、
そろそろ暗くなり始めたなーというころにテントの改修が終わる。

今日はさらになんか足に豆みたいなのができていたので、
旅行中に医者になんか行ってられないのでこれまた数年ぶりに医者へといってみる。

病院はあんまり込んでいなかった、
家の近くの病院で昔に入ったことがあるのだがすでに診察券なくしているし、
初診ということで受け付けてもらう。

10分ぐらいで呼ばれて診察を受けると、
豆ではなく、虫か何かに刺されたところにちょっとばい菌が入っただけとのこと、
塗り薬で直るから出しておくといわれる。

ついでなのでちょっとだけアトピー性皮膚炎が最近出てきたのでそれについても聞いてみる、
でもたいした症状ではないので炎症止めなら先の塗り薬で共用できるということ、
塗り薬を2本出してもらうことになる。

最近は病院と薬局は別のところにあることが多い、
病院で処方箋をもらってそこにいって薬をもらうということになるのだが、
私は全然知らなかったのだが(まあ病院なんてまったくいかないからね)、
このときに医師の処方箋があると健康保険が使えて3割負担でよいらしい、
自分で勝手にいくと全額負担。

3分ぐらいで診察が終わり、
すぐに会計をする。

「本日の診察料1050円です」

結構高いなー、3分で1050円、しかも3割負担なので実際にはこの3.3倍で3500円ぐらい、
時給に直したら70000円!

医者はやっぱり儲かるなー、
それにしてもあの診察料は非常に不透明感が高い、
ただいくらといわれて払うだけなのでいくらでも言いようがある、
明細とかさっぱりないのはどうなのだろう?
私の病院嫌いのひとつにはこの会計の不透明感がある。

薬局に行って塗り薬をもらう、
2本で400円、これはかなり安い。

家に帰って早速ぬってみるがあんまり効果があるようには感じない、
本当にこれで直るのだろうか・・・。

あとは旅行の準備をちょっとしてキャンプ旅行の日記を書いて寝る、
まだ旅行の荷物さっぱり用意していない、さすがにそろそろやばいね。

投稿者 nabe : 22:01 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月12日

国際キャッシュカード

ダメ人間日記 15日目

今日はまた午前0時から13kmぐらいランニングにいってみた。

この前は行きは良かったが帰りはボロボロだった、
でもこの前はいきなりだったので体もできていなかった、
そのおかげで筋肉痛がやっと直ったのが昨日だった。
(でもどちらにしても台風が来ていたのでいけなかったけど)

2回目ということも合ってなかなか調子が良い、
折り返し地点まで43分でついてちょっと休憩して、
また戻っていく。

帰りは疲れが出てきてちょっとペースが落ちたが
それでもなんとか完走しきって1時間33分で戻ってこれた。

でもやっぱり筋肉痛になった、
この前よりはひどくなかったけどやっぱり歩くのに痛い。

そんな状態だったけどそれでも今日はUFJ銀行の国際キャッシュカード(インターナショナルカード)を作りにいく、
これは海外で自分の口座から直接現地通貨を出せるというもの。

銀行なんてさっぱり来ないのでちょっと緊張、
UFJ銀行に入ってどこに行けばいいのかよくわからなかったので、
とりあえず整理券をもらって座って待ている。

座っているとなんか係員みたいな人が今日はどんな御用で?
と話しかけてきた。

別に他の人にも話しかけているというわけでもないのに、なぜ私だけ?

初めてだったので整理券とかあるのよく分かてなくてちょっときょろきょろして挙動不審に見えたのだろうか?

まあ別にやましいことがあるわけでもないので国際キャッシュカードを作りにきたというと、
総合案内に案内されて説明を受けているとカウンターが空いたので詳しい説明はそちらでといわれ、なんか案内の紙を渡される。

カウンターに行って紙を見せるとすぐに説明が始まった、
それによると別に国際キャッシュカードをつくるとすると1050円かかるけど、
UFJ銀行の「ALL ONE」というものならば標準でカードにその機能が付いているとのこと。

さらにこれだとATMの時間外手数料もただになってしまうという優れもの、
ただ代わりに口座管理手数料がかかるようになる、
それも口座残高が10万円あればただになる。

もともとあるのは知っていたのだが確か昔はこの「ALL ONE」に口座を変えてしまうと、
預金通帳がなくなってしまい、かわりにインターネットでの利用明細のみになる、
さらに前は口座残高30万円異常なければいけなかった。

残高はいいとしても通帳がなくなるのはいろいろと不便になるのでやめていた。

しかし今回の話では別に通帳を残したままでも全然問題なくできるということで、
それなら1050円もただになるし、時間がいて手数料も無料になるのだからいいこと尽くめなので、
口座を「ALL ONE」にすることにした。

ただここで思わぬ誤算が発覚、
今のカードは普通のカードなので国際キャッシュカード機能が付いた新しいカードを発行してもらわなければいけない、
わたしは何ならその場で発行してくれるのかと思っていたのだがそうではなく、
しかもそれが1週間から10日ぐらいで届くといってきた。

えー、私は来週の水曜日からもう海外逃亡、
あと8日間しかない。

まあ最悪は今回の旅での使用はあきらめて次の本当の旅行で使うことにするしかないが、
南米にはそんなに使えるATMがないという話も聞くし、何とか今回の旅に間に合わうといいのだが・・・。

投稿者 nabe : 20:01 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月11日

高山祭

10月10日、今日は岐阜の飛騨高山に高山祭を見に行くことにする、
それを決めたのが2日前、ガイドブックで世界遺産白川郷を調べていたら、
ちょうど10月9、10日に高山で半年に一度の祭りをしているのを知った。

9日は予定があったので10日にいこうと思っていたのだが、
一緒に行こうとしていた人が前日に都合が悪くなる、
さらに9日は台風22号で祭りは全て中止。

そして10日も台風の影響がどの程度のこるかわからないので当日の朝に祭りをおこなうか決定するとのこと。

そもそも雨が降ったら祭りは基本的に中止という根性のない祭りなので、
予定がどうなるかわからないのでとりあえず当日の朝の状態によっていくかどうか決めることにする。


当日

とりあえず雨は降っていない、でもちょっと天気悪そう。
朝7時半におきて祭りの公式ホームページをみてみるとまだ何も書いていなかった。

ただ中止とは書いていないのでまあやるということかな?

1人で行くのもなんなので相棒を探しに突然メールで高山へいかな?
とうって道ずれを見つける。

やるかどうかもわからないがとにかく向かうことにする。

午前8時半に家をでて道ずれのS氏を迎えにいく、
途中で朝からパトカーがパトライトを光らせながら普通に走っていた、
制限速度で走っていて遅かったので右から10kmオーバーぐらい制限速度を超えて抜いてみる。

するとパトカーがなんかマイクで大きな声で言っている、

やばい!
朝からつかまったのか?

と思ったらなんか安全運手の宣伝だった、
まぎらわしいことするなよ!


途中で朝マックをしてついたら午前9時半近くだった。

あまり時間がないので大急ぎで高山へと向かう、
カーナビがすでに到着時間午後1時をさしていた。

高速に乗るといきなり工事渋滞2km、
まあでも少しは流れていて15分ぐらいの時間のロスですんだ。

しかしすぐにまた別の自然渋滞にまきこまれる、
こんどは6kmぐらい断続的にとめられて30分ぐらい遅れた。

うーん意外と車が多いなーとおもっていたら東海北陸道に入る前にすでに渋滞情報6kmとなっていた。

もう進むしかないので強行する、
東海北陸道もかなり車がいて観光バスもいっぱいいた、
まさかこれらが全て高松に行くんじゃないよねー。

渋滞はなんかやってもいない工事の区画のために2車線のうちの1車線ふさがれていて、
すごく混んでいてなかなか進まなくまた30分ぐらい遅くなった。

このあと東海北陸道を出るインターでも混んでいてまた渋滞だった、
そしてやっぱりほとんどの車が高山へと向かう車だった。


午後1時半ぐらいに高山につくと道はかなり混んできて渋滞してきた、
1つ心配なのは臨時駐車場が台風で中止になったと公式ホームページにかいてあった、
これが700台とかとまれる一番大きなところが2つぐらい含まれていて、
あとは50台ぐらいしか止まれない駐車場しかない。

これだと駐車スペースがない可能性がすごく高い、
とりあえず車は進んでいるので駐車場の案内にしたがって進んでいく、
これ以上進むとあきらかに街中に入ってしまい駐車スペースがあるとは思えないので、
この近くの駐車場案内にしたがって進む。

しかしその案内の駐車場はあっさり満車だった、
そこの管理の人にあっちのほうにいくとまた駐車場があるからそっちへいってといわれる。

そちらへ向かうと、
向かってすぐは少しずつ流れていたのだがあるときからぱたりと動きが止まり、
全然動かなくなった。

本当にまったく動いていないので、
S氏に偵察に行ってもらうとそこはまさに修羅場だったらしい、
ちょうど信号を曲がったところに駐車場があり、
私たちが進んでいく方向とその反対側から来る方向、
さらにその横から来る方向と3方向から来ている上にすでに満車、
とてもとても入れる状態ではなく1時間待っても無理みたい。

進むこともできなく、ちょうどわき道があったのでそこであきらめてUターンする、
ここまで来て残念だけどもうこれは無理かなー、とあきらめかけていると、
S氏がなんかスーパーの駐車場がスーパーの裏手にあるのをみつけた、
入っていってみると普通はこういう時はこれらの駐車場も満車になっているはずなのに、
特に混んでいるわけでもなく空きスペースがいっぱいある。

これはいっとく?

ということでちょっととめさせてもらうことにした、
お昼も食べていなかったことだし、
ついでにこのスーパーでお昼を買って歩いていく。

実はここからは結構遠くて20分ぐらい歩いた、
観光客はかなりいてちょうど高松祭のメインの屋台が道に止まっていて観光客が群がっていた、
なんか屋台のカラクリが動いていてそれを見ているところだった。

このカラクリは午前11時と午後1時頃から八幡宮境内にて2回だけ通常はおこなわれるものらしいのだが、
すでに午後2時過ぎでしかも全然関係ない道端でおこなわれている。


カラクリ中の屋台


屋台も思っていたよりも全然大きくなく、
カラクリも小さいし裏側だったのでちょっとみてまた歩く、

観光客の流れは先のカラクリのところで止まっていてどこに行けばいいのかわからないので、
とりあえず買ってきた飯をその辺に座って食べる。

確か「屋台曳き揃え」といって屋台が10台くらい集まっているところがあるはずなのだが場所がわからないし、
雨がぱらついてきたのであきらめてもどることにする。

もどるときに雨がかなり強くなってきて、
そこにちょうど先のカラクリ屋台があった道にでてなんか大慌てで屋台を撤収していた。

雨宿りがてら店の軒先でまっていると、
近くにいた警備員の人が話しかけてきて、

今日はこれでもう終わりだよ、
本当は午後4時から屋台がすべて集まって並べられるんだけど、
今日は雨が降ったりやんだりで予定がかなり遅れていてこのカラクリも午後1時の予定が1時間遅れているぐらい、
あとの予定は全てキャンセルが決定してるんだよ。

といわれた。

どうやら私たちはちょうど屋台のしかもカラクリが動いていたところにはちあわせたようだ、
しかも他の屋台もすべて撤収したあとだからこれしか見れなかったらしい。

まさに絶好のタイミングにきたようだ。

雨はまだそれなりに強かったが逆にもうこの後イベントがないということは帰宅ラッシュが始まるはずなので、
今のうちにこの地域を脱出しておいたほうがいい、
ちょうど皆さんは雨宿りをしていて動いていないので私たちはその間にでることにする。

雨の中を強行して歩いていく、
するとそこにまたなんか行列みたいなものがあるいてきた、
どうもこれが「御神幸」というものらしい、
これまたぴったり私たちが帰っていく方向に歩いてきたのでちょっと見て写真を撮る。


御神幸


あとはただひたすら急いで戻るのみ、
でも途中から雨がすごく強くなってくる、
幸いアーケードがある道だったので途中までは良かったがそれでも最後はアーケードがなくなる、
さすがに雨が強すぎてこれを無理やり歩くとびしょぬれになってしまう。

土産物屋にちょうど傘が売っていたので1本だけ買って頑張って戻る、
でも戻る途中でさっくり雨がやむ。

すでに道は混み始めているのでさらに急ぐ、
なんとかスーパーの駐車場に戻る、
とくになにも張り紙とかもされていなく問題ないみたいなのでこのまま駐車場を出る。

でて来た道を戻るのだが幸い特に道が混んでいるということはまだなかった、
でも反対側の向かってくる道はすごく混んでいた。

うーんでももうイベントは全て終わってるんだけどなー、
ここまできたらあとには引けないだろうけど、神戸とか大阪からきたりしているんだよねー、
しかもまだ観光バスとかまで向かってきたりしちゃってるんですけど、大変ねー。

私たちは幸い最低限のものは見れたのでちょっと優越感にひたりながら戻る。

帰りは特に道が混んでいることはなく渋滞なしで2時間半ぐらいで戻ることができた。


戻ると午後6時半ぐらいだったのでそのまま釣りにいく、
私は見ているだけだったが結構釣れていて10匹近く釣れいた。

午後8時半ぐらいになり、夕食を食べて帰ったら午前0時近くでパタンキューだった。

今回の旅もなかなかハードだった、
ただいつもながらハードだけど最低限見所はなんとか見ることができてはいる、
そう考えると結構運が良いのかもしれないなー。

投稿者 nabe : 22:29 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月09日

ダメ人間日記 11日目

最近ダメ化がだんだんひどくなっていっている。

海外旅行の準備もそれなりに進んできてあまりやることがなくなってきて、
まったりとする日が増えてきている。

そして暇なのでゲームなんかやったりしちゃってる。

しかしこれが今流行のニートの生活かなーと思うと、
まあそれはそれでなかなか貴重な体験。

それにしてもニートとはなんなんだろう?
働かない、勉強するわけでもない、特にしたいことがあるわけでもない、
引きこもりに近いのだろうか?

でもこのままだと本当にニートになりかねない、
はやく国外逃亡しないとやばいね。

投稿者 nabe : 03:25 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月07日

ダメ人間日記 9日目

今日は2日前にあきらめた国際免許を取りにいく。
今回はついでに免許の更新もおこなう。

本当の更新は今度の2月なのだがそのときには南米にいる、
ただ今の制度では海外にいるとかで更新ができない場合には、
そのいないことが証明できるパスポートがあれば1年後とかでも更新はできるらしい。

できるとHPには書いてあるのだがまあちょっと心配、
大丈夫だとは思うがまさかダメだったら、
大型と大特とけん引免許がなくなってしまう、
さすがにそれは困る。

さらに私は準?優良ドライバーなので今回の更新では免許の更新期間が5年になる(ゴールド免許ではない)、
でもこれが期限切れの更新だと優良ではなくなるどころか違反者扱いで、
更新期間3年の上に更新講習も違反者と同じで2時間うけなければいけなくなる。

今更新すると今年の2月に更新したのと同じになるため1年分は損してしまう、
それでも4年はあるし、講習も1時間でよい。

しかもなんか国際免許の申請と一緒に免許の更新までできるらしい、
これならちょうど良いので一緒におこなうことにする。

運転免許の更新などは朝からやっていて、
変わりに役所なので午後3時までしかやっていない。

であるにもかかわらずなぜか起きたら午後1時、
すでに「いいとも」もおわっている。

しかもまったりしていたらいつのまにやら午後1時半、
途中でお昼を食べて試験場についたら午後2時だった。


ダメ人間ファイル その2

時間があるにもかかわらず、やることはギリギリ


試験場はなぜかすごく駐車場が込んでいる、
平日のこの時間になんでこんなにこんでいるのだろう?
これなら日曜日の午後とかでも変わらないぐらい。

急いで建物に行き、とりあえず総合案内所で、
免許の早期更新と国際免許を取りたいといい免許証を渡すと、
クレジットカードのカードリーダーみたいなところに免許証を通して、
免許にハンコを押して返してくれた。

そして免許更新料と国際免許申請料分の収入印紙を窓口で買って申し込んでくださいといわれた。

さっそく窓口に行き、免許を見せると両方の収入印紙つき申請用紙をくれた。
すぐに書くのだが国際免許には写真が必要なはず、
でも申請用紙に写真を貼るところがない、
よくわからないのでそのまま用紙を持っていく。

先に免許の更新の申請をするようで視力検査をする。

視力検査がおわって皆さんが向かうほうへといこうとしたら、
ちょっとまってくださいこっちにきて、
と係員に言われて裏へと連れて行かれる。

えー?
視力検査はOKだったんじゃないの?

係員が

「深視力」

をはかりますといってきた。

ああ、久しぶりですっかり忘れていたけどそんなものがあったんだった、
そう大型免許、大特、けん引(いるのかな?)にはなんか深視力というものがある。

遠近感を測定するものなのだが、
それにしても何で大型以上の免許だとあるのだろうか?
遠近感は普通車でも必要だと思うのだがなぜ測定しない?

特に問題なくパスする、
次に免許更新の申請書の提出窓口に行く、
しかしよく考えると免許の更新には講習があり1時間はかかる、
国際免許等の申請受付は午後3時まで、
どう考えても免許を更新したあとに申請していたのでは間に合わない、
そこんとこどうなってるの?

とおもったらこの免許更新用の窓口で一緒に国際免許の申請もやってくれた。
(本来は国際免許は別の専用の申請窓口がある)

ここで4cm×5cmの写真はある?といわれて、

これしかないんですけどいい?

と普通のL版の写真を渡したがOKだった。

申請をしたら今度は写真を撮る、
すぐにとり終わって講習の会場へといく、
ゴールド免許の人は30分だが、
私は5年間に軽微な(3点以下)違反一回だけの1時間講習。

1時間の講習を受けるのは今回がはじめて、
ついこの前までは免許の講習というと30分か2時間しかなかった。
で、私は優良ドライバーだったので30分の講習しか受けたことがなかった。

今回初めて1時間の講習、
しかし1時間の講習が本当に1時間だと思ったら大間違い、
人によっては2時間の講習にもなるのだ。

というのもこの講習を1時間に一回しかやっていない、
よってもし最悪ちょうど講習が始まったあとに申請すると、
講習を受けるのに1時間待ってそこから1時間の講習が始まり2時間かかる、
私は40分まちだった。

暇なのでその辺を歩き回る、
午後3時過ぎにやっと講習が始まる(ちなみに本日最後の講習です)、
いろいろと話をしてビデオを見せられたりと1時間を待ったりすごす。

ここで本日のポイントとして講師が運転の心構えの「か・き・く・け・こ」
というものがあるといって説明を始めた。

「か」 かっかしない

運転中にかっとなっていると心にゆとりがなくなり事故を起こしやすくなる、
うん、うん、たしかにそのとおりだ。


「き」 気にしない
運転中に歩いている人とか店を気にしてみたりしてわき見運転をすると事故を起こす、
そうだねー、わき見運転は注意しなければいけないね。


「く」 くよくよしない

運転中に仕事の失敗とかを考えてくよくよと考え事をしていると注意力が散漫になる、
うーん、まあ確かにそうだけど、くよくよ?ちょっと無理が・・・


「こ」 こせこせしない


なんじゃそりゃー!

こせこせなんて日本語あるのかよ!

無理ありすぎだろう。

説明によるとこせこせとは、せこせこ見たいな意味合いでちょっとしたことなら譲れとかそういうことみたい。

無理ありすぎで、どうしても「こ」がなかったんだろうなー、
別に「か・き・く・け・こ」にこだわる必要があったのだろうか?

とにかく講習が終わり免許をもらう、
国際免許は別のところでもらわなければいけないので窓口に行く、
でも窓口は時間外なので閉まっている、
さてこれはどうすればいいのかな?

近くにドアがあったので勝手にあけてみる、
中に人がいたので国際免許ちょうだいというとくれた。

帰りは皆さんが出口に集中するので大渋滞だった。

途中でレンタルビデオ屋による、
今日からレンタル料金半額の半額で、ビデオ1本17円レンタルになるのでまたいっぱい借りてやった。
帰ってきてHPを書いてアップする、そしてお昼ね。


ダメ人間ファイル その3

日中起きてる時間が異常に短く、夜行性である


夜に月曜日にいったスポーツ用品店から電話があり、
とりよせのペグきたとのことだった。

一週間かかるとかいってなかったけ?
まあそりゃそんなもんだろう、月曜日に頼んでその週に入らないなんて貴重な代物でもないしね。

でも今日の屋外活動時間は終了なのでまた明日取りに行くことにした。


さらに今日はちょっと旅行のために体力づくりとして夜にランニングをして見ることにした、
午前0時に走り出して調子に乗って片道7kmぐらい走ったら45分ぐらいかかった。
さあ帰ろうかなと思ったら途中から足が痛くなり、さらに疲れも出てきて帰りは半分以上歩いていた。

なんだかんだで帰ってきたら午前2時、2時間近くかかってしまった。
途中からは歩くだけでもつらくて大変だった、
明日の筋肉痛は確定かな、一日家から一歩も出られないかも。

投稿者 nabe : 02:54 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月06日

ダメ人間日記 8日目

今日はプチアルバイトをしました。

どう考えても図面の仕事がいっぱいありそうで引継ぎもそんなにしていないので、
これはいかなければいけないだろうと思い会社に出ることにした。

会社に出てとりあえずちょっと他の図面を書いていて、
それからは前に書いた図面の一部変更があったのでそれをやるのだが、
その変更自体が急なのとまだ正確に決まっていないので完全には書けない、
とりあえず変更箇所でこのままではダメなところをピックアップしていく。

午後になってちょうどその図面の形について話をしに元請の会社の設計の人がきたのでどのようにするかを話し合う。

あれやこれやといろいろ話、ここは無理とかこっちに移動できない?というような話をしていたらいつの間にやら3時間近く過ぎていた。

この図面は基本的に私が一から書いたので私じゃないと細かい部分は私しか把握していない、
一見さっぱり意味内容に見える部分でも後の配管の位置などを考えた上でのことだったりするのでうかつに位置をずらされると非常に困る。

ちょうど私が出ている日に設計がきてよかった。

さてやっと話が終わって図面を書き始めたのが午後4時半過ぎ、
私の定時は午後6時なので1時間半しかない。

とりあえず大体の形を書くだけで精一杯、
それでも午後6時には終わらなく、
でもこれ以上書き始めるとあきらかに2日ぐらい使いそうなのであきらめてやった。

書いた図面の説明だけして逃げてやった。
しかしそれでも午後7時、
残業は一切しないはずだったのにいつの間にやらこんな時間に・・・。

まあ最近ちょっと旅行の準備でお金使ってしまったし、
バイト代いいからよいかな。

せっかくなので今回書いた図面をJPGにして見ました。
新しいウィンドウで表示されますので暇があったら見てみてください。
この図面は約7m×7m×4m(高さ)の鋼材で作る架台で、
図面精度はこの図面では0.5mmまで正確に書いていあります。
この図面でほとんど作り終えたみたいだけどノークレームで特に問題なかったようです。


1.全体図

2.製作詳細図

3.製作詳細図

4.階段製作図

5.手摺製作図

とりあえず代表的なものをUPして見ました、
本当はもっとさらに細かい各部の詳細図等があるけどWebでUPしても意味ないのでパスしました。

投稿者 nabe : 01:50 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月05日

ダメ人間日記 7日目

今日は朝からなかなか大忙しだった。

9時半におきてすぐに今度のアメリカ旅行で使う予定のダラーレンタカーの日本代理店に電話をする。

9月29日にインターネットのフォームで予約をしたはずなのだが、
その後メール、書類等が一切届かない、
HPには申し込み当日、もしくは翌日には書類を発送するとなっているのにすでに5日目。

まさかレンタカーでもインターネットで無視行為が旅行会社並みにおこなわれているのか?

しかも日本からの予約で14日前までに予約すると10%割引になる、
それも水曜日ぐらいまでに予約しないと14日前を過ぎてしまう、
もし10%割引がされないと50ドルくらい軽くレンタル料金が跳ね上がる。

ということで大急ぎで営業時間になったらすぐに電話した。

そして9月29日に予約したはずなんだけどなんら連絡ないけどどうなっているの?
という話をすると名前を聞かれていうと予約されてますよ、
書類ももう郵送済みなんですけどねー、
といわれた。

でもまだ届いていないんだけどというと、
じゃあもう一度送りますといわれて住所を確認された。

とにかく予約さえできていればあとはまあ出発までに予約番号とかがきてくれればいい、
と思っていたらその日の昼ぐらいに書類が届いた。

ちょっと行き違いだったようだねー、もう一通も明日ぐらいに届くのかなー。


今日はまだまだやることあります!


レンタカーを使うので国際免許をとらなければいけない、
でさらについでに免許の期限が近くて一緒に更新をしなければいけなかった。

国際免許には4cm×5cmの写真が必要なので、
前にデジカメで自分をとった写真を近くのプリント屋に1枚だけ現像しに行く。
(プリント屋なら1枚30円でも、インスタント証明写真だと2枚で500円とか取られるのでこういう大きい写真は普通のL版サイズの写真を切って使うのが安くてよい)

さらに髪がかなり伸びていて、
今度の更新はたぶん5年間になるのでさすがにこれで5年はちょっと・・・。

ということで髪を切りにいく。

髪を切って写真を回収して戻ってくるとすでに午後1時近く、
このままいけばいいのだがその前にこの前作ったメガネを回収しに行かなければ行けない、
今日はそのためにコンタクトをつけないでメガネで動いている。
(メガネをもらうときに見えやすさとかをチェックしなければいけないからね)

ということで先に眼鏡屋に行きメガネを回収してくる、
もどってきてコンタクトに変えてさあ行くか!

と思ったらもう午後2時10分ぐらい、
インターネットで見たら手続きの受付は午後3時までだった。

30分ぐらいで運転免許試験場にはたどり着くだろうが、
そこから20分で手続きの書類とかを書ききれるか?
しかも国際免許の申請と免許の早期更新手続きを。


うーーーん、無理!


あっさりあきらめる。


ダメ人間ファイル その1

あきらめがすごく早い


なにせ時間があるのでまあ間に合わなければまた明日でもいいし、
いってみてダメというほうがよりめんどくさい。

ということでいくのをやめた。

そうすると時間が一気に余ってしまったので、
今度は自転車で旅行用品を買いに行くことにする。

おりしも中日ドラゴンズが優勝して今日までがセール期間中のところがほとんど、
自転車で片道10km走ってふらふらと店を回る。

その結果として今回の優勝セールは


すごーーーく、ショボイ!


なぜこんなにショボイのか?
私の考察では優勝の時期が悪かったということになった。

優勝が決まったのが10月1日、
この日は普通は決算セールが終わった次の日で棚卸の日に当たる、
そして次の日からは決算セールの反動で平常どおりに特に値引きするわけでもなく普通の値段で売る期間。

これが9月待つ近くの優勝だと、
決算セールで安くしているところにさらに優勝セールとなりすごい盛り上がりとなる。

そう中日ドラゴンズの優勝は遅すぎたのです、
野球は9月に優勝が決まらないとセールは全然盛り上がりません。

9月なら安くても少しでも多く物を売りたかったデパートとかも、
10月になってしまうともう決算終わってるし、どうでもいいかなーとなってしまう。

そのため9月中ごろには優勝がほぼ決まっていたので、
すでに多くの店が優勝応援セールと銘を売って決算と合わせて安売りをしていた、
だからいまさら優勝したからといってもうセールしてるから意味ない。

こんなわけでさっぱり盛り上がっていない優勝セール、
来る意味なかったかなー。

まあビックカメラで電子辞書を買いたかったために今日は来たので優勝セールにはそんなに期待していなかったのでいいのだが・・・。

ビックカメラで英和・和英ついでに十ヶ国語の日常英会話集、世界時計、通貨計算機能つきの電子辞書を買う。


もうやることないし帰ろうかなーと思って帰り道に東急ハンズにふらっとよったら、
なんか優勝半額セールで旅行バックとかをうっていた。

ちょうど私は今度のアメリカ旅行ではバックパックだけでは荷物が入りきらないため、
キャンプ用品用のボストンバックがほしかった、
それもそれなりの大きさがあるものが。

そしてまさに私が求めていたような大きさのバックがあった、
60cm×30cm×30cmで約65Lはいるもの、
これがもともとセールで2000円になっていたものがさらに半額で・・・


1000円!


速攻かっておいた。

時期はずれの優勝セールもなかなか侮れないなー、
と喜びながら自転車で帰っていたらまた自転車がパンクした。


新品のチューブに昨日!

入れ替えたばっかりなんですけど・・・


タイヤが細いのでパンクはしやすいのだが、
段差とかはできるだけ避けていたのになー。

ちょうど電車の駅の近くだったのですぐに自転車を破棄して電車で帰る。


夜20時半ごろに自転車を回収しに車で向かう、
途中でイオンによって明後日にキャンプに行く予定で、
キャンプ用品の1つのペグがほしかったので買いにいくと、
1週間ぐらい前にはあったのになぜかなくなっていた。

店員にペグないの?
と聞くと売り切れました。
といわれた。


誰だ買い占めたやつは!


すぐにキャンプに行く予定だったので、
じゃあ取り寄せとかできるんですか?
というと、できるといわれたので、

それって、明日の朝に販売元に連絡したらその日のうちに発送で明後日ぐらいに届くんですか?
というと、

いえ、1週間から10日ぐらいかかります。
といわれた。

えー?今日月曜日だよ?
明日注文すれば遅くても今週中に届くんじゃないの?

今度のアメリカ旅行で使う予定のキャンプ用品なので、
そんなにかかるならすぐにでも取り寄せてもらうしかないのでそのまま注文した。

納期とかは明日にはわかるので連絡してくれるとの事だった。

自転車を回収して戻ってきたら午後10時半ぐらいだった。

今日はなかなかいろいろと大忙しな一日だった、
そして自転車はまたドック入りとなった・・・。

投稿者 nabe : 01:38 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月04日

ダメ人間日記 6日目

今日は資格試験があった。

前日は午前3時まで勉強して起きた午前10時過ぎ、
ちょっと勉強したらもう試験会場へ向かう時間。

試験はいまどきの試験には珍しく、
完全な記述式筆記試験。

マークとか選択肢は一切なく、
とにかく答えを自分で書かなければいけないもの。

この試験にはその1つに施工経験の記述というものがあり、
これには200文字と260文字の書くところがある。

最近は文章は書くものの全てパソコンなので自分の名前とか以外書く機会がさっぱりない、
よってかなり久しぶりに文章を自分の手で書いたわけで、
しかも人が読む用にきれいに書かなければいけなくかなり大変だった。

試験のできはおいておいてとにかくぐったり疲れて家に戻る、
ここからちょっと釣りにでかける。

とはいっても私は釣りをさっぱりやったことがない、
ということで連れにすべてお任せ。

私がやることは竿を振ること、以上!

2時間ぐらいいて私はさっぱりだったが連れは7,8匹ぐらい釣っていた、
そしてそろそろ帰ろうかというときに私にもあたりが!

といってもなんか竿を振っていたら勝手に魚が引っかかったという感じ、
まあ1匹とはいえ釣れたのだから良いこと。

今日は日曜日で一般の人も休みで、
試験もあったのでちょっと社会復帰した感じがした今日この頃でした。


でももう午前3時半なんだよねー、
明日はまた午後におきるのかなー、
「いいとも」が終わるまでには起きたいなー。

投稿者 nabe : 03:35 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月02日

自転車タイヤチューブ交換

ダメ人間日記 5日目

とりあえず1日抜けたけどまあそこは気にせずに、
えー、日記も三日坊主、それがダメ人間なんです!

まあ昨日はあんまりやることはなく試験勉強をしていた、以上。

そして今日も試験勉強をメインにやる予定で午後12時過ぎに起きる。

平日は昼まで寝ていると道路とかの車のとおりも多くうるさいのだが、
今日は土曜日なので昼まで寝ていても大してうるさくなかった。

おきてまえ自転車がパンクしていて放置プレイをしていて、
そろそろ2週間ぐらいになるし直すことにする。

ただパンクを修理するのは前にもやっていて、
どうも高級自転車はパンクの補修は向いていないということがわかった。

2回ぐらいやったのだがどうしてもそこからまた漏れてくる、
さらにもう1箇所穴が開いたことだし、これはもうチューブを変えたほうが早いだろうということになる。

それでめんどくさくて放置プレイをしていたのだがいい加減直さなければと今日直してみることにした。

とりあえず近くの店までいきチューブを買ってくる、
タイヤにサイズが書いてあってそれに従い700×28Cというタイプのチューブを買う。

(700はタイヤ直径、28はタイヤの太さで28mm、1本500円ぐらい)

パンクしたのは後輪でよく考えたらパンク修理はタイヤはずさなくてもいいけど、
チューブ交換はタイヤをはずさなければいけないことに気づく。

ちょっとネットで探して交換の仕方を覚えて早速やってみる。

スポーツタイプの自転車なので工具は必要なく、
レバーを引いてちょっと下にたたいてやると簡単に外れた、
でも一緒にギアも付いてきた。


タイヤ取り外し中



まあそういうものみたいなのでそのままチューブを交換する、
しかしどう考えてもチューブが余る、
タイヤにそってつけても10cm分ぐらい余って浮いている。

前のチューブと比較してもやっぱりちょっと長い、
どうなってるんだこれは?

チューブには28×1・5/8とかいてある、
28インチはcmに直せば700mmのはず、
なんであわない?

また店までいって違うタイプがあるのかとさがしてみるがやっぱりない、
戻ってきて再度つけてみるがやっぱりあまってタイヤがはまらない。

チューブの箱を見るとこのチューブはタイヤの太さ25〜32mmに適合するらしく、
私のは28mmなのでちょっと余る傾向にあるようだった。

付くはずなのだからと無理やりつけてみる、
ここで私のチューブのつけ方が違っていたことがわかる、
前のチューブなら問題なく付いたのだがこのちょっと長いチューブだと私のつけ方では付かなかった。

私はチューブを先にタイヤの溝にのせてそこからタイヤのゴムを引っ張って入れていたのだが、
実際にはその逆でタイヤのゴムを先に溝にはわせてそこにチューブを入れ込むかたちでやらなければいけなかったみたい。

それもこの長いチューブだと難しくまた技術がいる、
パンク修理2回と今回のでやっとその技術を身につけることができた。

やっとチューブが交換できたので今度はタイヤを元に戻す、
はずすときは簡単に外れたのだがつけるときはチェーンを引っ掛けたりと意外とめんどくさい、
まあそれでもさすが高級自転車だけあってチェーンも簡単に取り付けることができるようになっていた。

とりつけてレバーを戻して完了のはずなのだがなんかレバーがかなりゆるい、
はずしたときはかなり力を入れなければ取れなかったのに、
今は軽く引っ張っただけでも緩む、これは大丈夫なのだろうか?

なんとか修復してちょっとのってみる、
とりあえず問題ないみたいなのでそこいらを一周ゆっくりとまわる、
後輪がいきなりもげるということはなかったのでとりあえず修理完了としておいた。

30分もあれば余裕で交換できるだろうと思っていたら、
結局終わってみれば1時間半以上かかっていた。

素人が高級自転車に手を出すものではないです。


高級自転車(7万円也!)

投稿者 nabe : 23:56 | コメント (0) | トラックバック