« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月22日

第十六話 「見所がない北国」


北の国から '05 8月22日(14日目・月)
第十六話 「見所がない北国」


8月22日の写真

朝6時には目が覚める、
日が5時半ぐらいに昇ると車の中は明るくなってしまうので目が覚めてしまう。

外はかなりの大雨でやみそうにない感じ、
旅を始めてから雨なんて全然降っていなくて困らなかったのに、
よりによって今日は白神山地をトレッキングするつもりのこの日になぜこんな大雨?

雨が降っていると砂利道を車で走るのも大変、
どうせトレッキングに3時間ぐらい使うつもりだったので時間が余る。

なのでお湯を沸かしてカップラーメンを食べて待つ、
7時半過ぎに雨がちょっと弱くなったので走り始める。

昨日からの大雨で砂利道はかなりぬかるんでいてスピードが出なく、
20kmぐらいしかないのに1時間半ぐらいかかって9時にやっと目的地に着く。

ここも白神山地のトレッキングができるところ、
暗門の滝という見所があり、
そこまで1時間半ぐらいかけてトレッキングで行く、
トレッキングの間はひたすらブナの原生林をみながらあるくという素敵なコース。

なんだけどー、
こんな雨が降っている中を1時間半、往復で3時間も歩く気にはならないねー。
トレッキングは好きだけど雨の中を歩くのはいまいち。

とりあえずビジターセンターにいてみると、
そこにはトレッキングルート閉鎖と書かれていた。

なんか川を通っていかなければいけないらしく、
大雨で増水していて危ないからというのが閉鎖の理由。

まあどうせ行くつもりないからいいけど。

ここはまだこんな時間なのにすでに車が結構止まっていた、
しかもバスとかまで来ている、
平日のこの時間、この雨で、この観光客の数、

さすが世界遺産白神山地!

まあじいちゃんばあちゃん、およびおばちゃんがほとんどだけどね。

メインのトレッキングルートとは別に、
ちょっとだけ歩けるトレッキングもあった。
ここでもブナ原生林をたくさん見ることができる森の中を歩くのでよい感じ。

ちょうど雨が弱くなってきたので傘にサンダルで歩いてみることにする。

ここのトレッキングは先のバスとかの人も歩いていてそれなりに人が多かった、
とはいえ例によってこの人たちはちょっと歩いてすぐ引き返していくのですぐいなくなる。

雰囲気はかなりよくて道も整備されていて歩きやすかった。

1時間ぐらい歩いて戻ってくるとちょうど雨がまた強くなってきてた、
でもバスできている人たちはそれにもめげずにトレッキングへとがんがん向かっていった。

まあこんなところまで来て見ないで帰るというわけにもいかないのだろう、
ツアーというのも結構大変だ。

ここには温泉施設が併設されていて、
ちょうど雨にぬれて寒くなったしいってみようかと思ったけど、
ツアーの人がいっぱいでめちゃ混んでいたのでやめた。

今日は結構走らなければいけないのでそのまま走り出す。

ここからは普通の舗装道なので一気にスピードが上がる、
そのまま走っていくと天気がよくなってきて晴れ間が見えるぐらいになった。

そして11時過ぎに弘前市にたどり着く。
田舎だから無料駐車場がいくらでもあるだろうと思っていたのに、
全然なく、有料ばかり。

困ったなーと思ってナビを見ていると近くに県立体育館みたいなものがあり、そこに大きい駐車場があったのでとめる。

場所も弘前市の観光名所である弘前城跡からすぐそこ、
こんな便利な場所に無料?駐車場があるなんてラッキー。

さっそく歩いて弘前城跡にいく、
なかなか広い敷地に堀や石垣などがあったけど、
肝心の城はというと

えっ?これ?
倉庫じゃないの?
というぐらい小さかった。

まあこんな北の果てだとそんなものなのだろうか?
敷地はすごーく広かったんだけどなー。

あとは見るところなくて1時間ぐらいで弘前市を後にする。
途中で昼を食べてそのまま青森市へと向かう。

青森市は結構遠くて2時間ぐらいかかってやっとつく。

ここも有料駐車場しかなかったけど、
海がすぐそこだったので堤防のほうに走っていくと、
予想通り釣りをしている人たちがいっぱい車を止めていた。

これなら私も止めてもつかまらないだろうということでそこにとめて歩き出す。

あるいてすぐアスパムというピラミッド型の建物が見えた、
遠くから見ると結構でかくて青森県も結構やるなー、
こんなところにピラミッド型の建物を建てるなんて、しかも結構でかいぞ。

と感心させられるのだが、
実は目の前まで行くと張りぼてのように薄い建物でだまされた!
といった感じのものだった。

1階にお土産がいっぱいあるけど今買ってもしょうがないのでちょっとみてでる。

そのまままたJR青森駅にいってみる、
建物はでかくて新しそう。

ここは新幹線の終着駅でこの先は青函トンネルを抜けて北海道へと向かうことになる。
いよいよ北海道が目の前にやってきた感じがここへくるとする。

でて近くにある市場にいってみたけど、
すごーーーくやる気がない、
なにせ客がさっぱりいないからね。

大きいデパートの1フロアぐらいの面積に魚屋がぎっしりなんだけど、
客がいなさ過ぎてやる気なくして店の人とか椅子に座ってる。
歩いていても呼びこみもいっさいないし、完全に死んでる感じ。

青森市の観光地でこれではもうやばいんじゃないのかな、
死に逝く日本を見た感じだった。

そのまま駅前の商店街を歩いてみる、
まあふつーのどこにでもある感じのもので見せもかなりぱっとしない。

青森市はもともと何があったところでもないので歴史もなく、見所本当にさっぱりない。

やはり日本の都市はダメダメなところが多い。
ショッピングセンターとかで食料とかをちょっと買出ししてまた1時間ぐらいで青森市を後にする。

今日はこのまま津軽半島を北上してできるだけ北へと向かう予定。

国道4号を東へと向かい途中から国道279号に乗り換えて北へと向かう、
走っているとホタテ直売の看板がやたらいっぱいある、
どうもこの辺りはホタテの販売がかなり多いみたい。

せっかくなので夕食としてその辺の店に入ってみる、
店の人にホタテが有名なのか聞くとそうといわれたので、
せっかくだからとホタテ丼を頼む。

注文して1分もしないででてくる、
まあ生のホタテをご飯の上にのせるだけだから早くても当然かな。

おいしかったけど1000円はちょっと高い、
名産というけどご当地のほうが高い気がするのは私だけか?

その分おいしいのかもしれないけど、
なにせ食の鉄人なので味はあんまり関係ない、
私にはただ高いだけという感じ。

ぶつぶつ文句を言いながら食べて店を出る、
もう午後7時を過ぎて外は暗くなっていた。

そのまま北上していって途中の道の駅でトイレ休憩のついでに情報を調べてみる、
すると道の駅の掲示板みたいなところにこの近くに公共温泉があると書いてあった。

昨日も入れなかったし、今日はこの分だともう温泉ないかなと思っていたのでこれはラッキーとさっそく言ってみる。

5分ぐらいでついたところは老人ホーム?養護施設?みたいなところだった。

時間が遅かったので入れるか聞くと大丈夫だといわれたので入る、
田舎の夜は早いのでこんな時間にわざわざ温泉に入りに来る人なんかいやしない、
おかげで貸切でよい感じ。

ここは露天はなくて普通の内風呂、でもちゃんと温泉らしい。

体と頭を洗って入ろうとしたら湯温が45度とかなってた、
そんなのどうやって入るんだよ!

水で薄めようとしたけど蛇口が1つしかなく、
全開にしてもそんなに多くは出ない上に、
温泉のほうは蛇口の3倍ぐらいの量が常時入ってくる。

冷えるわけないんだけど、この温度は入れるものなのか?
感覚がすごーく鈍っているおじいちゃんたち専門だから、
おじいちゃんだと入れるのか?

しょうがないので蛇口のすぐそばで暑いけど何とか我慢して入っておいた。
いつもなら30分ぐらい入るところを5分であきらめてでた。

そしてまた北を目指して走っていく、
午後10時過ぎにむつ市にたどりつく、
今日はここで移動終了、
なのでまた車中泊で来そうなところを探す。

近くに道の駅はないけど田舎なので土地はかなり余っている感じ、
運動公園というものがありいってみると駐車場がかなり広くてとめれた。

他にも4台ぐらい同じように車で寝ているみたいなので、
今日はここで寝ることにする。

日記を書いてから寝る準備をする、
ここはトイレがないので手持ちの水を使って歯磨きなどをして午後11時半に寝る。

いよいよ明日は北海道に上陸!

やっとこの日記のタイトル

北の国から

がはじまるな。


14日目終了

本日の会計 4,040+3,094(ガソリン)=7,134円

通算 53,784円(1日平均3,842円 平均がどんどん上がっていく・・・)



本日の移動 県道28号途中 → 白神山地(暗門) → 弘前市 → 青森市 → むつ市

移動距離 214km  全移動距離 1873km

給油 26.0L(3094円), 給油時距離 333km , 燃費 12.8km/L

全給油 146.6L , 全給油時距離 1867km , 全燃費 12.7km/L

全ガソリン代 17,989円

投稿者 nabe : 06:41 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月21日

第十五話 「迷トレッカー、白神山地で遭難?」


北の国から '05 8月21日(13日目・日)
第十五話 「迷トレッカー、白神山地で遭難?」


8月21日の写真

朝7時におきて出る準備をする。
昨日の夜は1日目に比べればまだ寝れたけどそれでもやはり車中泊は大変、
今日は夜はキャンプの予定なのでそこで一気に寝タメするつもり。

今日朝こんなに早く起きたのは夜がキャンプになるので日が落ちるまでに目的地へたどり着かなければいけないから、
あと移動距離が結構あり、トレッキングもするので時間が厳しい。

いそいで準備をして7時半に出発する。

この道の駅は岩手県と秋田県の県境で3分ぐらい走ったら秋田県にはいった、
いよいよ東北もあと1県を残すのみ、なかなかペースが上がってきた。

今日の最初の目的地は

乳頭温泉

誰もが一度は聞いたことがある?
まあ結構有名な温泉。

日本三大秘湯になっているらしい、
まあ秘湯が有名というのもそれはそれでおかしいけどね。

北にさらに30kmぐらい行くと玉川温泉という、
すごーーーく有名な温泉がある、
なんかやたら効能がよくてホテルとかいつも満員で半年前から予約しなければいけないぐらいらしい、
しかもホテルはそれなりに数があるのにもかかわらず。

あまりの人気に入るのに並んだり、
寝泊りを車でして湯治として何日もいたりするらしい。

そこも興味あったんだけどルートが悪くなるのであきらめた。

乳頭温泉は県境から20kmぐらいでつくのだけど、
なぜか秋田県には行ってからやたら遅い車が増えた。

田舎道で50km制限なのに50kmか早くても60kmの車がすごく多い、
たまにそういう遅いのはどこにでもいるけどそれが大多数を占めるのはどうなの?
秋田は田舎だから遅いやつが多いのかな。

一本道なので抜くこともできなくて結構困った。
途中から国道を離れたのでそこからは車が少なくなりペースが結構上がった。

私が目指す乳頭温泉は10個ぐらいの温泉宿があるけどその中でも結構奥のほうの温泉、
というのも普通こんな早くから外来の入浴を受け付けているところはまずない、
そのなかでも8時からやているところが1つだけあったのでそこを目指す。

結構山道で上っていくのも大変だった、
でもこれだけ山の中ならかなりよさそうな雰囲気がありそうだ。

8時半に目的地の乳頭温泉の黒湯温泉につく、
駐車場は泊り客の車で満車にちかかったけどこの時間はちょうど帰っていくぐらいなので空きもあってそこにとめる。

タオルと石鹸、シャンプーを持って宿のカウンターに行く、
500円払ってさっそく温泉へと行く。

ここは露天は混浴であとは内湯が男と女に分かれている、
露天と内湯は50mぐらい離れているので移動するには服を着なければいけないのでめんどくさい。

まあ露天以外興味ないので露天風呂へとまっしぐら、
この時間だからもう皆さん朝風呂を上がって帰っていく時間だろうと思ったけど1人だけ人がいた。

ここの露天はかなりの山奥ということもありすごく開放的、
まあ逆にいえば見えまくりともいえる。

さすがにここには女性といってもおばちゃんが来るかこないかぐらいだね。

乳白色の温泉は源泉かけ流しでかなりよい湯だった。

しばらく入っていると一緒に入っていた人は出て行ったのでここぞとばかりに写真を撮る。

そしてさらに入っていると今度はおじさんが入ってきた、
話しかけられてせっかくなのでいろいろ話をする。

このおじさんは湯治でここの1週間ぐらい泊まっている人、
ここの湯治というのは完全な素泊まりで湯治専用の小屋があり、
布団とかもないけど個室で1泊2000円とめちゃ安い、
キッチンも他の場所にちゃんとあるので自炊していればお金は他にはかからない。

日本だと相部屋のドミトリー形式のユースホステルですら3000円ぐらいするのに、
個室でしかも温泉つきで2000円とはめちゃくちゃ安い、
温泉はいるだけで500円かかるのだから格安。

温泉場には昔は必ずこのような湯治というものがあったらしい、
でもいまは客も少なくなってやっているところもかなり少ないとのこと、
それでもあるところもあって普通に泊まると8000円とか取るのに2000円ぐらいになるのですごくお徳らしい。

おやじキラーな私はさらにいろいろと情報を聞き出す、
そしてかなりレアな情報をゲット!

ここにくるまでに秋田県の人がやたら車遅くて困ったということをいったら、
秋田県警はスピード違反の取締りがかなり厳しいとのことだった。

普通なら絶対捕まえない10kmオーバーでもあたりまえのようにつかまえてくる、
しかもかなり細い道とかでもレーダーによる網取り式の取締りをしているらしい。

そのため逆に秋田県の人はスピードださなくてつかまらなくて、
県外から来ている人ばかりがいつもの調子で走っていてつかまる、
だから秋田県にいる間はとにかくスピードをださないで注意して走ったほうがいいよといわれた。

そうか、それで秋田に入ったらやたらスピードが落ちたのか、
こんなの秋田県の人しか知らないから聞いておいた良かった。

そんな話をいろいろしていたら今日は忙しいはずなのに1時間以上も温泉に入っていた。

しかもここは硫黄泉なんだけど、
すごく古い建物でよい雰囲気の温泉は当然設備も古く、
シャワーとかそういう設備一切なしだった。

硫黄のにおいがすごいけど水がなくてそのまま体をふくことしかできない、
頭も洗いたかったけどとてもそんな状態じゃなかった。

いそいで車に戻ってはしりだす。

次の目的地は県庁所在地の秋田市、
でも途中に田沢湖があるのでそこによりながらいくことにする。

もちろんスピードはかなり控えめで10kmもオーバーしないぐらい、
ただでさえ移動距離も長くて忙しいのにまいったものだ。

20分ぐらいで田沢湖に着く、
田沢湖は思っていたよりもすごく綺麗でターコイズブルーの湖は透き通った水で美しいといった感じだった。

湖を半周してそのまま秋田市へと向かう。
秋田市は結構遠くて12時ぐらいにやっとつく。

あんまり見所なさそうだったけどとりあえず有料駐車場にとめて歩いてみる、
JR秋田駅にいってみたけどあんまりまあちょっとだけ都会な感じ、
でもわざわざ東北まで来て都会を見てもしょうがない、
城の跡とかもあったけどかなりたいしたことなさそうで行きもしない。

やっぱり日本の都市は近代化しすぎて見所何にもないね、
もうだめっスよ日本の都市なんか。

歩きながら秋田美人とやらも探してみたけど、
いなかったねー、
やっぱりただの迷信なのか?

やることなくて1時間ぐらいで秋田市を後にする、
そして国道7号線で北上を開始、昼飯を食べて更に進む。

途中でガソリンが121円/Lとやたら安かったので入れておく、
田舎の割にはやたら安い、実は仙台とか大きい都市のほうがガソリンが高いことが多い、
固定費がかかるから高くなるのかな、
まあ田舎も安かったり高かったりだから一概に安いとも言えないけど。

本来ならこんな田舎の国道は制限速度20kmオーバーで進むはずなのに、
こんな北の果てで捕まるのもやだし、皆さんやっぱりスピード出してないので、
スピードが出せなくて10kmをオーバーしないぐらいで進む。

次の目的地はこの旅でも結構大きいウエイトを占める重要観光地

白神山地

いわずと知れた原生林のブナ林が広がる太古の日本の景色が広がる、
もののけ姫でもでてくるんじゃないかというようなまさに日本独特の景色、
何度も書くけど南米で日本にうえている私にはこれほどよい景色はない。

それに世界遺産にも指定されているし、
なかなかここまでくることはできないのでここはしっかり見ておかなければいけないところ。

そのため今日と明日をこの白神山地の観光に当てている、
やっぱりこういうところはトレッキングしないと意味ないしね。

でも今日はすでに遅れ気味、
秋田県を抜けて青森県に入ってからはスピードがまたいつもどおりに戻りペースが上がる、
青森県に入って20分ぐらいで十二湖という白神山地の入り口に着く。

ここはその名の通り十二個の湖があるところ、
山を上がっていくと観光バスや車がいっぱい降りてくる、
それもそのはずすでに時間は午後4時過ぎ、
みなさんもう帰る時間。

夏休み中の日曜日ということで人のではかなり多かったようだ。

そのまま上がっていってとりあえずビジターセンターに行くけど、
かなりしょぼかった、
これが世界遺産に登録されている白神山地のビジターセンター?

どうも白神山地はすごーーーく広大な範囲みたいで、
いくつか入り口があるみたい、
ここもその1つでしかないのでそんなものみたい。

とりあえず地図だけもらってトレッキングのスタート地点に行く、
この時間でも車が結構いてもしもっと早い時間だったらすごく混んでいてとめられなかったことだろう。

有料駐車場に車を止めて歩き始める、
料金はあと払いと書いてあり自動ではなく人がたってやっているだけなので、
この分だと午後5時ぐらいで帰っていきそうなのでタダになるな・・・

と思っていたら歩いていったらそのときにお金を払わされた。

この時間でもまだ歩いている人は結構いた、
でもねー、

なんかカップルばっかりなんだよねー。

なぜこんなところにカップルが?
しかもハイヒールとかはいて歩いてるんですけど?

場違いこの上なしなこの感じはなんなのだろう?

とりあえずあるいていくと周りにブナ林が広がり始める、
大きい池もありなかなかよい雰囲気。

そして500mぐらいあるくと青池というところにつく、
ここはこのトレッキングルートの中でもかなり景色のよいところらしい、
その名の通り青い池がありかなり綺麗。

みなさんここに来てこの池を眺めて感動している。

でも99%の人が、

じゃあ戻ろうか、
といってここ見ただけでそのまま引き返していく。

えー!
お前ら何しにきてるんだよ!

こんなわけのわからん青い池みて終わりかよ!

ここどこだと思ってるんだ?
ブナ原生林があることで貴重な自然を残している世界遺産の白神山地だぞ!
池見て終わりなんてありえんだろ!

日本人せわしないねー、
まあ日本人はあんまりトレッキングとかをするというイメージがさっぱりないからな、
それにしてもこの先に100mぐらい歩くとブナ原生林が広がっているというのに・・・

日本人は旅行の仕方もあんまり知らないのだろうか、
もっと遊ばないとダメだよ日本人。

帰っていく人たちを尻目に私はもちろん更に奥へと進んでいく、
人はさっぱりいなくなり静かでよい感じ、
トレッキングルートもブナ原生林の森の奥へ奥へと歩いていくすばらしいルート。

ここへ来て歩いていかないなんて何しにきているのか・・・

おかげで人がさっぱりいなくて独り占めでよい感じだけどね。

気分よくどんどん歩いていく、
ただもう17時近くになっていてここは山なので日が落ちるのも早い、
一番短いルートでまわていくことにする。

ただここは本当に人がさっぱり歩いていないようで、
ときどきトレッキングルートが途切れる、
雰囲気はよいけど見失うとすごい森の奥なのでちょっと怖い、
人さっぱりいないし、1人できてるから失踪したことすら気づかれないだろうし、
微妙に命がけ。

金山の池というところの手前がはじめの分岐でここからリフレッシュ村というレクリエーション施設があるところへ向かう、

つもりだったけどなぜかその道が閉鎖されていた、
ただでさえ日が落ちてきてやばそうなのにここが閉鎖されているとなると、

1.来た道を戻る
2.そのまま更に進んで金山の池をまでいって湖を半周する大回りのルートにいく

この2つしかない、
そして迷トレッカーの私に後退の文字はない!

ということでそのまま突き進む。

もともと怪しい道だったけどこの先は更に道なき道に近くなっていく、
原生林が堪能できるのはいいけどいよいよ迷ったら助からない感じだぞ。

日もかなり陰ってきてライトも何にも持ってないし、
まあ夏だから死にはしなさそうだけどきついよなー。

結構ビビリながらかなり早足で歩く、
たいしたルートではないけど一応ちょっとした山あり、谷ありで草がうっそうと茂っていてかなり歩きづらい。

やっと金山の池についたけどあんまりたいした池でもなく、
そもそも見ている余裕もかなりなくなってきていて大急ぎでそのまま歩いていく。

たまーにある目的地まで何メートルという立て札だけが道があっていることがわかる、
それにそってさらに歩いていく。

17時15分ぐらいにやっとリフレッシュ村にたどりつく、
ここはログハウスがいっぱい建っていて泊まれるようになっている。

日曜日だからかほとんど使われていなくてがらがらだった、
ちょっとあるくつもりで来たので完全に手ぶらで水も持ってきていなかったので、
ここにあった自販機でスポーツドリンクを買って飲んでやっと一息つく。

ここから戻るのにちょっと道がわかりにくかったので管理人にルートを聞いてまたあるく、
さらに20分ぐらい歩いてやっと駐車場に戻ってくるといっぱいいた車は全ていなくなり私の車だけになっていた。

今日はキャンプの予定なので日があるうちにキャンプ場にたどり着きたい、
今日のキャンプ予定地は白神山地の中にある暗門ビレッジというところ、
ここからまたトレッキングルートがあるので明日はそこへいくつもり。

急いで山を降りていく、
すぐにショートカットがあり県道28号にでる、
この時点で残り30kmぐらい山道だから少しスピードが落ちそうだけど1時間もあればつきそう。

これならなんとかなる!
急いで走っていくと5分もしないうちに突然こんな看板がでてきた

この先、一部区間未舗装道
砂利道なので走行は十分注意してください

まさかいまどき県道で未舗装道なんてあるものか?
まあ一部と書いてあるので少しなのかなと走っていくと、
すぐに本当に砂利道になる。

しかもそのまま10分ぐらい未舗装のまま、
これはもしかして相当このままなのでは?
対向車も一切来ない、まあこんな道をわざわざ走るなんて私ぐらいかな。

と思って走っていたらはじめてきた対向車はベンツだった。

ベンツをここを走らせるのはかなりかわいそうなんじゃないのか?
しかもここは完全な一本道で迂回路は一切なく70kmぐらいこの道を走らなければいけない。

なんでこんなところをベンツが・・・

たまーに一部舗装されているところもあったけどおおむね未舗装、
しかもとんでもない山道で標高1500mぐらいまで上がったら今度は300mぐらいまでひたすら下がる、
そしてまた上がるというものでかなり曲がりくねっていてめちゃくちゃ運転が大変。

さらに悪いことに雨も降り出して未舗装がさらに滑りやすくなる。

この車はRVで四輪駆動だからこういう道こそ得意なんだけど、
なにせ7万キロ走っているのにタイヤ交換一回もしていない。

なのでタイヤかなりツルツルでヒビまで入り始めている、
こんなところでバーストでもしたらどうしたものだろうか・・・

ビビリながらも急いで進む、
でもこんな山道の未舗装道では時速15kmも出ればいいところ、
もはやとても間に合うとは思えない感じ。

対向車は忘れたころにたまにやってくる、
意外と一般車が多くよくこんなところをそんな車で来るなーというぐらい、
なかには若い女性2人の車もいた。
さすが田舎、女性でもこんな道を走るとは・・・

とはいえ結局すれちがったのは6台のみ、
もちろん前の車に追いつくなんてことはなかった。

走るのは大変だけど景色はかなりよくてそれだけはよかった。

頑張ったけどまだまだ20kmぐらいはありそうなのに午後7時を過ぎて日が暮れてしまった、
さすがにこの悪路で真っ暗になってしまっては更にスピードが落ちる、
それどころかどこかにはまったりしても大変なので一部舗装されているところで、
ちょうど標高が高くなり涼しそうだったのでそこにとめて今日はとまることにする。

もちろん回りには何にもないので、
またお湯を沸かしてカップラーメンを食べる。

あとは日記を書いて寝る準備をする、
ここは涼しいとおもったけどあんまり涼しくなく窓を開けて寝なければいけないぐらい、
でもさすがに自然豊かなので虫がかなりいっぱい、
蚊取り線香はつけているけどそんなものではもたない。

でも段取りがよい私はちゃんと網を持っています!
これは網戸の張り替えようで適当に切って車の窓にあうようにしたもの。

これさえ使えば快適!

だったんだけど雨がすごく降ってきて、
窓閉めても網をつたって中に入ってくるので取り外さなければいけない。

でも雨は降ったりやんだりでかなりやっかい、
予想していなかった状況で結局暑くてしかも大雨に雷もなったりしてあんまり寝れなかった。


13日目終了

本日の会計 1,910+2178(ガソリン)=4,088円

通算 46,650円(1日平均3,588円)



本日の移動 岩手県盛岡市近郊 → 秋田県乳頭温泉 → 田沢湖 → 秋田市 → 青森県白神山地 → 県道28号途中

移動距離 289km  全移動距離 1658km

給油 18.0L(2178円), 給油時距離 210km , 燃費 11.7km/L

全給油 120.6L , 全給油時距離 1534km , 全燃費 12.7km/L

全ガソリン代 14,895円

投稿者 nabe : 06:39 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月20日

第十四話 「食の鉄人」

北の国から '05 8月20日(12日目・土)
第十四話 「食の鉄人」


8月20日の写真

朝はどうせやることないしゆっくりしていようと思ったけど、
周りが田んぼだったので6時ぐらいからなんか騒がしくなりだす。

7時ぐらいまでは頑張ったけどかなり近くで作業していたのでさすがに耐えれなくなり移動する。

そして8時過ぎまで寝ていておきて出発の準備をする、
いまいち寝れなかったので寝不足、
コンビニにいって朝食を買って食べ、眠気覚ましにコーヒーも飲んでおく。

そして仙台市の中心へと向かう、昨日は泊まるところをさがすのに結構離れてしまって20ぐらいかかって戻る。

仙台市は無料駐車場はないみたいなので有料の30分100円の駐車場にとめて、
折りたたみ自転車を出して市内観光へと走り出す。

とりあえず中心からは少しはなれたところにある瑞鳳殿にいく、
ちょっと迷いながら10分ぐらいでたどりつく。

でもここは昼間は無料駐車場があって、
有料駐車場にとめてわざわざチャリンコできてしまったのでかなりがっかり。

気を取り直してチャリンコをとめて歩いていく、
坂を上ると杉林が道の両脇にありすごくきれい、
日本って感じでいいなー、と風景に感動しながら歩いていく。

今日は土曜日ということもあって観光客が多い、
ここもそれなりにいた。

途中にゲートがあってそこで入場料を払う、
そこから少し歩いたところに瑞鳳殿があった。

ここは伊達政宗公の霊屋できらびやかな装飾がすごくきれい、
江戸時代にこんなものが、そしていままでこんなきれいな状態で残っているとは・・・
とおもったら明治時代に焼けたらしくてその跡も何回か立て直しているらしく、
しかも第二次世界大戦のときにも壊れたらしく結構新しいものだった。

まあそれでも当時のように作っているのだからし、
まわりの雰囲気はよいのでよしとしておいた。

さらに他のところもいくつかまわって30分ぐらいで出る。

仙台までくれば涼しくなるかと思ったけど全然そんなことはなく、
普通に30℃ぐらいまであがって日が当たるところはかなり暑い。

汗かきながら坂を上って今度は仙台駅に向かう、
途中にMonnBellというアウトドアショップがあり、
前回の南米旅行のときに雨が降るとバックパックカバーがなくて中の衣類びしょぬれ、
という自体が何回かおきた。

南米はまだ晴天率が高くてそんなに問題にはならなかったけど、
やっぱり長期旅行にバックパックカバーは絶対に必要だと痛感した。

で、このアウトドアショップにないかと見てみるとちょうどうっていたので買う、
でもカバーなのに3000円もしやがった、
ネットで見てもそんな値段だったけど需要が少ないからかただのビニールカバーに3000円は高い、
まあないと困るからしょうがないんだけど・・・。

でてそのまま仙台駅へと行く、
駅前は結構栄えているけどこれといって別に観光名所があるわけでもない。

みるところないので駅の中に入ってみる、
駅に入ると駅ビルの中に仙台名物の牛タン料理の店が並んでいるところがあった、
仙台にきたら食べたいと思っていたのでここでたべることにする。

店は10軒ぐらいあるんだけどなぜか1軒だけはまだ11時なのにもう列を作っていて20人ぐらい待っていた。
おいしいのだろうがわざわざ並ぶ気にもならないので他の店でそれなりに客が入っているところにはいる。

そこは他の店よりも安くて1300円で牛タン定食があった、
でも牛タンに1300円は結構高いような気もする、
焼肉屋で食べればいいんじゃないのか?そんなにいいものか?
まあそれでもせっかくの名物なのでもちろん牛タン定食を頼む。

ただ頼むと1300円と1500円のものがあるといわれた、
違いは何?ときくと1300円のものは焼いてあるものをボイルする、
1500円は生のものをそのまま焼くらしい。

用は1500円のものは新鮮でよいもの、
1300円は1500円のものが古くなってきたら焼いておいてそれをボイルしてだすもののようだ。

料理の(できない)鉄人は食についてもかなり鉄人で、
基本的に味覚一切ないです!

だってさー、バックパッカーに味覚は必要ないというか邪魔でしょ、
どうせ海外旅行に出たらそんなにたいしたものを食べられるわけもない、
むしろ味なんか気にしないで食べていかないとバックパッカーなんかやっていけない。

それにうまい、まずいなんていっているけど、
そんなの気の持ちようでしょ、
うまいと思って食べればなんでもおいしいよ。
食材は野菜ならいろいろな人が丹精込めて作ってくれたものだし、
肉なら犠牲になった動物がいるんだから、

そもそもまずいなんていうもんじゃない!
感謝して食べろ!

と世の中の美食家を気取っているバカに鉄人は申したいのです!

話しそれたけど、
食の(味がわからない)鉄人には高い食材なんてさっぱり意味ない、
私としてはわからないほうがなんでもおいしく食べられて便利でよいなーというぐらい。

ということで迷わず安い1300円のほうを頼む。

そっちでも全然おいしかった、
まあ値段は1000円ぐらいが妥当ではないかと思うけどね、
ランチでこの値段なんだから名物じゃなかったら軒並みつぶれてるよ。

ぶつぶつ文句をいいながら食べて店を出る。

あとは仙台の見所というと青葉城(仙台城)跡があるんだけど、
ちょっと遠いのと跡地なんて得に何があるわけでもないし、
この跡に予定もいろいろ詰まっているので仙台の観光は2時間で終わりにする。

車に戻って自転車を積んで今度は松島へと向かう、
仙台から松島は30kmぐらいしか離れていなくかなり近い。

松島は日本三景の1つに数えられるところ、
すでに京都の天橋立と広島の宮島はいっているのでここが最後の1つ、
2つともなかなかよい景色だったので松島にも期待がもてる。

松島は湾にいくつもの島があることで風光明媚な景色になっているところなので、
目の前まで行ってしまうとあんまり意味がない、
そこで松島を見るのに松島四大観というものがある。

とりあえずそのなかでも仙台よりで一番離れている多聞山の展望台にいってみる、
300mぐらいの山にありのぼっていって駐車場につく、
ここは松島から15kmぐらいはなれているため普通の観光客はまず来ないところみたい、
駐車場から300mぐらい歩いてのぼっていくと展望台についた。

はじめてみる松島の絶景は・・・

うーん、木が邪魔していてあんまり見えないぞ、
それに距離ありすぎるからかどの変化もよくわからないぞ、
どうなってるんだこれは?

まあなにせこの四大観というのは江戸時代ぐらいのはなし、
そのころなら障害物もすくなくてよかったんだろうけど、
平成のこの時代では空気も汚れていて遠くの松島はかすんでよく見えないよ・・・。

時代の流れを感じつつ、山を降りて松島に向かう。
土曜日だからか松島に向かう道は結構こんでいて30分ぐらいかかる。

そして松島に着いたけどそこは・・・

人、人、人、また人

まあ夏休み中の土曜日だからそんなものだろうけど、
それにしても思っていた以上に人が多くてかなりびっくり。

とりあえず近くの展望台に行ってみる、
ここは松島の中心地にある新富山展望台で一番松島に近いところ、
すこし高い丘にありやっぱり障害物があってちょっと見にくかったけど、
それでも松島を一望することができた。

その松島はというと

うーん、すごーーーくしょぼいぞ。

これが有名な日本三景の松島?

かなりがっかりな感じだった。
丘を降りて松島の島巡りの観光船があったのでどうしようかと思ったけど、
人がすごくいっぱいいて並んでいるのと、
そもそもあのショボイ松島をクルーズしたところでいまいち差がさらに際立つだけ。

まあ北海道まで行って帰りにもここを通るはずなので、
そのときは9月なので人も減っているはずだし、気分と時間によっては行くかな、
ということでそのまま走り出す。

一応せっかくの松島なのでもう1つのはなれた展望台へといってみる、
ここも結構離れていて30分ぐらいかかってつく、
でもここはさらに1.5kmあるいて丘を登らなければいけなく、
もう結構遅くなっていてあんまり時間ないけどここまできたら登って本当に松島がダメダメなところなのかを確認することにする。

20分ぐらいかけて登ると・・・

ここはまあまだちょっとましな景色が広がっていたけど、
うーん、南米にくらべるとねー、
南米ではこれぐらいの景色普通にバスで移動していてもあったからなー。

南米から帰ってきたばかりなのを差し引いても、
日本三景のなかでも一番しょぼい、
というか他の2つに比べて格段に落ちる景色だった。

もう3時になっていて、
次は今流行の平泉へと向かう、
でも平泉の寺は5時で閉まってしまう。

松島から平泉はほとんど北に一直線で70kmぐらい、
そんなに遠くないから間に合うかなーと思ったけど、
ナビの到着時刻がすでに5時を過ぎていた。

はしっていったけど一般道はスピードが出ない、
アメリカ感覚で1時間に80kmぐら進むかなーと思っていたので、
全然そんなスピードでないねー、
平均時速40kmも出ればいいところ。

なので平泉についたらナビの言うとおり5時になっていた。

この時間ではもう見ることはできない、
でも明日までここで開くのを待っていると、
観光してからさらに北上してとやっていると時間がもたいない。

まあ帰りもここは通るはずなので今日はこのままさらに北上することにする。
でも少し進むとちょうど公共の温泉があり、
大雨も降ってきたので温泉に入ってまったりすることにする。

ここの温泉はかなり新しくて綺麗で露天風呂もあってかなりよい感じだった。
まったり40分ぐらい入って、でて新聞があったのでそれを読みながらさらにまったりする。

午後7時にでて国道4号を北に進み岩手県の県庁所在地盛岡市を目指す、
道は結構込んでいて2時間ぐらいかかりようやくつく。

とりあえずJR盛岡駅にいってみるけど、
田舎の夜は早いねー、土曜日なのに9時には店ほとんど閉まってる。

そして中途半端な都会なのでみるとこさっぱりねー、
これは飯だけ食べてさよならだな。

岩手県盛岡の名物というと冷麺が有名らしい、
ということでそれを食べようと思ったんだけど、
専門店というのはないみたい。
となると普通に冷麺がおいてあるところといえば?

焼肉屋になってしまう。

焼肉屋で冷麺だけを頼むのもちょっとねー、
しかもそもそも1人で焼肉屋に入っていくのも無理。

次に有名というとわんこそば、
でもこれがなんかやたら高いんだよねー、
食べ放題という形式をとっていることもあるけど2500円ぐらい普通にする。
南米で胃が小さくなっていてただでさえあんまり食べられないのに食べ放題なんて全然意味ない、
それにただのそばでそんなにするのはいくらなんでも高すぎないか?

じゃあもう食べるものないじゃん!
ということになるんだけど、
なんか盛岡は三大麺というものがある麺所らしい。

先の2つのほかの最後の1つは・・・

じゃじゃ麺

なんだそれ?
どんな麺だよ、もっといい名前あるんじゃないのか?

とりあえずどんなものかよくわからないけど、
やっている店を探して適当に入る。

そしてじゃじゃ麺を頼む、
5分ぐらいででてきたものは
皿うどん
だった。

冷の皿うどんなんてどこにでもあるんじゃないのか?
どこが名物なの?
なぜか上に味噌がのっていて食べ方さっぱりわからないので、
もって来てくれた店のおばちゃんにこれどうやって食べるの?ときくと、

上の味噌を自分の好みに合わせて混ぜて味付けして食べるとのことだった。

さっそく混ぜて食べてみると、
冷ではなくゆでたうどんをそのまま温かい状態でさらにのせたものだった。

初めてでよくわからなくて適当に味噌をまぜたら入れすぎてちょっとしょっぱかった、
まあ食の鉄人だからそんなに木になるほどではないけどね。

食べ終わるとおばちゃんがチータンはどうする?といわれた。

チータン?
そもそもそれが何かわからない?
50円と安かったのでじゃあそれお願い、
というと食べ終わった皿を持っておくに消えていった。

1分ぐらいで戻ってくるとなんかスープが先の皿にはいってきた、
そこに生卵をわっていれてかき混ぜてスープのようにして飲む。

これはちょうどよい感じでなかなかおいしかった、
値段もトータルで650円と安くてよい感じだった。

食べ終わるともう午後10時過ぎで今日の車中泊の場所へと移動をする、
今日は秋田県へと向かう途中にある道の駅にする。

道の駅ならトイレとかもあるし、駐車場もおおきくて寝やすいはず。

国道46号を西へと進んでいく30分ぐらい走って道の駅へとたどり着く、
ここの道の駅は田舎なのでかなり大きくて駐車場は200台はとめられるぐらいだった。

そして予想外に車がいっぱいいた、
この時間に観光とかちょっと休憩というのはそんなに多くはないはず、
ということは私と同じで車で泊まる人たちだろう。

その数30台以上、さすが夏休み中、こんなにいるとは。

標高も少し高くてここは20℃と涼しくて寝やすそう。
でもなぜかこんなに涼しいのに車をアイドリングしているやつもいる、
燃料の無駄使いじゃないのか?

トイレで顔を洗って歯磨きをしてコンタクトをはずす。
やっぱり綺麗なトイレは使いやすくていい。

そして寝る準備をして12時に寝る、
今日は2日目ということもありちょっと寝やすくなっていた。




12日目終了

本日の会計 4,570+6280(ガソリン)=10850円

通算 42,562円(1日平均3,547円 ガソリン代がかなりかさむなー)



本日の移動 宮城県仙台市 → 松島 → 平泉 → 岩手県盛岡市

移動距離 289km  全移動距離 1370km

給油 51.2L(6280円), 給油時距離 624km , 燃費 12.2km/L

全給油 102.6L , 全給油時距離 1324km , 全燃費 12.9km/L

全ガソリン代 12,717円

投稿者 nabe : 00:09 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月19日

第十三話 「北上開始!」

北の国から '05 8月19日(11日目・金)
第十三話 「北上開始!」


8月19日の写真

朝9時過ぎに起きて出発の準備をする、
自転車を入れたりいろいろ準備をしていたら10時半になってしまい、
H氏に挨拶だけして急いで出発する。

国道121号を北上して30分ぐらいで喜多方についてせっかくなのでここで昼を食べることにする、すこし走って適当な店に入る。
今日は平日なのでこの前いった店も普通にすいていてこの前のあの込みようはやはり異常だったことがわかった。

入って喜多方ラーメンなのでチャーシューメンをたのむ、
ここのもなかなかおいしくてチャーシューいっぱい入っていて800円と安かった。

たべてまた北上をはじめる、
1時間ぐらい走って午後1時過ぎに山形県米沢市にたどりつく。

本当は米沢牛でも食べたかったけどすごーく高いので喜多方ラーメンを先に食べておいた。
なのであとは街を見るだけ、でもあるものはといえば上杉神社ぐらい。

とりあえずそこにいってみるけどまあ普通の神社かなーという感じ、
観光客はちらほらいたけどやっぱりしょぼい。

あとは米沢に見所はなさそうなのでそのままさらに北上する。
さらに1時間ちょっとかかって山形市につく。

山形県の県庁所在地の山形市の見所といえば!

なにがあるのかな?

ほとんど何にもないねー、
あるとすると城の跡があるくらい。
せっかくきたので行って見たけどなにせ跡地だからねー、
しかも体育館とかもたってたし、城壁があるだけだった。

あとガイドブックにのっていた郷土館もいってみたけど、
外見だけであとはしょぼそうなので中に入らないで写真だけとって車に戻る。

そして蔵王に向かう、走っていくとなぜかチャリダー(自転車で旅をしている人)がやたらいっぱいいた。
なぜかすごく集団でいて20人ぐらいのグループが5つぐらいあった、
何かの大会でもしているのだろうか?
キャンプ用品とかをもちあるいての大会というのもどんなものなんだろう?

それもこんな山をよくチャリンコであがてくるよなー、
なんでこんな大変なことをするのだろうか?
登山家が山を登るのと同じ心境なのかな。

そんな状況を見ながら蔵王へと入っていく、
蔵王はスキー場がいっぱいあり温泉街でもあるけど、
今日の目的はそこではなく「お釜」とよばれる火山湖、
その名の通り釜のような火口湖らしく結構有名。

ただそこへはすごい山道を登っていかなければいけない、
まあ舗装道だから大変というわけじゃないんだけど、
それでもかなり曲がりくねっていて運転も大変、
天気も悪くなってきて雨が降ったりしてさらに大変。

そこに加えて筋肉痛はまだまだバリバリ現役、
というか一部悪化しているぐらい、
ほとんど使うことない脇の後ろがすごく痛い、
ちょうどハンドルを切るときに使うのでこのきついコーナーの連続はかなりつらい。

しかもこれは数日たっても直らなくて実はプチ肉離れみたいになってた。

山を登りきったところがお釜で標高は1700mにもなっていた。
すごーく天気悪くて雨どころか霧も出ていてとても見れそうにない。

でもこんな山道をまた登ってくるのも大変だし、
次来る時間があるかどうかもわからないのでいくことにする。

最後は有料道で520円はらってのぼっていく、
駐車場についておりたときにはすでに雨がかなり降っていてしかも風も強い、
それでも他にも2台ぐらい乗用車がとまっていた。

展望台はすぐそこで3分ぐらい歩いたらついた。
そしてお釜はというと・・・

思ったよりは見えた、
この最悪の天候にしてはかなりましな感じ。

でもガイドブックとかではすごーーく天気がよくて青空とお釜のエメラルドグリーンの湖がきれい、
でもこれだけ天気が悪いとそんな景色全然見えない。

しかもねー、
これよりも大きくてしかも目の前から見ることができる火口湖をイースター島で見てきちゃったんだよねー、
いっそういまいちでやたら寒いしいいことなしだった。

傘を使っていても結構ぬれて凍えならが車に戻り暖房をかけながら山くだりをはじめる。

くだりはさらに雨が強くなってかなりツルツルのタイヤは結構怖かった。

山を降りたらもう18時を過ぎていてかなり暗くなり始めていた。

雨はさらに強くなり雷も鳴り出したのでちょっと車を止めて雨が弱まるのを待つ。

1時間ぐらいしたらやんだのでまた走り出す。

今日はせっかくなのでこのまま走って仙台の夜の町並みをみてみることにする、
しばらく走って20時過ぎに仙台にたどり着く。
仙台は駅前とかはかなり都会だった。

とりあえず今日の寝床をさがすためによさそうな駐車場をさがす、
ありそうなところというと公園か青葉城跡のあたり、
とりあえず城へといってみるけど全然都会でとめるところもなく、駐車場も午後6時で閉まっていた。
公園のほうに行って見たけどこっちも有料でそれも午後9時までであとは閉められてしまうみたい。

いろいろよさそうな公園へと走っていってみたけどどうにも止めれそうなところがない、
ぐるぐると回っているうちに1時間ぐらいたっていた。

仙台の町は駅前はなかなか栄えているけどあとはまあ普通の住宅街がおおい、
それでもかなり広いので走っても走っても寝れそうなところがない。
町はたいしたことなさそうなのであきらめて郊外へと出ることにする。

少し走ってコンビニで弁当を買って食べる、
よく考えると南米から帰ってきてからも初めてなので実に8ヶ月ぶりぐらいのコンビに弁当。
やっぱり日本の弁当はおいしいよねー、南米でもこんなのあればいいのに・・・。

食べてまた走り出す、でもなかなか田舎にならなくて10kmぐらい離れてやっとよさそうなところ見つけたけど、
でも路上で田舎なのに意外と車が通るのでここでもダメだった。

さらに3kmぐらい走ってやっと田んぼがいっぱいあるところを見つけて、
まあ路上だけどここならいいだろうとやっと落ち着く。

この時点ですでに10時半を過ぎていて車泊1日目にして、まさかこんなに泊まる場所を探すのに苦労するとは思っていなくてかなりお疲れだった。

日記を書いて、
積んであるポリタンクの水で歯磨きをして顔を洗う。

仙台は気温がまだ高いけど当たりは蚊がかなり多そうなので、
電気式の蚊取り線香をたいて窓はちょっとだけあける。

あとはこの車はけっこうフラットに近いぐらいまでうまく椅子が倒れるので、
へこみとかの隙間には100円ショップで買った座布団を入れてできるだけ平らにする、
さらにキャンプ用のエアレーションマットをしいてやる、
枕も100円ショップでかったものをつかってベット完成。

なかなかよい感じに仕上がったけど、
やっぱり車で寝るのは狭くてなかなか寝れなく、
寝ても1時間か2時間ぐらいすると目が覚めるという状態だった。

なんか先行き不安な車中泊1日目だった。




11日目終了

本日の会計 2,120円

通算 31,712円(1日平均2,883円)



本日の移動 福島県会津若松市 → 山形県米沢市 → 山形市 → 蔵王 → 宮城県仙台市

移動距離 275km  全移動距離 1081km


投稿者 nabe : 02:23 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月18日

第十二話 「会津地方観光」

北の国から '05 8月18日(10日目・木)
第十二話 「会津地方観光」


8月18日の写真

昨日寝るのが遅かったのとウエイクボードでかなり疲れたので朝は起きれなくて10時過ぎにやっとおきる。

別にいつもどおりという気もするが毎日理由もなく起きるのが遅いとダメ人間みたいじゃない?(まあかなりダメ人間化してるんだけど・・・)

今日はH氏が会津近辺の観光に連れて行ってくれるということで11時にでる、
とりあえず近くにある雑誌にも載ったことがあるおいしいそば屋にいく。

ざるソバと天ぷらを頼む、かなりおいしかった。
この辺りは良い水が取れるようでそばでも有名らしい。

このあと南へ50kmぐらいいったところにある観光名所に連れて行ってもらう、
いろいろ話しながら1時間ぐらいでつく。

ここは「塔のへつり」というところで、
へつりは方言で難所(だった気がする)ということで、
その名の通り昔は非常に危険なところ。

駐車場にとめると他県ナンバーがいっぱい止まっていた、
どうやらかなり有名な観光地みたい。

少し歩くと塔のへつりがみえた、
つり橋をわたったところがそうで、
塔のように切り立った崖でそこにわずかに道があってそこが歩けるようになっている。

歩いてみるとよくこんなところを歩けるようにしたなというようなところ、
まあ今はもちろん観光客が歩くだけだけどそれでもなかなかすごい。
下に流れている川はすごくすんでいてかなりきれいだった。

30分ぐらい見て戻ってまた走り出す、
10kmぐらい戻ったところに大内宿というところがあありいく。

ここは昔の宿場がそのままの形で残っているところで、
ここはさらに輪をかけてすごい人の数、
観光バスまでやってくるぐらい。

なので風景は昔ながらなんだけど人があまりにも多すぎて雰囲気いまいち、
さらに家はほとんど全てお土産屋やレストランみたいになっていて、
完全に雰囲気台無しのいいところなし。

建物は本物なんだろうけどこれでは日光江戸村とか京都の映画村と変わんないんじゃないの?
という感じだった。

一応奥までいってちょっとだけ丘を登る、
たしかにここから見ると雰囲気もなかなかいい、
ここも30分ぐらい見てでる。

また車でしばらく走って、
途中でいくつか見所を見て今度は虚空神社というところにいく。

ここも観光客がそれなりにいた、
もう時間も遅くなってきてちょっと急ぎ目でまわる。

しかし当然だけど昨日のウエイクボードの後遺症がすごい、
朝はまだよかったんだけどだんだんひどくなってきて、
車の乗り降りをするのもかなりきつい。

握力ほとんどなくてドアを開けるのも大変、
なんか動きがロボットのようになりながら観光をしていた。

でもさすがにもう無理でそのまま温泉に直行する、
ここから少しいったところにある鶴の湯という温泉、
いくまでにそれまで天気がすごくよくてあつかったぐらいなのに大雨が降ってくる。

しかも田舎の人はどうも次の目的地までの距離をkmとかでは言わないみたい、
その代わりに山1つとか2つというようだ。

たしかに山を越える10kmと普通の道の10kmではスピードが全然違う、
ある意味正しい表現の仕方だけど普通の人にはいまいちよくわからんよ。

このときは山1つだったので30分ぐらいでついた。

露天でなかなか景色もよく、
ボロボロのロボットの体にはかなりよかった。
1時間ぐらい入って瞬間的には体の痛みがかなり和らいだんだけど、
1時間ぐらいしたらまた元に戻ってた。

家に戻る途中で100円ショップがあり、
そこで旅をしていてちょっと足りないものを買い足しておく。

そしてスーパーで夕食の買出しをしているときにH氏に電話があり、
ナースとの合コンの誘いがあった。

こんなところで素敵な出会いが!
と思ったけど、
旅行中ですぐにいなくなるのでどう考えても何かあることはなさそう。

ついでにさすがに会津でかなりまったりしてしまって、
旅行を始めてすでに10日もたとうというのにまだ東北にやっと入ったところ。
明日には北上を始めないとこの旅いつ終わるかわかったもんじゃない、
次のヨーロッパ旅行の出発日も決まっているのでここは泣く泣く辞退させてもらった。

そしてまた馬刺しと馬肉の煮込み、あとつまみをいろいろかって家で焼酎を飲んですごす。

午前1時ぐらいまでいろいろ話をして、
そのあとはここが快適にネットをつかえる環境なのでいろいろ調べ物をして、
HPをかいたり日記を書いて、しかも最後にマンガを読んでいたら午前4時になっていた。

明日は朝から移動を開始する予定なのにこんな時間、
しかもまだ上半身あらゆるところが筋肉痛なんだよねー、
はたして出発できるのだろうか・・・


10日目終了

本日の会計 4,230円

通算 29,592円(1日平均2,959円)



本日の移動 福島県会津若松市

移動距離 0km  全移動距離 806km


投稿者 nabe : 01:50 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月17日

第十一話 「マリンスポーツデビュー!」

北の国から '05 8月17日(9日目・水)
第十一話 「マリンスポーツデビュー!」

今日は写真ないです。

朝9時半におきるとちょうどH氏が帰ってくる、
今日は猪苗代湖でウエイクボードをやることになっていて、
そのまままっていると10時にH氏の友達2人がやってくる。

ウエイクボードとかそれを引っ張るジェットは3人乗りのものをもっているのでガソリン代だけ、
普通にやるとそれらを借りるだけでも結構なお金がかかるのでかなり安くできる。

マリンスポーツはシュノーケリングぐらいしかやらないので、
マリンスポーツデビューとしては安くてかなり良い。
しかも猪苗代湖はマリンスポーツのメッカでもあるのでまさに最高の条件。

途中でバーベキュー用の贖罪などを買って猪苗代湖へと行く。

昼過ぎについてとりあえずバーベキューをして昼を食べる、
ビールとかも飲んで待ったりする。

今日はかなり天気がよく暑いぐらいなのでマリンスポーツには絶好の天気。

食べているときにふと思ったのが、
私の日焼けの仕方はちょっと他の人と違うな、ということ。

もともとよく焼けているなーとは思っていたけど、
他の人もよくウエイクボードとかをしているのでよく焼けている。

なんだけど、
普通は黒く焼けているのに対して私はというと・・・

赤黒くなってる!

まさに南米焼けといった感じ、
そういえば現地人もこんな色してたなー。

半年もひたすら南米の強い日差しに焼かれていたので焼け方の年季が違うねー、
よく焼けている人を見て初めて自分がおかしいことに気づいたよ。

これは相当長い期間直りそうにないなー、
もしかしてずっとこのままなんてことは・・

ちょっと不安になりながらもバーベキューを終えてウエイクボードをはじめる、
はじめはとりあえずジェットの後ろに乗ってどんな感じの物なのかを見せてもらう。

ジェットは意外と後ろに乗るのもちょっと怖い、
まあライフジャケットつけてるし、落ちても水のうえなんだから大丈夫だろうけど。

20分ぐらいで戻ってさっそくウエイクボードデビュー、
だいたいのやり方は教えてもらったけど、
とりあえずたつだけでも大変らしい。

しかもスノーボードをやっていればたったあとは同じ感じらしいんだけど、
やったことないのでそれもあやしい。

海外旅行中ではやったことないものにもなんでもとりあえずやってみるか、
という感じで何でも挑戦してきた。
いまも旅行中だし、何事も挑戦あるのみ!

ということでさっそくやってみる。

しかし世の中そんなには甘くなかったねー、
全然立てないねー。

立てないだけならいいんだけど、
立てないとちょっとそのまま轢きづられる感じになって、
水いっぱい飲むんだよねー。

猪苗代湖の水の水質はいいのかなー、
2Lぐらい飲んだ気がする。

15分ぐらいやってさすがに水も飲み飽きたので陸に戻る、
かなり疲れてぐったり、
ジェットで引っ張られるので腕の筋肉をかなり使うようだ。

しばらく見ていてちょっと陸で立つ練習してまたやって見たけど、
やっぱり無理、うーん難しいぞこれは!

まあ難しいんだからしょうがないよねー、
となるはずなんだけど、
一緒にいた同じ初めての人が普通にたってるんだよねー、
スノーボードやっているとは言っていたけどこの差はなに?

私は頭脳派なので運動系はやっぱり向かないのかな、
と自分なりに納得しておく。

このあと今度はジェットの運転をやらせてもらう、
各種運転免許、ならびにクレーンやフォークリフトの免許とかもある私は、
実は機械系の操作は結構得意。

ジェットは右手のスロットルだけで進み、
ブレーキはなくてただスロットルをはなせば水の抵抗で勝手に止まる。

はじめはちょっととまどったけど慣れればこれはかなり面白い、
100km以上出すことができるのでかなりはやい、
でもさすがに100kmだすと結構怖い、
ジェットならいいけどバイクとかでよくこんなスピードで走るよなー。

いろいろやって20分ぐらいで戻ってくる。

またしばらくまったりして今度はバナナボートをやる、
形は浮き輪のようなもので1人乗り、
浮き輪よりはかなり硬い。

あとは勝手にジェットが引っ張っていくので落ちないように浮き輪にしがみついていれば言いだけ。

先にはじめてやる2人がやったら面白いけどなんかすごい水しぶきで大変、
といわれた。

そんなものなのかなーと思ってとりあえずやってみる。

50kmぐらいでかなりすごいよ、といわれていたけど、
実際にやってみると、
うーん、さっぱりたいしたことないっス!

まあたしかにそれなりにすごいんだけど、
でもこの程度のスピードでは全然ダメ。

10分ぐらいで戻ってくる、
感想を聞かれて、

いや面白いけどスピードがいまいち、
もっとスピードでないの?

というとそのまま第二ラウンドがはじまる。

第二ラウンドはすごかった、
なんか80kmとかだしてたみたいなんだよねー、
水しぶきがすごくて息するのもちょっと大変、
曲がるのもかなりのスピードみたいですごい遠心力で流される流される。

もともとジェットでかなり握力を使っていてよれよれだったところに、
先のバナナボートでも結構握力をつかった。

そこへきてこのスピードはかなりすごい、
エネルギーはスピードの二乗に比例するからねー、
吹き飛ばされそうでしがみつくのもかなり握力が必要。

しかもスピード速いから落ちたらちょっと無事ではすまなさそうな感じもある。

やばい、これは無理だ!

5分ぐらいは耐えたけどもう無理とおもって、
片手では吹き飛ばされそうなのを何とか耐えながら、
手を振ってジェットの後ろの人に合図をしてみたけど、
なぜかさらにスピードが上がる。

あとで聞いたところによると、
どうもまだまだ余裕で手を振ってるぐらいに見えたらしい、
かなり必死だったんだけど・・・

ジェットが走っている状態でもちろん声なんて聞こえるわけもない、
もはや無理と知らせる方法がない。

あかん!
このままではやばい!

ストレートはどうもかなりスピードを出しているみたいで、
曲がるときはさすがにジェットもそこまでスピードをだして曲がれないからかある程度スピードが落ちる。

そこにあわせてなんとかおちるしかない。

でもなかなかコーナーリングでもスピードが落ちない、
もう手も限界でいつ離れてもおかしくない。

さらに1分ぐらい耐えてなんとかスピードが落ちたところで、

ここしかない!

自ら飛び降りてなんとか軟着陸することができた。

落ちたのでジェットが戻ってきて私を回収しに来た、
まだいく?
といわれたけど、

いや、もう勘弁してください!

といてさすがにやめる、
それなら岸に帰るから普通に走るからまたのっていてよ、
といわれてのろうとしたけどなんか全然のれない。

どうしてかなーと思っていたら、

あれ?
これ空気抜けてるんじゃない?

といわれた、たしかになんかちょっとやわらかくなった気がする、
それでは無理ということで私もジェットに乗って戻る。

どうも空気を入れるところの栓が開いたとかではなく、
どこかに穴があいてしまったみたい。

あんな硬いボートに穴が開くって・・・、

もう握力も全然なくなりボロボロ、
時間も午後4時を過ぎてちょっと曇ってきて涼しくなったので戻ることになる。

一度H氏の家に戻り、ジェットの荷物などを置いて、
他の人は帰り2人で温泉に行く、
少しはなれたところまでいくが、
ここはやたらとアブがいっぱいいてせっかくの露天があるなのにとてもじゃないけど入ってられなかった。

温泉に入って戻ってきて夕食を食べる、
あとは今日も焼酎を家でいろいろ話しながら飲む。

そんなことをしていたら午前2時を過ぎていて疲れて寝る。

すでに筋肉痛が発生し始めている、
握力さっぱりないんだけどどうしたものかな?
まあ明日もまったりの予定だからなんとか明日中に直れば・・・


9日目終了

本日の会計 4,060円(マリンスポーツやってこの値段は安い)

通算 25,362円(1日平均2,818円)



本日の移動 福島県会津若松市

移動距離 0km  全移動距離 806km

投稿者 nabe : 03:26 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月16日

第十話 「まったり」

北の国から '05 8月16日(8日目・火)
第十話 「まったり」


8月16日の写真

今日はH氏は仕事でいないので会津若松をまったり観光する予定。

朝はいつもどおり起きれなくて寝ていて10時になってやっと起きる。
でもこの家にはマンガがいっぱい置いてあってついついそれを読んでしまいいつのまにやら午後1時。

これはいけないとなんとかマンガの誘惑を振り切って外に出る。

一応ここは東北の入り口に当たるからそろそろ涼しくなってくるかなと思っていたが、
まったくそんなことはなく全然暑くて30℃を超えている。

折りたたみ自転車を車から出してとりあずすぐ近くの鶴賀城にむかう、
5分ぐらいでつくともう午後2時ぐらいで腹が減ってきた。

走っているときにソースカツ丼ののぼりがやたら有り会津名物と書いてあった。

そののぼりがある店に入って聞くとソースカツ丼はやはり会津の名物らしい、900円と高かったけどせっかくなので食べることにする。

ソースカツ丼はなかなかおいしかった、
まあまずいカツ丼というものをそもそも見たことないのでそんなものかもしれないけど。

食べ終わって鶴賀城にいく、
観光客は平日だけどやはりお盆にまだ含まれるからか結構いっぱいいた。

鶴賀城は中に入れるみたいだったので500円はらって中に入る、
でも中は完全に博物館のようになっていて昔のお城という感じはさっぱりなかった。
フローリングとかにもなってるし、鉄筋コンクリートみたいでかなりがっかり。

人もすごく多くて見るのも大変だった。

よく考えたらここは明治維新のときの激戦地でこの城もそのときの砲撃とかでかなり壊れてしまってそれを再建したもの。

でもせっかくなら昔ながらの感じで直してくれればいいのに・・・

姫路城とかを前に見たことがあったのでいっそういまいちに感じられた。

でて今度は会津若松駅の方にはしっていく、
でも特に何も見るところがなかったのでそのまま通り過ぎてその近くの白虎隊の墓があるところにいく。

ここは結構長い階段がありのぼりは大変そうだったので迂回して坂を上っていく、
途中にさざえ堂という高さ5mぐらいの小さい建物があった。

これは入り口から上がっていくと頂上までいって、
同じ道を通ることなく出口へと出てこれるというもの。

でもただの2重螺旋でかなり子供だまし、
400円ぐらいするみたいだし、かなりショボイ建物だし、もちろん無視。

するつもりだたんだけど、
入り口にいる客引きのおばちゃんがやたら威勢が良くて、
かなり熱心に客引きをしていた。

普通ならテープで録音しておいてそれを流せばいいのに、
なぜかおばちゃんがひたすら同じような説明を口頭で言っていた。

それによると世界に2つとない非常に珍しい建物らしい。

そういわれてしまうとやっぱり入りたくなってしまう。

ということで入ってみたけどやっぱりかなりしょぼかった。

でてさらに上へ向かうと少し歩いたら白虎隊の墓があった、
その向こうには自刃の地というものがあり、
ここから会津若松を一望できて遠くには鶴賀城が見えた。

帰りは階段で降りてそのまま家へと戻る、
途中コンビニでチューハイを科って変えると午後4時を過ぎていた。

チューハイ片手に日記を書いてさらにHP書いたりテレビ見たりしてまったりすごす。

午後9時過ぎに飯を食べにでて戻ってからは今度はマンガを読んで過ごす。

そんなことをしていたら午前3時過ぎになっていてあわてて寝る。




8日目終了

本日の会計 2,730円

通算 21,302円(1日平均2,663円)



本日の移動 福島県会津若松市

移動距離 0km  全移動距離 806km


投稿者 nabe : 03:00 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月15日

第九話 「追憶」


北の国から '05 8月15日(7日目・月)
第九話 「追憶」


8月15日の写真

今日は出発の日なので朝8時に起きる。
そして自転車を積んだり、ポリタンクに水を補給したりして出る準備をする。

朝食をちょっと食べて9時半過ぎに別れの挨拶をして出る。

少し走るとセルフのガソリンスタンドがあり121円/Lと安かったので入れることにする、
日本ではそもそもガソリンを入れること自体があまりない私。
(家にいるときは家の車に乗っていてあんまり乗らないし、減ってもそのうち給油されているのでいれることがない)

でもアメリカではセルフのスタンドで山ほど入れたことがあるので大丈夫!
と思って降りていったら給油口のふた開けるの忘れた。

日本では給油口のフタを車の中であけなければいけないんだったねー、
アメリカだとガソリン安いから盗まれるとかいうことないのか、
普通にいつでもあけれるようになってる。

でも中に砂糖とか入れられていたずらされたらどうするのだろうか?
そんな馬鹿なことをする奴もいないということかな?

なんか給油の仕方もちょっと違って、
しかもノズルレバーをロックすることができなくてひたすら握っていなければいけなかった。
手が疲れるし、面倒なだけな気するのに何でだろう?
このあとも何件もセルフのスタンドでいれたけどだいたい手で持っていなければいけないものだった、
何か規定とかあるのだろうか?

給油し終わってまた走り出す、
国道49号を会津若松へむけてひたすら進む。

12時近くにやっと会津にたどり着く、
私は会津というと会津若松のことをさすのだと思っていたけど、
なんかこのあたりの地名はすべて会津がつく、
会津若松、会津坂下、会津高田等々、
これって会津いらなくない?
会津群若松町とかでいいんじゃないの?

普通の市町村はそうしているのになんでここだけみんな会津付きなの?

一応疑問に思ってこの後あう友人にあとで聞いてみたけど、
そういうものなんだよ、といっていた。

あとなぜか看板とかで会津のローマ字表記が

AIZU

になってる、
それでは、「あいず」になっちゃうんじゃないの?

正式には

AIDU「あいづ」

じゃないの?

昔は「あいず」だったのか?
いやどう考えても違う気がする、
役所の担当がやってしまったのかこれは?
もう何千箇所と設置されているし今更あとにはひけないから、

AIZU

ということにしてしまったのでは?

有名な町だけどなぜかおかしなところがいっぱいある会津地方。


会津若松についてさっそく友人のH氏に連絡する、
インター近くの待ち合わせ場所で待ち合わせをする。

私は先についたので車を降りてくるのを待つ。


5分ぐらい待つとH氏がやってきた、
いやそれはH氏らしき人?といった感じだった。

なにせ会うのは大学を卒業してそのあと1,2回大学院の間にあったけど、
それ以降は会えなくて4年ぶりぐらい。

しかしそれにしてもこの人はあのH氏?
面影は間違いなくあるので本人と見ていいのだけど、
一応向こうから声をかけてくれるのをまっておいた。

ちゃんとH氏本人だった。

いつもの私なら
「どうもはじめまして、弟さんですか?
お兄さんはあとで来るんですか?
弟さんはあんまりお兄さんに似てないんですねー」
という軽いジョークを入れるところなんだけど、

無理!

だってー、めちゃ太ってたんだもん!
ちょっとだったらさー、いくらでも笑い話にできそうだけど、
限りなく別人に近かったよ・・・

本人が気づいてないということはないにしても、
すごく気にしている可能性はかなりある、
もともと太っている人は言われることに慣れているのでいいだろうけど、
いきなり太った人はどう思っているのか微妙。

ということで4年ぶりの再会なのに、
私としては非常に不本意ながら普通に挨拶から始まる再会になってしまった。
(ってそれが普通だし、そのほうがいいのか?)

まあ太ったことはもちろん気にはしているけど、
それで深刻に悩んだりとかはさっぱりなくて、
そのあとは、激太りやん!そのままじゃやばいぞ、とか言える状態だった。

とりあえず車が二台あってもしょうがないのでH氏のアパートまで行く、
会津若松はそれなりに都会だったけどちょうどアパートの前に路駐できるのでそこに止める。

そしてH氏の車でとりあえず喜多方にラーメンを食べに行く、
私はここに来るまでは喜多方ラーメンは有名だけどまあどこにでもある地方の特産のラーメンなんだろうなーと思っていたけど、
昨日ガイドブックを見ていたら実は札幌、博多、喜多方が3大ラーメンとのことだった。

札幌と博多は有名だけど喜多方もそんなに有名だったとは・・・。

会津若松から喜多方は隣町みたいなもので30分ぐらいでいける、
そもそもH氏の実家は喜多方にある。

ということは地元の人しか知らないおいしい店を知っている!
なので喜多方ラーメンを食べに行く。

でもまだお盆だからかすごい人の数で店に列がいっぱいできている、
お勧めのところはかなりわかりにくいところにあって一見さんが来るところではとてもないけど、
それでも列を作っていてしかも2時まででもう並んでもだめだった。

次にお勧めのところも同じ状態だった。

さすが喜多方ラーメンといった感じなんだけどこのままでは食べることもできない、
うろうろさまよってベスト3の3位というところはここも並んでいたけど並べば食べれたので並ぶ。
結構回転が速くて10人以上待っていたけど15分ぐらいで中に入れた。

喜多方というとしょう油のチャーシューメンらしいのでそれを頼む。
シャーシューはいっぱい入っていておいしかった。
700円でこれなので名物は高いものが多いのでコストパフォーマンスはかなりよい。

食べ終わって近くにあるH氏の実家に行く、
私はもちろんさっぱり知らないけど、
海外からハガキを送るのがこの住所なので、
むこうはちょっと私のことを知っている。

さらに実家で取れたという野菜とかいろいろだしてくれてた、
ラーメン食べたばっかりだったのでほとんど食べられなかったけど新鮮でおいしかった。

そしてさらにこの近くにある本家につれていってもらう、
ここはなんかかなり田舎で家も相当年季が入っていて囲炉裏まであった。

ちょっと見せてもらって猪苗代湖の方に向かう、
しばらく走り五色沼という名所につく。

ここはその名の通り五色の沼があるらしく他にも観光客が結構来ていた。

来るまでは雨が降ったりやんだりしていて天気悪かったけど、
ここにきてちょうどやんでいたので早速歩いてみていく。

始めは緑色の普通の沼とちょっと青色がになった2色がまざった沼。
これが結構大きくて次の沼まで15分ぐらい歩く。

その次は青がさらにちょっと濃くなったような沼、
さらに歩いていくと赤い色の沼があった。

ここでいきなり大雨が振り出す、
傘とか何にも持ってきてなくて隠れるところもなく大慌てで引き返していく。

しかしこれがすごい大雨でかなりびしょぬれ、
デジカメと携帯を持っているので何とか少しでもぬれないようにと手でガードしながら歩いていく。

20分ぐらい雨の中をひたすら歩いて何とか車に戻る、
真夏なのに雨にこれだけぬれたらかなり寒い。

着替えも何もないのでとりあえず車に乗って暖房をかけて耐える。
デジカメとかは幸い多少ぬれていたけど壊れることはなかった。

本当はこのあとに近くの温泉に行く予定だったけど、
このびしょぬれの状態で入っていくのはかなり厳しい、
それに温泉に入ったあとこの服をまた着なければいけないのでつらい。

ということであきらめて戻ることにする。
夏なのに暖房をつけてしかもTシャツぬれていて気持ち悪いので二人とも上半身裸。
そんな状態で1時間ぐらい走ってもどってくる。

途中事故があったところで警察官が交通整理をやっていてみられたからとめられるかと思けど特に何にも言われなかった、
みまちがえ?とでも思ったのだろうか、
でも最後に市街地を走るときはやっぱりちょっと恥ずかしいねー、
交差点で一番前で止まると歩行者から見える。

なんとかもどってきてとりあえず着替えて近くの温泉に行く、
温泉に入ってやっとまったりできた。

戻ってくるときに桜肉なるものをかう、
なんか会津は馬刺し(=桜肉というみたい)が有名らしい、
馬刺し専門店があってそこで買った。
あと馬刺し肉の煮込みもかって焼酎をコンビニで買って戻る。

かなり久しぶりに会ったのでいろいろ昔話などをする、
あの強制収容所(大学の研究室)で一緒に収監されていた人とはなすと、
あらためてあそこは異常だったなー、と再確認できる。

やっぱり一緒にいた人じゃないとなかなかわからないものもある。


話していてなんとなく思い出した昔話

この日は大学は学園祭なのに普通に実験をやっていた、
実験をやっていて私は特に大忙しというわけではなく普通の実験、
ただH氏ともう1人の女性が結構忙しい実験で時間にあんまり余裕がなかった。

で、夕方近くになってこの日は屋外の特設舞台で能がおこなわれることになっていた、
なかなか能なんてみることないのでせっかくだからと私は見に行くつもりだった。

どうせ教授も見に行くといっていたので、
奴が帰るまでは帰れないので実験が終わっても奴の帰りまち、
その間に能をみる予定。

能が始まる時間には実験は終わらなかったけど1時間ぐらい過ぎたところで終わる。

他の2人に一緒に能を見に行かない?
と誘うと、

「能?今実験忙しいから無理!
それどころかデータおかしいからどうするかいまから教授に聞かなければいけない」
といわれた。

「でも朝は奴は能を見に行くといっていたからいないんじゃないの?」

「そうだ、そんなこといってたわねー、
じゃあしょうがない」

ということで3人一緒に能をみにいく、
5分ぐらい歩いてつくと座る席だけでも300ぐらいはあり、
その他にも立ってみている人もいっぱいいた。

私「結構見る人も多いねー、どこでみようか?」

と横を見るとなんかノートとひらいてる、
もう1人はデータとか持ってるし・・・

なにしてるのかなーこの人たち、
と思っていたら

「じゃあ2手にわかれて探すわよ!」

『さ、さがす?何を?
どう考えても見やすい位置とか座れる席とかではない雰囲気』

「じゃあ私達はこっちから回るから、そっち一人出回ってくれる、
見つけたらすぐに教えて」

どうやら教授をさがすつもりらしい、
でもこんなに人がいるのにみつかるものなのか?

まあ能をみながらいちおう探しておくかな。

うろうろしながら30分ぐらいみてまわる。

すると偶然教授が座っているのをみつけた、
見つけられるものだなーと思ったら、
その前に座って能を見るのとはまったく逆方向の教授を見ている黒い2つの影があった。

恐る恐る近づいていくとなんかノートらしきものとデータ広げてる、
もしかして・・・

ディスカッションしてるー!

みんな能を静かに見ているのに、
この人たちこんなくらいところでディスカッションしてるよ。

遠目から見ていたけど本気でディスカッションして、
データ見て話とかしてた。

まわりからあきらかに白い目でみられてた、
関係者に思われたくなくてそのまま見なかったことにして離れておいた。

10分ぐらいしてみにいったら教授だけ残っていていなくなっていた。

そのあと研究室に戻ったらまた実験新しくやり始めていた。

能の会場で実験のディスカッションをする、おかしな収容所だった。

こんなことをいっぱい話していたので、
いつのまにか時間がかなりすぎていて午前2時に寝る。

今思いなおすといるときは大変だったけど過ぎ去ってみると、
馬鹿なことばかりで笑い話にことかかないねー。

まあ今にしてみるとだけどね、いるときは非常に大変だったから・・・

追記の小話:「世界一周旅行者は無計画」

8月26日、世界遺産の知床を観光をしていた。
観光をしているうちに北海道をバイクで回っているライダーの人と仲良くなり話をする。

それで私の旅行の話になり、
「もう3000kmも走ったから今回の旅はトータルで4000kmぐらいはしるかなー」
というと、

ラ「4000kmですみますか?」
といわれた。

「というと?」

ラ「いやここから北端の宗谷岬まで行くんですよね?」

「うん」

ラ「そこから函館まで走るんですよね」

「そうだよ」

ラ「それだけでたぶん1000kmは走りますよ」

「え?そうなの」

ラ「いや地図見ればわかると思うんですけど」

「地図?
北海道広いから見ると走る気なくなるからあんまり見てないの、
目的地を当日に決めてナビをセットして初めて距離がわかるぐらいかな」

ラ「それで家まで走っていくんですよね」

「そうなるねー」

ラ「それも1500kmぐらいはあるんじゃないですか?」

「そんなに!」

ラ「行きに走ってきたからわかるんじゃないんですか?」

「いやー、行きはジグザグにいろいろ見てまわってきたから、
帰りはそれなりにまっすぐ帰るから1000kmないかなー、なんて思ってたんだけど」

ラ「なんか計画まったくないですねー」

「うん!
だってさっき話したように世界一周をする予定のバックパッカーだから、
世界旅行をしている人はだいたいこんな感じよ。
1ヶ月先のことなんて考えないねー、
だいたい1週間先ぐらいまで考えてれば十分かな
人によってはついてから次どこいこう?とか考えている人もいるしね」

ラ「日本で旅行するにはちょっと考えられないですよ」

こんな感じの話をしました、
あんまり気にしてなかったけどどうやら日本の旅行者から見るとちょっと異常なようです、
まあ日本はお金がかかるから短期決戦でできるだけ早くまわるのが基本だからかな。

サラリーマンパッカー時代のときは旅行に出る前にほとんどのタイムスケジュールが決まっていたものだけど、
長期旅行を経験してしまうともうあんな大忙しの旅は無理!

もう普通の人にはもどれそうにありません、
そしていっぱい走ったつもりだったけどまだ半分ぐらいしかきていなかったみたい、
まあ位置的にもそんなものだけど家はまだ遥かかなただね。


7日目終了

本日の会計 5127円

通算 18,572円(1日平均2,653円)



本日の移動 新潟県阿賀野市 → 福島県会津若松市

移動距離 114km  全移動距離 806km

給油 20.7L(2507円), 給油時距離 310km , 燃費 15.0km/L

全給油 51.4L , 全給油時距離 700km , 全燃費 13.6km/L

投稿者 nabe : 15:11 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月14日

第八話 「地球防衛軍のお仕事」

北の国から '05 8月14日(6日目・日)
第八話 「地球防衛軍のお仕事」


8月14日の写真

田舎の実家生活3日目、
今日は本当はさっぱりやることないんだけど、
この次の目的地が大学の強制収容所で一緒に収監されていた同所(?)生で福島の会津若松市にすんでいる、
ここから会津若松は隣みたいなもので2時間ぐらいで着く。
でも今日は仕事の日で明日が休みらしいのでせっかくここまで来たのだからあっていきたいので田舎でまったりすることにする。

ということで起きたら午前10時をまわっていた、
子供は夏休みなのになんであんなに朝が早いのでしょうか?
別に学校があるわけじゃないんだから朝8時に暴れはじめなくてもいいと思うのに・・・。

まあ人の家でまったり午前10時まで寝ているのもそれはそれで微妙、
でもバックパッカー(私だけ?)はそんなことには動じません!

起きるとなんか4、14、24日という4のつく日にだけやっている市が近くで開催しているらしいのでそれに子供と一緒に連れて行ってもらう。

お盆のときは毎回やっていることになるので、
昔に来ていたときも何回か行ったことがあるのだけど、
記憶に比べて規模がめちゃくちゃ小さくなっている。

私が大きくなったからか?
というレベルではない、
露天で出ているのだけど店と店がすきまだらけでスカスカ、
話によると今はあんまり人が来なくなってきてだいぶ規模も小さくなってしまったらしい。

こんなところにまで少子化と都会化の波が・・・、
日本から田舎がなくなる日も近いな。

ただなぜかクジラの肉があちこちで売っていた、
捕獲禁止なのになぜ?密漁?

店とかで出しているところもあるとは聞いたけど、
それは研究・調査用の捕鯨で捕まえたものを買っているらしいけど、
それがこんなところにごろごろ売っているものなの?
1000円とか1500円ぐらいでちょっと高級な牛肉ぐらいの量、
昔はこればっかり食べていたとおじさんはいっていた。
せっかくなのでとおじさんが買って夕食にクジラ汁として出してくれることになった。

ちなみにクジラは販売元は東京の会社になっていた、
こんな露天で売っているぐらい販売しているってどんな会社なんだろう?


あとは買出しに付き合ったりして戻ってきたらもう12時を回っていた。

今日の朝に親戚のおじさんとおばさんが来ていて、
今日の夜はこの2人が寿司を買ってきてみんなで食べようといっていた。

それで買いにいくのでせめて来るまでおくり迎えだけでもと運転していく、
回転寿司で夕食用に予約をする、
私は車の中で待っているとなんか呼びにこられて、
昼を食べてないだろ?ここでたべていこう、といわれて寿司を食べる。

田舎にいるとお金1円もなくても暮らしていけそうだ。

もどってきてちょっとまったりして、
小さいころに来ていたときにいっていた温泉に行ってみることにする、
私だけだったので場所を教えてもらってナビをセットして向かう。

小さいころは結構遠くに感じたけど、
今自分で運転していくと20分ぐらいですぐそこだった。

大きくなると時間の感覚やものの感じ方がかなり違ってくるねー、
田舎はそんなことを実感させてくれるので久しぶりに来るとすごく楽しい。

ついたところはこれまたすごーーーくボロかった、
小さいころはかなり大きかった感じがしたのだけど、
めちゃボロい、今にも崩れそうでしかも窓全開で外から丸見え、
というかすでにおっちゃんとか見えてます!

こんなんだったか?
と思うけど、
確かにお寺の境内のすぐ横にあり、
なんとなくある記憶ともかなり一致する、
それに一緒にいっていた人に場所を教えてもらっているのだから間違っているわけもない。

本当に大きくなるとなにもかも違って感じる、
「少年の心をもち続ける28歳」はさすがにもう無理あるかな、

これからは
「青年の心をもち続ける28歳」に改名しよう。

さっそく温泉?(ただのちょっと大きい風呂では・・・)にいく、
料金はめちゃ安くて150円、
ちゃんと源泉掛け流しの100%温泉。

まあこんだけボロいとボイラーとかであっためているといわれたほうがびっくりするけどね、
値段も値段だし、循環ろ過とかなんてしてたらどう考えても再三あわない、
掛け流し以外に成立しないよこの温泉。

シャワーとかもいっさいなく、
ひたすら温泉が流れているだけ、
風呂も5m四方ぐらいしかなくあんまり広くない、
でも露天ではないけどあらゆる方向に窓がありそれがすべて全開なのでほとんど露天と同じ。

ただその窓の先に旅館の廊下があったり、道路があったりもする、
なかなかないよこんな温泉、昔きていたときはなんとも思わなかったけどねー。

一応ここは温泉場で旅館が近くに5軒ぐらいありその人たちが入りにきていたり、
あとは地元の人が入りにきていた。

でもおっちゃんとおじいちゃん、あとは子供だけだった、
青年は私だけねー、まあいまどきこんな超レトロの温泉にくる青年はすくないよ。

温泉は掛け流しで湯温がちょっと低いみたいでちょうど真夏で外は暑いので長く入るのにはちょうどよいぐらい。

でも基本的に外から丸見えなので花も恥らうお年頃の青年の私にはちょっとね・・・。
(まあ見えても全然いいんだけど、露天でもないし、ぬるいし、レトロなだけでこれといって何もないし、長湯する意味がない)

30分ぐらいででる。

家まで戻るともう寿司を取りに行く時間でちょうどよいのでそのままのせてとりにいって戻ってくる。

そして食べる準備をしているとなぜか皿とハシの数が少ない、
親戚のおじさん気づいたみたいで数少ないんだけどどうして?
とこの家のおばさんきくと、

おじさんは今日は近くの家で集まりがあるのでそっちに行っている、
お兄ちゃん(この家の長男)は今日は盆踊りがあり仕事でそっちに行っている。
といわれていた。

ということは男は私とおじさんだけ、
あとは女の人が3人の大人は実質5人、
子供は子供用のサビ抜きの寿司なので別枠である。

で、寿司はというとちょっと多めで8人前もある、
これはどう考えてもあまってしまう。

寿司食い放題、
これはまさに私の予定通り寿司食べまくってビール飲んで・・・

いや目的は墓参りなんだけどね、
でもこのままでは寿司は残ってしまい悪くなったら捨てられてしまう、
せっかくの貴重な資源を無駄にしてしまうなんて許されない!

ここは地球のために私が犠牲になろう!
地球のためなら私が太ることなんてどれほどのものか!

ということで頑張って寿司いっぱい食べておきました、
さすが新潟、日本海から取れた新鮮な寿司なのでおいしい、おいしい、
ウニとかいくらとかいっぱいあるので山ほど食べました。

もう北海道で食べなくてもいいんじゃないのかなー、というぐらい。

それでも残念ながらやっぱり残ってしまうぐらいあった、
まああとは明日の間にはこの家の人たちで食べれるぐらいにはなったから、
なんとか資源を無駄にしなくてすんだ。

あとクジラ汁はというと、
クジラの白身は油がすごく多くてただ煮込んだだけですでに豚汁みたいな感じになっていた、
味もそれに似たような感じで特においしいわけでもなく、まあ普通の肉といったぐらい、
値段はちょっと高いのであえてこれを食べる理由はさっぱりなし。

まあクジラなんてなかなか食べられないから貴重な体験だった。


で、また9時ぐらいに食べ終わったんだけど、
ビールいっぱい飲んでしまい、
酔っ払い状態。

日記は書いたけどHPを書く気にはさっぱりならない、
なのでガイドブックを見て今後の予定を考えることにする。

でも前にも書いたけどこのガイドブック買ったの出発の前日なんだよねー、
だからほとんどまったく読んでいないの。
とりあえず明日から東北に入るので東北編を始めから通して読んでおいた。

でも眠くなって、休み休み読んで、
とやっていたら11時を過ぎていて眠くて活動限界が来て寝る。

こんな感じで時間はあるのにHPは書いていないという日々がこれから続いていきます。


追記の小話:「恐るべし、バックパッカーパワー」

先日、2週間かけて北海道に上陸したので、
連絡しそびれていてあんまり時間がたってしまい逆にしにくくなり、
北海道に入ったら家に報告の電話を入れようと思っていてやっとする。

で、連絡するとママさんがでて、
連絡まったくなかったのでどうしているのかと心配していたといわれた。

とりあえず無事で2週間もかかったけど今日やっと北海道についたというと、

もうついたの?
もっとかかるのかと思ってたわ。
じゃあ1ヶ月ぐらいで戻って来れちゃうの?
といわれた。

うーん、これはどうなんでしょう?
普通の人が2週間旅行したら相当長い方になるのではないのかな?

サラリーマンの人なんて1週間か長くても10日ぐらい、
ましてや日本の旅行なんて3泊4日もあれば長い方、
それをたった1ヶ月というのはどうなの?

私は南米感覚だから2週間なんてあっという間で、
むしろ7ヶ月も旅をしていたから日本に帰って家にずっといるほうが違和感があるぐらいで、
やっと日常に戻ったという感じだったけど。

長期旅行すると家族の旅行日数に関する感覚も相当狂うようだ。

1ヶ月の旅行を短いというのはおかしいでしょう、どう考えても。
長期のバックパッカーの親はみんなこんな感じになっていくのだろうか、
自分だけじゃなく家族も普通ではなくなっていく、
恐るべし、バックパッカーパワー・・・

「8月27日正午 日本最北端宗谷岬にて更新」


6日目終了

本日の会計 150円(温泉入浴料のみ!)

通算 13,445円(1日平均2,241円)



本日の移動 新潟県阿賀野市

移動距離 0km  全移動距離 692km

投稿者 nabe : 14:37 | コメント (0) | トラックバック

とりあえず近況報告

なかなか忙しくてWeblogの更新できません。

それもひとえに・・・

北海道でかすぎ!

のせいです。

夜か朝に走っていないといくらたってもつかないので、
早寝早走りか遅寝遅走りだったので日々の日記を書くのですらつらいぐらい。

北海道だけで2500kmも走っちゃったよ。

でも昨日北海道を脱出!
7日間で逃げておきました。

でも主要都市はすべてまわって各地の名産も食べておいた。
我ながらなかなか上出来な感じ。

そのおかげで大忙しでもあったけど。

とりあえず本州の南下を開始して今日は1日目で岩手県の遠野にたどり着きました。

民話や伝承がいっぱいある町でそれはそれは田舎でよい感じだろうと思っていたら、
かなり都会。

スーパーどころかコンビにもある、
新車のディーラーがいくつもあり、
レンタルビデオ屋までありやがる。

そして極めつけは最新設備のセルフのガソリンスタンド。

結構入らないところが多いこのPHSインターネット用のAirHも少し郊外の道の駅でもちゃんと入るしねー。

もう遠野は終わってます、
河童とかでないかと期待していたのに・・・

どうやらこの旅はトータル1ヶ月ぐらいで終わりそうなのであと10日ぐらいかな、
本格的な更新はそれからになるかも。

でも9月末にはヨーロッパ旅行が始まる、
また1つお蔵入りするのかな・・・。


8月30日 岩手県遠野市の道の駅にて

投稿者 nabe : 11:56 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月13日

第七話 「田舎のお盆」

北の国から '05 8月13日(5日目・土)
第七話 「田舎のお盆」


8月13日の写真

朝はクーラーがかかっていたので涼しくてひたすら寝ている、
10時だと思って起きたらまだ9時でとりあえず朝食をいただいて、
一休憩と思ったらクーラー切ったけど涼しい風がちょうど通り抜けてよい感じ、
これはよいとそのままいたら起きれなくなりいつの間にやら12時を回っていた。

早くもダメ人間化してしまっている、
このままではいけないと車につんである折りたたみ自転車をとりだして一番近い町に行ってみる。

田舎なので田んぼの中の農道を走り、都会にはない風景なのでそれだけでも良い感じ。
15分ぐらいで町に着いたけどもともと小さくて何もないのに、
お盆ということで田舎は家族経営の商店ばかりでほとんど休んでいた。

しょうがないのでこの近くにある白鳥が飛来するという瓢湖という湖に行ってみる、
夏だから暑くてみんなシベリアの方に行っているだろうからただの湖かなーと思ったら、
でかいハスが湖にいっぱい浮かんでいて綺麗な花を咲かせていた。

まあでもただのハスなのでこれといってすごいわけでもない、
と思ったら実は後で聞くとこのハスはオニハスというもので、
日本最大で非常に貴重で生息地域も少ないという珍しいものだった。

言われてみるとまあ確かにでかかったような木はする、
でもねー、
南米のアマゾンで世界最大のハス(ではないのかも)を見てるんだよねー、
直径2mぐらいあったからなー、それと比べると比べ物にならないっス。

どうせ小さい湖なのでせっかくだから一周してみようとまわっていく、
するとなにやら人が集まっているところがあった。

何を見ているんだろうと思ったら、
普通に白鳥が何匹も浮かんでいた。

あれ?
これはどういうこと?
なんでこんな真夏にいるの?

数はそこまで多くはないけど丘で休んでいるのも含めて30羽近くいる、
どうなっているのだろう?

これまたあとで聞いた話によると、
渡りの季節に怪我をしていたりして飛べなかったものが残っているらしい、
そして普通に越冬ならぬ越夏?をして冬までバリバリ生きていられるとのこと。

で・も・さー、
それなら命がけで渡りをする意味なくないか?
もしかして白鳥は意味ないことしてるの?

まあ渡り鳥が渡りをしなくなったらただの鳥だし、
昔からやってきたことだから今更あとにはひけそうにないし、
やっぱり白鳥さんはこのまま渡りを続けるのでしょう。

白鳥の政治に改革はないかな・・・


あとはやることなくなって家に戻ると3時半になっていた、
ちょっとHPを書いているとみんなで墓参りに行くことになる、
そういえばそうだった、ここにはビール飲みに来たんじゃなかったね。

すぐ近くで行くとあっちこっちから車がやってきてそれぞれの墓に墓参りをしていた、
ちょうど今日は8月13日でお盆の最初の日はご先祖様が戻ってくるときらしい、
だからお墓参りというと普通は今日いくものらしく、
みなさん仕事が終わり涼しくなってきた夕方に来るのでこんな大混雑をしているらしい。

何年かぶりにお盆のお墓まいり、
これでここに来た目的をちゃんと果たせた。

そして家に戻ると迎え火というものをやるといわれた、
都会派な私にはなにそれ?という感じなんだけど、
これはご先祖様がちゃんと自分の家にたどり着けるようにと、
目印代わりに焚き火みたいにして火をたく儀式だった。

みると確かに周りの家でもいくつも火の手が上がっている、
そんなものなのかー、都会に住んでいると田舎の古きよき慣習を味わう機会なんてない、
いろいろ勉強になっていいです。

迎え火も終わり、
今度こそ今回の目的は終了、
あとは健全に旅を続けるだけ!

でも夜は一緒にお酒などを飲まないわけにもいかないでしょう、
ご先祖様も帰ってきて見ているんだし、
家族親戚一同円満に暮らしていると示さなければ!

ということで昨日に引き続きまたまたいっぱい飲んでしまう。
飲み終わったらもう9時半を過ぎていて、
よっぱらいに今後の旅の予定を考えるのもHPを書くのも無理、
なんとか日記だけは書き終えてバタンキュー。

こうしてほとんど何もしていないで実家での2日目が過ぎていった。


追記:
今日8月23日、旅行14日目にしてついに北海道に上陸!
長かった・・・、そして遠かった・・・
ここまでくるだけで2000kmも走ってしまった。

まあ日本海でて太平洋に戻り、また日本海に出て太平洋に戻る、
そして青森市ではなく本州最北端の大間からフェリーに乗ったので、
考えられる走り方では一番距離が長かったかもしれない。

そして北海道、やたら広いみたい。
次の目的地まで普通に200kmとかでてきやがる、
走るスピードは速そうだけど距離がありすぎてかなりビビってる。

それになんか涼しいを通り越して夜は寒い、
北海道はすでに別の国みたいな感じです。

距離いっぱい走らなければいけないので、
夜は走る時間だからひたすら車中泊が続きそうです・・・


5日目終了

本日の会計 120円(缶ジュース一本のみ!)

通算 13,295円(1日平均2,659円)



本日の移動 新潟県阿賀野市

移動距離 0km  全移動距離 692km


投稿者 nabe : 18:02 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月12日

第六話 「なつかしい田舎へ」

北の国から '05 8月12日(4日目・金)
第六話 「なつかしい田舎へ」


8月12日の写真

昨日の夜の雨はかなりすごかったが午前3時ぐらいにやんであとは静かになった。

今日はかなりゆっくりで9時半ぐらいまで寝ている、
おきるとまわりはテントにたまった露をもとめて虫がいっぱいたかっていた。

とりあえずテントを乾かすために外に出て入り口を開けて通気性をよくしておく、
待っている間にお湯を沸かしてカップラーメンを食べてついでにその辺をちょっと歩いてみる。

今日は本当ならここの名物で越後の上高地(だったかな)と呼ばれている、
海浴渓谷というよくわからないところにいくつもりだったけど、
1時間半ぐらいかかる上に昨日の雨で川が増水していて川を渡る部分のトレイルがうまっていそう、
ついでに天気が悪くなりそうで川の増水が期待されるぐらい、
入り口にもそういうときは危ないのでいかないでと書いてあったのであっさりやめる。

まわりはちょっと景色がいいぐらいであとは何もない、
遠くに日本海が見えるぐらい。

そんなことをしていたらもう11時になっていたので、
虫に襲われながら急いでテントを撤収する。

車に乗ってカーナビの目的地をセットしたりしていたら11時半を過ぎていて、
しかもカーナビの到着予定時刻は午後4時過ぎになっていた。

同じ新潟県内だけど今はかなり富山と長野よりの一番南の方、
目的地は新潟市のすぐ近くで結構北の方、意外と新潟県は細長いみたい、
これはいけないと急いで車を走らせる。

とりあえず標高7000mから一気に日本海まで下っていく、
おりて日本海に出たら海岸沿いを国道8号で北東へと進んでいく。

日本海には海水浴場がいくつもあったけど、
波が強いこともさることながら、

あれは・・・、
砂場?
見たいな所ばかりだった。

この前まで南米にいて特に最後のブラジルでは、
世界的に有名なビーチばかり渡り歩いていて、

ビーチ=めちゃ広くて白い砂、青い海、眩しいほどの太陽

というイメージで、
日本海の海水浴場はめちゃ狭くて砂場の砂、青緑?の海、幻想的なよどんだ太陽

ビーチと海水浴場の差なのだろうか?
とするとビーチの訳は日本語ではなんになるのかなー、
まあ日本にはビーチはないから必要ないか。

あれではとても泳ぐ気にならないねー、
というかもう日本の海水浴場では満足できない感性になってしまった。

そんなことを考えながらどんどん進んでいく、
今日は天気がよくなったり悪くなったりで玉に雨が降ったりもしていた。

午後1時半になってそろそろ腹が減って適当にその辺の店に入る、
中華料理屋でランチを食べる、まあまあおいしかった。

そしてまた車を走らせる、
国道なのでまたクラッチをよく使い疲れた左足がまたさらに疲れていく、
いよいよ左足だけ筋肉ムキムキが近づいてきたな・・・。

また今回はできるだけクーラーを使わないようにしている、
走る距離が長いためガソリンの減りを少しでも抑えるための処置、
まあ南米で暑いのにはなれたことだし、車なんて走っていれば涼しいので全然よい、
街中でスピードが落ちたときはさすがに無理なのでそのときに使うぐらい。


会社からかりてきたナビはやたら馬鹿ですぐ変な道へといかせようとしたり、
GPSをひろわなくなって案内すらしなくなったりする。
ナビのウソにだまされたりしながらなんとか目的地へと近づいていく。

今日の目的地は父の実家、
ここなら宿泊費はタダでしかもメシも食べ放題・・・

敬虔な仏教徒な私にはそんなよこしまな考えはまったくなく、
ちょうどお盆だからこれない家族に代わって私が墓参りをしたり線香をたてておかなければ!
ということで実家にいくことにした。

決して夜はビールのみ放題、寿司でも出てくるんじゃないの?
などという考えはないのであしからず。

結構遠くて実家の近くに着いたらもう17時近くになっていた。
それで近づいたのはいいんだけど、
家で教えてもらってきた住所はなぜかないんだよねー、
水原市のなかの町になってるんだけどそんなのさっぱりない、
でも阿賀野市にはそれと同じ名前がある、
まさか実家の住所間違えるなんてあるのか?

あとで聞いた話によると市町村合併でついこの4月に阿賀野市になったらしい。

まあたぶん場所はその阿賀野市にあるところでよさそうだけど、
ついでに細かい位置もさっぱりわからない、
なにせ田舎でまわりは田んぼばっかり、
部落として集まってはいるけどみんな似たような家でかなり迷彩がきいている、
なんとか昔の記憶を頼りにそのあたりをぐるぐるしていると住所の番地と一致する家をやっと見つけた。

見覚えもありどうやら実家に着いたようだ。

さっそく車を止めてなかにはいる、
昔ながらの家で小さいころはお盆とかに何回かきたことがあり懐かしい感じ。

父の兄に当たる長男の叔父さんと叔母さんがでてきて挨拶をする、
ついでにその息子(私の従兄弟)のさらに息子と娘がでてきた、
うーん、記憶にはあるけどなんかでかくなっている。

小学校3年と2年らしい、
このころはちょっと見ないうちにどんどんでかくなっていくねー。

とりあえずお風呂をすすめられて昨日は温泉に入れなかったので入っておく、
でてくるともう夕食が出ていてから揚げとかいろいろいっぱい食べきれないほどテーブルの出ていた。

ちょうどそのころに従兄弟の兄さんとその奥さんも帰ってきてみんなで夕食を食べる、
私は先祖の墓参りに来ているんだけどまあ進められたら断るのもねー、

ということでビールを飲んでおく、
つがれたらやっぱり空にしないと失礼だよねー。

空になるとまたつがれて、それを空にして・・・

いろいろ旅の話をしたりしていたら、
おじさんいつの間にか酔っ払ってしまいましたよ。

本当は日記を書いたりHPをアップしたりしようと思ったんだけど、
あんまりにもいい感じで昨日キャンプで大雨でちょっと悲惨な目にあっていたので疲れていて、
10時半にはバタンキューだった。


追記
今日は8月22日ですでに旅を始めて2週間が過ぎようとしているのに実は・・・

まだ北海道についていませーーーん!

何をやっていたのでしょう?
どこにいたのでしょう?
まあそれはおいおいこの日記でわかっていくでしょうが、(この日記の更新ができていない理由もね)
それにしてもまさか北海道がこんなに遠いとは(いろんな意味で)思っていなかったねー。

今日は車中泊の三連泊目、
いい加減キャンプをして熟睡したいです。(すでにキャンプが熟睡の場)
それもなんかしばらくかなわなそうな感じです・・・。


4日目終了

本日の会計 975円(はじめて千円切った)

通算 13,175円(1日平均3,293円、早くも1万円超えた・・・)



本日の移動 新潟県糸魚川市 → 新潟県阿賀野市

移動距離 187km  全移動距離 692km

ガソリン代 3,930円  合計 3,930円

燃費 390km/30.75L = 12.7km/L

投稿者 nabe : 12:15 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月11日

第五話 「安全運転?」

北の国から '05 8月11日(3日目・木)
第五話 「安全運転?」


8月11日の写真

朝7時半ぐらいに目が覚める、
機能は良く飲んだのですごくよく寝れたけどそのせいで逆にまだ全然眠い。

とはいえK氏はしごとなので8時に起きてでる車のところまで歩いていってそこで別れる。

今日はどうしようかと考えてあんまりやることがない、
明日は新潟のじいちゃんばんあちゃんの家に行く予定なので今日は適当に長野と新潟を観光していればよい。

とりあえずよさそうなところに無料キャンプ場がないかとインターネットに接続して探す、
すると新潟県と長野県の県境に近いところに三峡パークというところにあった。

今日の最終目的地はここにしてとりあえず長野市を観光する。
長野市といえばやっぱり善光寺(らしい)近そうだったので歩いて向かう。

20分ぐらい歩いてつく、平日なのに結構人がいた。
メインの門は大改修中で平成19年までかかる工事の真っ最中で見ることができなかった。
その前の門はみれて阿吽の像が立っていた。

善光寺はそれなりに大きかったけど結構日本でも出雲大社とか厳島神社などいろいろ見ているので、
うーん、普通?という感じだった。

500円払うとなんか寺の奥に入れるみたいだったけどあんまりたいしたことなさそうだったのでやめる。
寺の庭をグルグルとまわってやることなくなって仲店を通ってまた町へと戻る。

長野の町はかなり小さいのでもう見るところが泣くなり車へと戻る。

もう11時半を過ぎていてそのまま車を出して近くのガソリンスタンドで燃料を入れる、
長野は128円と高かった(それでも他の店よりは安い値段)。

31リットル近く入る、
走行距離が390kmなので単純計算で13km/Lぐらいは走る計算、
前にこの車を使って旅行したときもやたら燃費がいいのに驚いたが、
どうやら本当にこの車は燃費がよいようだ。

フルタイムの4WDなんだけどなぜか燃費がよい、
山道だと逆によくなるものなのだろうか?
マニュアルだから私は2000回転を超える前にシフトチェンジしてしまうのでそれがいいのかな?
意外と地球に優しい走り?

それに車というのはなぜかわからないけど走れば走るほど燃費がよくなっていくような気がする、
10万キロを超えた車や10年以上前の車がやたら燃費がよいという話を結構聞く。
本来ならありえない話なのだが私の車も9年たっているのでそれに近いもの、
この燃費なら良排気ガス車でもいいぐらいじゃないの?

今はガソリンはここ10年で最高値ぐらいに高いけどこの燃費のよさでなんとか少しはカバーできそう。

長野市から西へと走り戸隠村へといく、
ここは昨日K氏がここのそばはおいしいといっていたのできてみた。

30分ぐらいでついてそば屋を探すと結構いっぱいあった、
適当な店に入ってざるそばを頼む。
なかなかおいしくてよい感じだった。

でて近くに神社があったので行ってみる、
なんか山の上にあって300段ぐらいの急な階段を上らされる。

上ってみたけど神社自体は全然たいしたことなかった、
そしてまた階段を下りていくとこの時点で足がプルプルいってた、
南米でかなり歩いて脚力がついているはずなのに階段だと通じないのだろうか?

下までおりたときには左足がちょっと痙攣みたいになっていた。

年かな、と思っていたけど実はこれはまったく別の要因だった・・・

車に戻って足の回復をまってまた走り出す、
ここはかなりすごい峠で下りで右へ左へとくねくね曲がる、
私の車はRVなので重心が高くてコーナーリングはかなり弱い、
まあこの車はマニュアルなのでエンジンブレーキで調整できるからいいけどオートマだったらかなり大変。

どんどんおりていくと、
かなり下のほうに下りたところで遅い車が前に現れる。

1.遅い車はだいたい無駄にブレーキをかける、
2.カーブにあるミラーをさっぱり見ていない、
3.そしてだいたい都会のナンバーである。

という3つの共通点がだいたいある、
1.は下手なのでブレーキどれぐらいかければいいか、タイミングがどの時期かわからなくて、
コーナーではない直線とかでもブレーキかける、後ろにいる人大変よそんなことされると。

2.は下手は本当に見ていない、
コーナーにあるミラー見れば対向車が来ているかどうかわかるんだから、
早く曲がっていってもよいとか最悪隣の車線に出ても大丈夫というのもわかる。

それに実はコーナーにあるミラーはそれ以外にコーナーの角度もわかる。
自分に対して直角(正面)にミラーが取り付けられているほどコーナーがきつく、
90度になるとほとんどU字コーナーになし、あまければ浅いコーナー。
100%じゃないけどだいたいあっていて初めて走る山道ではかなり役に立つ。

教習所では教えてくれないけど考えればわかることだよねー、
下手はこういうこと一切関係なくミラーみていないからそりゃコーナーで遅いよ。
ついでに下手はルームミラーとかサイドミラーも見てない、
あきらかに後ろにつけられていてついでにさらにその後ろも車がいてと大渋滞になっているのにまったく気にせずマイペース、
私だったらすぐにでもよけるぐらいなのだが下手は見てないのでさっぱり関係ないです、
まさに手に負えない下手なドライバー。

3.はやっぱり都会は山がなくてこういう道を走ったことがない、
ついでに日曜日だけのドライバーとか多い、
なので基本的に都会のナンバー=運転下手
という構図が成り立つと思います。
もちろん中にはうまい人とかもいるだろうけど、全体としてはこの公式に当てはまる。


ということでこんな車が前にいると後ろで運転するのは大変、
だって何にもしないでも追いついてしまう、
ブレーキ要らないところでかけて、減速しすぎでコーナーに入っていって、
そりゃおそいよねー、マニュアルだとエンジンブレーキいっぱいにかけても追いついてしまってブレーキをわざわざ踏まなければいけない。

こんな風に書いているけど、
私も全然早くないし、無茶な走りしてないから。
なにせもとがRVで重心高いので下りのコーナーなんか大変大変、
ちょっとオーバースピードで入り込んだだけどタイヤ鳴りまくり、そしてすべることもある。
その限界が普通のセダンなら全然いけるのに私の車だと40kmぐらいが限界、
これぐらいだと普通のコーナーでもタイヤがなる、
まだグリップはなくならないけどうるさいしタイヤに悪そうだから鳴らないスピードで走ってる。
それに対向車線には基本的に出ません、
まあ車が車なのでちょっとしたコーナーでもGがすごいから逃がすために多少出ることはあるけど、
対向車線をつかってまで走るということはさっぱりしない。

こんな模範的(ではないか)な運転でしかも遅いRVに追いつかれるセダンってどうなの?
遅すぎるでしょう?

なんか遅いインプレッサ(本当はすごーく早い車)とかもいたねー、
一応コーナーの入り口で外側にでてそこからインに切り込んでコーナーの出口でまたアウト側に戻るという、
いわゆるアウト・イン・アウト走行をしてるんだけどー、
インの切り込み全然甘いの!

なんか前輪がインの白線の外を普通に走ってる、
セダンだとそれでもいいのかもしれないけど、
やっぱりそれでは早く走るのは無理だよねー。

インはできるだけ内側へと切り込んでおくと、
走行距離も短くなるしコーナーもそれだけ甘くなる。

私の車だとちゃんとしっかり内側に切り込まないとすぐタイヤ鳴る、
この車で無理なく早く走るにはまさに最低限必要なこと。

意外とこの車はコーナーでの性能は悪いけどその分運転の技術が上がるみたい、
普通のセダン乗るとこれでも大丈夫なの?これでも?
みたいにいくらでも早く走れるようになります。

ちなみに私は全然峠を攻めるとかそういうの興味ないのであしからず、
必要最低限の無理ないスピードで走るのが私の基本、
なので馬鹿みたいに無理して早く走っている車とかが後ろにきたら、

あーまた馬鹿なのきたねー、
ご苦労さん、そのうちどっかで事故って死ぬね、
などと思いながらあっさり譲る。

私の運転はつかまらない程度で早く走るだけです、
もちろん命にかかわる危険なことしません。


はなしそれたけど、
遅い車は国道406号にでたら別の方に向かっていっていなくなった、
また調子よくはしっていったんだけど国道なのにこの道はすごい峠だった。

一応長野市から白馬へと抜ける道なのにこんなにすごくていいのか?
冬なんて走れるのかなー。

また途中から遅いのが現れてゆっくりになる、
で、ゆっくりになってから気づいたけどなんか左足いたい、
さっきの戸隠村で階段上り下りしたときも左足が痙攣していたけど、
どうもよく考えるとこれはクラッチのせいなのでは?

クラッチを私はかなり良く使う、
そしてクラッチは左足でやるけど結構重い、
ブレーキとアクセルは全然軽いし、思いっきり踏まなくていいけど、
クラッチはちゃんと下まで踏まないと変えられないのでかなり力を使う、
どうやらこれのせいで足が痛くなっていたようだ。

マニュアルは燃費がよくなるのはいいけど左足はかなり疲れることになりそう、
このままではこの旅が終わるころには左足だけすごいことになってそうだ。
トラックの運ちゃんとかはどうしているのだろう?
職業ドライバーとかは左足だけめちゃ太いんじゃないのかなー。


そんなことを考えている間に白馬へとたどり着く、
一応白馬でなんかみていこうかと思ったけど何にもなくてすぐに北へむけて走り出す。


どんどん北上して行き、ついにこの旅3県目の新潟県にはいる、
新潟県に入ってしばらく進んでから駒ケ岳のちかくでまた山道へと入っていく。
今日のキャンプ場はかなり山奥にあるみたい、
どんどん辺鄙なところへと進んでいく。

道にいくつも熊注意!の看板が立っていた、
明らかにこんな山奥のキャンプ場に人がいるとは思えない、
また熊に怯えるのかなー、
でもここは本当にかなり山奥でかなりやばそうだ、大丈夫かな・・・。

そのまま山を登っていくとやっと三峡パークというところにでた、
ここは別に何もないけどキャンプ場だけがある。

行くと2つもテントがたっていた、
これなら大丈夫そうだ、
もう4時半だし早速テントを立てようと思ったらなんか連絡はしてくださいと書いてあった。
電話番号も書いてあるんだけど市外局番かいてないんだよねー、
携帯から連絡するのにそれなかったらどうやって電話しろというのよ?
うーん、どこの馬鹿がこの文章を作ったのだろうか?
キャンプ場のあちこちにこの文章があるけどなんともならない、
村までは15分ぐらい山道を下っていかなければいけない。

まあテントサイトはいくらでもあいているし、無料だからいいだろう、
管理人がきたらそのときいうということで勝手にテントを張ることにする。

テントを張ってあとは日記を書いたりしてまったりする、
ここは虫がすごく多くてちょっと大変。

こんなことをしていて日もほとんど暮れかかった7時ごろに管理人みたいな人が来た、
さっそく泊まりたいというと名前とか住所を紙に書いてそれで終わりだった。

どうせ下まで下りていっても村で食事をするところはなさそうなので今日はカップラーメンを食べることにする。
炊事場があるのでそこで水をもらってもってきた小型のガスバーナーでお湯を沸かして食べる。

この間に雨が降ってきた、
もともと遠くのほうで雷が鳴っていたので降りそうではあったけど、
まあ夏だし、一雨降ればすぐやむものだろうと思っていたが意外とやまない。

テントに行きパソコンでHPとかをかいたりしてすごす、
雨はその間も降っていてどんどん強くなっていく。

そして午後11時に寝る。

しかしこのあと雨はさらに酷くなり集中豪雨のようにすごい雨となる、
そして雷もどんどん近づいてきてついにキャンプ場近くにも落ち始める。

山で雷鳴るとかなり怖いです、
まさかテントには落ちてこないだろうけど、
雷の轟音が山彦を起こしてあちこちで共鳴して迫力満点。
しかも雨はとんでもない強さ。

まあ雨のほうはこのテントはまだそんなに古くないし、
それに下は今回の旅用に新調したかなり厚めのブルーシートを敷いてある、
これから浸水することはありえないのでいくら降ろうが関係ない。

しかし私のキャンプ史上(といってそんなにたいした回数じゃないけど)最強の雨、
風よりはましだけど、浸水し始めたらとんでもないことになるな・・・

雷と浸水に怯えながら3日目の夜が過ぎていった。




3日目終了

本日の会計 5,800円(ほとんどガソリン代)

通算 12,200円(1日平均4,067円、早くも1万円超えた・・・)



本日の移動 長野市 → 白馬 → 新潟県糸居村

移動距離 112km  全移動距離 504km

ガソリン代 3,930円  合計 3,930円

燃費 390km/30.75L = 12.7km/L

投稿者 nabe : 02:16 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月10日

第四話 「南米以来の再会」

北の国から '05 8月10日(2日目・水)
第四話 「南米以来の再会」


8月10日の写真

夜は午前3時ぐらいに目が覚めてそれから寝られなくなる。
夜起きていて早朝に寝るという生活を続けていた結果かな、
昼間眠くなるから運転中に眠くなるとすごく困る。

どうにも寝られないので午前7時に起きて出発する準備をする、
気温は25度で涼しくてちょうどよいぐらい。
でも天気は曇っていて涼しいのはいいけど雨が降りそうでもある。

今日は夜は南米旅行であった人に会いに行くのでそれまでは時間がある、
あんまりやることないので近くにある上高地に行くことにした。
前に行ったことあるけどよいところだった、でも金がかかるのが難点。

テントをたたんでキャンプ場を出るともう8時だった。

とりあえず山を降りてセイユーに行き朝食、昼食、それと他に食料品をいくつか買う。

そして車で朝食を食べていたら早くも雨が降ってきた。
まあどちらにしても今日の最終目的地は長野市、
上高地も同じ北の方向にあるのでとりあえず松本市へと向かって走り出す。

雨はさらにつよくなりいくら暇とはいえこの雨の中を歩く気にはならないというレベル。
さらに眠気も襲ってきて途中でコーヒーを買って飲みならが何とか運転していく。

雨は9時ぐらいにはとりあえずやんだ、
まだ曇っているけど大雨にはなりそうにないので上高地へと向かうことにする。

松本市で国道158号に乗り換えて西へと進む。
車はこのあたりからは他県ナンバーがふえてきた、
さすが上高地、そして夏休みお盆前、
平日でもこんなに来るとは。

しかも進んでいくとお土産屋とかダムの博物館とかの駐車場もいっぱいになっていた、
この分だと上高地の駐車場ももういっぱいなのでは?
ちょっと出るのが遅かったかな・・・
まあどうせ時間はあるのでと、とりあえずそのまま進んでいく。

10時20分ぐらいにつくと駐車場は普通にあいていた、
上高地はマイカー規制で手前の沢渡という町にある駐車場に車を置いてバスで行かなければいけない。
この駐車場の中で一番いいのが一番手前(=上高地から一番遠い)駐車場、
シャトルバスがここから出発するのでここだとほとんど必ず座ることができる。
このあとの駐車場だと混んでいて座れなかったり、下手すると乗れなかったりすることになる。

どうせどこでも駐車料金は1日500円なのでここが一番いい、
そのベストの場所がまあ結構車はとまっているけど普通にとめれた。

さっそくとめて歩くようにシューズに履き替えて傘とかお昼用のパン、お茶などをバックにつめていく、
そしてシャトルバス(往復1800円)のチケットを買ってバスに乗る。
バスは結構頻繁に出ているようですぐに出発した、
バスもなかなか混んでいるけど立っていく人はいない程度だった。

30分ぐらいで上高地の最初のバス停「大正池」につく、
大正池はこの上高地の名所のひとつ。
ほとんどすべての人がここで降りる。

おりて1分も歩くと大正池につく、
ここも平日なのに人がいっぱいいた。

そしてやはり大正池はかなり綺麗でよい感じ、
ちょっと天気が悪いのがいまいちだけど、
そのおかげで槍ヶ岳などに霧がかかったりしてちょっと幻想的なのでそれはそれでよい。

しばらく見て遊歩道を歩き出す、
前回きたときは日帰りで忙しかったので今日はゆっくりと歩いてまわる。

田代池とか梓川の綺麗な風景を見ながらまったりを歩く、
やっぱり日本の景色が一番いいねー、
南米も所によってはよいところはあったけど、
全体としてはやっぱり日本の落ち着いた感じの緑が一番。

森林浴を楽しみながら河童橋までたどり着く、
河童橋も上高地の有名な名所のひとつ、
まあただの普通の吊り橋なんだけど場所が穂高連峰を見渡せる位置にあり、
綺麗な梓川の上に立っているので景観がすごくいい、
でも人もすごくいっぱいいる。

ここまでで1時間ぐらい歩いてもう12時を回っていたので持ってきたパンを食べる、
食べながら歩いている人を見てみると結構外人さんもいる、
前に来たときはさっぱりいなかったけど、
万博が愛知でやっていることもあってか結構いる、
中国人、台湾人、韓国人の人が多いみたいだけど欧米系の人もいる。

意外と上高地も国際的になってきたのかな。

食べ終わってさらに奥の明神池を目指して歩き出す。
雨はたまに降ったりやんだりしていたけど大雨になることはなく傘はいらないぐらい、
しかもそのうち晴れてきて日がさしてきた。

上高地は標高1500mもあるのでこの時期でもかなり涼しい、
曇っていると風が吹くとTシャツ1枚では寒いぐらい。
夏は涼しくていいねー、まあその分冬は住めたもんじゃないだろうけどね。

明神池は河童橋からさらに1時間、往復で2時間かかるのでそこまで行く人はかなりすくなくなる、
やっと人ごみから外れて静かに歩くことができる。

よい雰囲気で歩いてもまったく疲れることもなく1時間で明神池につく、
ここは別に300円取られるけどまあここまできて見に行かないわけにも行かない。

明神池はまあ普通の池?見たいな感じだったけど、
当たりがよい雰囲気だったから慣れてしまっただけかも。

また別ルートで河童橋まで戻ってくる。
戻ってくる途中にデジカメのメモリーカードが壊れる。

デジカメは前のものがかなり調子悪くなったので新しくした、
その調子が悪いというのがメモリーカードエラーがでるからで、
それがでると今まで撮っていた写真がすべて消えてしまうという、
デジカメではあってはいけない不具合。

一応メーカーにも出してみたんだけどおかしいところはないということで返されたので、
じゃあつかいものにならないだろうということで新しいデジカメを買った。

でもまたメモリーカードエラーがでたので、
どうやらデジカメじゃなくてメモリーカードだったようだ、
でも256MBを2つ使っているのにどっちでも起きるとしたら普通デジカメだよねー。

ただ私が使っているメモリーカードは安さ一番でどこの会社かわからないようなものだから、
どうもそれがいけなかったようだ。
南米でも苦労したしやっぱり安物はあんまりよくない。

おかげさまでせっかく上高地の写真とかをいっぱい取ったのにすべて無駄に・・・、
とおもったらさすがパナソニックのLUMIX、
PENTAX(前のデジカメの会社)とかいう聞いたこともない(まあ有名だけど三流)の会社とは違います!

電源何回か入れなおしたら元に戻ってまた取れるようになった、
これでなんとか写真がすべて消えるということはなくなった。

でもどっちにしてもこのメモリーカードはさっぱり使い物にならない、
この旅の間はしょうがないとしても帰ったらちゃんと日本製のよいものを買うかな。


河童橋まで戻るともうやることがないし、
結構時間がかかってしまいもう15時近くだったので急いでバスターミナルへ行く、
バスは頻繁に出ていて列を作っていたけどすぐに乗れて出発する。

30分ぐらいで駐車場に戻り出発したらもう16時過ぎだった。

急いで長野市を目指す、
でももちろんすべて一般道。

2時間ぐらいでつくかなーと思ったけど意外と遠くて2時間半近くかかってやっとつく。

18時半過ぎでちょうど夕方のラッシュの時間、
車いっぱいでしかもどこ入っていいのかもわからないので、
とりあえずあう予定のK氏に連絡を取る。

すると県庁から近いということだったので県庁の駐車場にとまってまつ。
10分ぐらいで無事会うことができた。


K氏とあうのは南米旅行の中でも遥か昔のペルー・ボリビアのあたり、
ペルー南東部のクスコという町の日本人宿であって他にも何人かと一緒にマチュピチュへといった、
そのあともチチカカ湖があるプーノという街まで一緒にいった。

ここで私はチチカカ湖の中の村で一泊して、
K氏や他の人は時間がないということでボリビアへといったのでここでお別れ・・・

と思ったらなぜかチチカカ湖から帰ってきたら前日に一緒に泊まったホテルの部屋にK氏の荷物が置いてある。
うーん、これはどういうことかな?
ここからはボリビアに行くしかないからボリビアに日帰りで行って戻ってくるということか?
じゃあまっていればあえるなと思ったのになぜかその夜に帰ってこない。

特に置手紙とかないし、どうなっているのだこれは?
まあ国境を通り抜けることができなかったのだろう。

といことは明日の朝一番でバスに乗ってくるはずだから、
私は逆に朝一番にボリビアへと向かうからどこかですれ違うことになるな。

やっぱりもう会えないか・・・

と思ったらなぜか昼過ぎにボリビアの国境の町でまったりしているところを偶然見つけた。

短期旅行で時間ないはずなのになんでこんなとこでまったり?
まあよくわからないけどいろいろと縁があるのかな。

とにかく劇的?な再会をはたして車は近くに24時間1000円という安い駐車場があったのでそこにとめてK氏のマンションに行く。

そしてすぐにK氏の運転で長野市唯一の温泉へと行く、
なんか免許取ったばかりでしかもあんまり運転していないみたいでかなりやばそうな感じだった。

温泉はさすが長野だけあって長野市なのに周りが山に囲まれていて露天でちょっとよい雰囲気、
せっかくなのでゆっくりつかっておいた。

そしてでて体を拭いて体重計があったのでせっかくだから計ってみようとのったら

62kg

とかでてきた。
おかしい家で計ったときは63kgぐらいあったはずなのに、
それも少し前でそのあとはぐーたらな生活をしていて、
食べる量はそんなに多くないけど間違いなく太っていると思ってた。

まあ家の体重計は針のものでこっちのはデジタルだから、
今までが正確じゃなかったということか?

南米旅行で激ヤセしてきたけど、
その後日本ではグータラな生活しているからどんどんリバウンドすると思っていたのだけどなぜか戻らない。

最近ちょっと病気じゃないかと不安になるんだよねー、
食べているのに、動いているのに、太らないっておかしいよなー。

この旅が終わったらちょっと精密検査受けた方がいいかな・・・


温泉を出てK氏のマンションに戻り、
そこから自転車で近くの飲み屋へとのみに行く、
旅行の話をしたりいろいろ話をして面白かった。

戻ってきた後も焼酎を飲んで話をしていたら午前0時を回っていた、
私は旅行中なので起きる時間適当だけどK氏は働いているのでさすがに夜遅くは大変だからということでそのまま寝る。

今日は上高地ではちょっとお金を使ってしまったけど、
飲み屋代をおごってもらったので意外とお金を使ってない方かな、
でもこの旅はそもそもいくらぐらいで終わるのだろうか?
10万円ぐらいかなーと思っていたけどそれは完全南米感覚で無理そうな感じ・・・




2日目終了

本日の会計 4,840円

通算 6,400円(1日平均3,200円)



本日の移動 長野県伊那市 → 上高地 → 長野市

移動距離 184km  全移動距離 392km

ガソリン代 0円  合計    0円

投稿者 nabe : 23:03 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月09日

第三話 「旅立ちの日」

北の国から '05 8月9日(1日目・火)
第三話 「旅立ちの日」


8月9日の写真

今日はやっと旅行が始まる日、
でも昨日はやっぱりいろいろと準備や旅行先のキャンプ場などのデータ収集に忙しくて寝たのが午前4時。

当然朝早く起きれないので午前10時に何とか起きる。
そして衣類とか石鹸などを準備する。

そう、実はそれも準備できていなかったんだねー、
トラベルブルーにしても準備遅すぎるよねー、
でもこのままやっているといつになっても旅立てそうにないので今日はなんとしても出る。

もともと海外旅行用の荷物リストがあるのでそれをもとに集めるだけだからそんなにはかからない。

1時間ぐらいで終わって、
今度は車への積み込みをはじめる。

テント用品とかはすでに入れてあったけど、
いざすべてのものを持ち込んでみると荷物結構いっぱい、
車だからいくらでも持っていけるなーと思っていたのに予想外に入らなくてちょっと減らしたりした。

そんなことをしていたらいつの間にやら午後1時過ぎ、
今日はそんなに遠くまではいくつもりがないけどそれでもあんまり遅いと暗くなってテントを張るのが大変になるので大急ぎで出る。

国道41号を北へ北へと向かっていく、
途中でお昼を食べて国道19号にのりかえて北東へと進んでいく。

今回の旅は基本的に全部一般道、
なにせバックパッカーなのでお金はなくても時間はある、
それに高速は意外と燃費が悪くなる、
その分走る距離が短くなったりするのであんまり変わらないかもしれないけど、
どうせ時間はあるし、ガソリンも今は高いのですべて下でできるだけ安く済ませる。

走っていくと早くも問題発生、
都市部なのでスピードがあまり出ないし、標高も低くてかなり暑いのでクーラーをかけて走っている、
でもクーラーをかけていてもお尻のあたりから膝ぐらいまでは、
どうしてもシートと密着するので暑くなってしまう。
ハーフパンツをはいているけど汗をかくのでこのままだと洗濯が大変になる。

このままではいけないということで、
まあどうせ見えないし、脱いじゃえばいいんじゃないの?

さっそくハーフパンツを脱ぐ、
これはかなり快適、
なんならさらに下も脱いでも・・・

と思うけど、さすがに一応隣の車とかから見えないこともないのでやめておいた。
まあこれだけでも十分おかしな人。

これで快適に車を運転できる。

道はしばらくはずっと混んでいてかなり時間がかかる、
午後4時過ぎになってやっとちょっと空いているところまででられたのでスピードが上がる。

どんどん進んでいって長野県に入りさらに進む、
今日は諏訪湖から30kmぐらい南にある箕輪ダムというところにある無料のキャンプ場をめざしている。

ほとんど一本道で国道19号を走っていき、
最後に国道316号にはいって西へと進んで国道153号にでればあとはすぐそこ。

その国道316号に入るところに午後6時ぐらいにつく、
この分だとちょうど日も落ちないぐらいにキャンプ場につきそう。

とおもって316号に入ったらすぐに、

災害で通行禁止

という看板が立っていた。

タイミング悪い、もっと早くわかっていたら別の道からでもいけたのに、
ここまできてしまうともう通り過ぎてまた戻ってくるしかない。

ただでさえ日が落ちそう出し、ガソリンは余計にかかるしといいことなしの迂回。

20分ぐらいさらに北に走ってやっとまた西へといける道に出る、
県道254号だけどこれがやたら細い道、
雰囲気は緑に囲まれていて良い感じなんだけど、
前から車来るとすれ違うためにどちらかがバックして待避所までいかなければ行けない、
峠道でスピードも出なくてやっと153号に出たら6時40分をまわっていた。

だんだん暗くなってきたので大急ぎでキャンプ場へと向かう。

ちょっとわかりにくいところにあるキャンプ場だったけど、
ちゃんと看板が立っていて午後7時過ぎに何とかたどり着く。

結構広くて芝生でよいところ、
でも他に誰もテント張っていない、
そして人里から離れている。

また熊さんにおびえなければいけないかな・・・。

とにかくどんどん暗くなっていくので急いでテントを立てる。
7時半にたておわったときにはあたりはもう真っ暗になっていた。

暗くなってしまうとやることがない、
幸い車で10分ぐらいで町に降りれるので夕食をたべにいく。

夕食を食べてちょうどそこに24時間営業のセイユーがあり、
駐車場がやたら広くて明るかった。

これはちょうどいい、
ということでここに駐車して日記を書いたり、パソコンでWeblogの文章を書く、
ついでに1日分書き終わったのでairHを使ってアップもしておいた。

そんなことをしていたら午後10時半を過ぎていて、
疲れたのでキャンプ場へと戻る、
街灯とかも一切ないので完全に真っ暗。

しかもちょっと雨がぱらつき始めてきた。

1日目にして早くも大変なキャンプになるのか?

まあとにかく疲れたのでさっさと寝る。


寝てみてはじめて気づいたのが、
そういえば寒さを気にしないでキャンプするの初めてだ、
ということ。

しかも実は私は国際派なキャンパーだった、
というのも日本でキャンプしたのは実は今日で3回目、
それに対して2004年の10月に行ったアメリカでは10日ぐらいキャンプしてた。
海外の方がキャンプ多いというのも珍しい。

で、アメリカはというとまさに寒さとの戦いの日々だった、
なにせ10月でもすでに雪が降ったりするようなところで、
気温は常に一桁前半からマイナスに達することすらあった。

テントの中は寒くてとにかくテントに入ったらあとは寝袋に包まって寝るだけ、
というような感じだった。(寒くてパソコンとかやるのも手が冷たくて大変)

日本ではというと、
1回目は初めてということでまだましなところだったけど、
やっぱり寝袋なしではちょっとつらいような気温。

そして2回目は世界遺産白川郷の中にあるキャンプ場で、
例によって1人で熊さんに怯えながら気温一桁でのキャンプ。

なんか劣悪な環境でしかキャンプしてないような気がする、
こう考えると意外と私はキャンパーレベル高いんじゃないの?
もう中級者ぐらいでいいのでは?

とにかくこれらに比べると今日のキャンプはまさに天国、
だって気温25℃とかあるんだよ、
今までは服をフル装備で寝袋に入ってそれでも寒さ震えていたのに、
今日はTシャツに下はトランクスでOK、
しかも寝袋なんて暑くていらねー、
この格好でちょうどいいぐらい。

こんなよい環境だとキャンプも楽でいい、
いままではキャンプ=大変なもの、というイメージしかなかったけど、
そのつもりできていたからこれは今回の旅はかなり楽なんじゃないの?
と思えてくる。


あんまり関係ないけど、そういえば文章書いていて今ふと思い出したけど、
こういうよい環境のところでキャンプしたことが他にも一回だけあった。

それはこの前の南米旅行の旅でいったイースター島、
まあいろいろあってイースター島はキャンプ生活をした。
4泊ぐらいだったけど、ちょうど夏だったので暖かくて同じようにTシャツで寝袋なしで寝れた。

でもねー、
イースター島は暖かいを通り越して暑かったんだよねー、
原っぱのようなところでキャンプしてたから日当たり絶好調で、
そもそも気温が35℃とかあるのに日が当たるからテントの中は40℃以上になってた。

4日もいるとやることなくてその中でも寝ていたりした、
意外と大変な環境でもあったかな。


思い出しついでに、南米では他にももう一回キャンプをした。
それは南米の南部に広がるパタゴニア地方、
トレッキングをする人にとっては聖地のようなところらしく、
迷トレッカーとしては行っておかなければということで、
テント用具一式と食料などを担いで4泊のトレッキングキャンプにでかけた。

4月の初めだったけど、そこはパタゴニア。
なにせ緯度がかなり高いのでこの時期はもう冬寸前、
冬はマイナス10度を越えるというところなので、
この時期でもしっかり気温は一桁前半まで下がる。

しかもテント、寝袋などはすべて一式借りたもので、
寝袋はでかい割には性能いまいちでやっぱり寒さとの戦い、
なかなかきつかった。

さらにそれに加えて移動しながらキャンプをしていって、
あるキャンプ場がやたら強風がふくところがあった。

ちょうど谷を出たようなところで谷からの風が加速されてそのキャンプ場にあたるみたい、
なんでそんなところにキャンプ場を立てるんだチリ人?
せめて木を植えるとか風対策をすればいいのに、
普通に原っぱのようなところ。

常に強風でテントを立てるのも1人だとかなり大変、
立てた後も風がすごいので重石として石をテントの中にごろごろ転がす、
ペグとかも風で抜けるので大きい石を置いたりしてとばされないようにする。

そして夜、
このキャンプ場のあたりは気候が不安定で夜になると雨が降っていた、
そして風は常に強いけどその中でもさらに強い風が3時間の間に1時間ぐらいふく、
それがきたときは風に飛ばされないようにひたすら願うのみ・・・

このキャンプ場に2日間泊まったんだけど、
毎日夜になると悲鳴が聞こえるんだよねー。

キャー!
オマイガー!
とかいってなんかすごくあわててる。
(だいたい欧米人はカップルなので女と男の悲鳴が聞こえる)

ああ、またどこかでテントが飛ばされたか、壊れたんだな。
こんだけ風が強いところなんだからちゃんとテント立てなくちゃダメだよ、
雨の中どうするんだろう・・・

とか考えながら強風が去るのを待つのが日課だった。

いや、まじで風速20mぐらいあったと思うよ、
だって朝起きたらテントをとめる用のロープが風で切れてたからね、
そんな細いものじゃないのにどうなってるのよ、
まあテントはいつもかなり傾いていたね、
よくこれで壊れないものだと感心するぐらい。

こう考えると登山をする人とかはおいておいて、
普通にオートキャンプとかをする人のなかではすでに上級者なみでよいのでは?


こんな無駄なことをいろいろ考えながら1日目の夜が過ぎていった。




1日目終了

本日の会計 1,560円

通算 1,560円(1日平均1,560円)



本日の移動 長野県伊那市箕輪町キャンプ場まで


移動距離 208km  全移動距離 208km

ガソリン代 0円  合計    0円

投稿者 nabe : 22:38 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月08日

第二話 「国内でもトラベルブルー発生!」

北の国から '05 8月8日(-1日目・月)
第二話 「国内でもトラベルブルー発生!」

今日は旅行マイナス1日目です。
本来なら1日目がすたーとするはずでしたが、
準備間に合わなかった。

今回の旅もアメリカ旅行のときなどと同じようにパソコンで音楽を聴きながら運転するつもりだった。

それが南米旅行をしているときに全然曲数がたりなくて、
同じものを何回も聞くという始末。

まあ7ヶ月も旅するのに300曲ぐらいしかないんだから当然といえば当然。
ということで今回の旅用に昔のCDなどからMP3データを大量に作ることにした。

まあそれらは結構時間がかかるんだけど早めにやっておけばまったく問題ない話、
そこで今回のお題のトラベルブルーが大きく影響する。

もともと海外旅行に行くときは毎回起きるもので、
結婚まじかの人がかかるマリッジブルーと同じで、
旅行の始まるちょっと前になると旅行に行くのがめんどくさくなる、
どうでもよくなるというもの。

旅行は好き勝手に自分の思うようにやるとはいえ、
やっぱりいろいろと大変なことも多いのでそれがめんどくさいなーと感じることでおきる。

南米旅行の前は結構酷かった、
大変さに比例して症状は重くなる傾向にある。

でもこれって私だけなのだろうか?
それとも誰でも大なり小なりこんな症状が旅行前には出るものなのだろうか?

私は意外とめんどくさがり屋でしかも心配性なのでトラベルブルーはいつも結構酷い。

しかしさすがに今回はなにせ国内旅行、
日本語が通じるし、なんでも現地調達できる、
しかも車でまわって車でも泊まれるので宿とかもまったく困らない。

まさに長期旅行の中では一番楽な条件といえる、
だからさすがにトラベルブルーにはならないだろうなーと思っていたけど、

しっかりかかった!

そこまで酷くはないけどやっぱりめんどくさくて行きたくなくなる。

そんな感じだったのでとりあえず出発日だけでも決めてしまおうということで、
お盆になって道が混む前にある程度進むと考えて8月8日月曜日にでることにする。

それにあわせてまあ少しずつ準備はしていったけど、
やっぱりトラベルブルーのせいでなんか乗り気にならない。

そんなわけでCDからMP3への変換作業も始めたのは出発前日の8月7日だった、
それに加えて昨日分にかいたようにインターネット接続のトラブル発生、
これを直すのにも結構時間がかかった。

しかも実は東北と北海道のガイドブック買ったのも8月7日、
一応図書館で他のガイドブックをちょっとは読んだけどほとんど何も勉強していない。

あとは無料のキャンプ場がどこにあるのか調べたり、
前日なのにやること盛りだくさん。

さすがに午前3時を過ぎた時点で、

もう無理!

とあきらめざるを得なかった。
海外旅行だと飛行機なので待ったなしだけど、
今回は自分で勝手に車で行くだけなのでいくらでものばせる。
(逆にそれが怖いから出発日を早く決めたんだけど)

ということで出発日が明日に延びてこの日はマイナス1日目になってしまいました。

なんかでだしから先行き不安な旅だねー、
準備でいろいろ調べ物をしていてここ数日は毎日日が昇ったあとの午前6時とかに寝てる、
そのおかげで昼間はやたら眠くなる。
ちゃんと6時間とかねてるのに午後3時とかになるともう眠い、
かなりおかしな体になってきた。

旅に出れば夜は暗くて何にもできないし、テレビも何もないからすぐ寝ることになるはずだから、
なんとか早く旅行に出て規則正しい生活に戻らなければ!


追記:
この北の国からの日記は一応毎日書く予定なので、
アップの日付は書いた日じゃなくてその日記の日付にアップしていきます。
なんとかできるだけ遅れないようについていくつもりです。

今日はもう8月11日の夜で早速かなり遅れてるけど、
頑張って書いたんだけどインターネットつながらないです。
相当山奥なのに携帯つながるんだけどPHSはダメみたい、
やっぱり今はPHSはダメなのかな。

投稿者 nabe : 22:36 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月07日

北の国から '05 第一話

北の国から '05 8月7日

第一話 「旅の準備は大変」

7ヶ月に及ぶ南米旅行から帰ってきてはや1ヶ月がたとうとしている。
南米でちょっと海外旅行に飽きたのでここはリフレッシュと次の旅までの時間調整もかねて、
北海道まで車で行く旅に出てみることにした。

幸い車は家のお仕事をちょっと手伝えば(手伝わなくても)貸してくれるので、
とりあえず家に戻ったら家事手伝いをしてみた。

そしたらこれがまた予想以上に大変で、
測定して配管とサポートの図面をかくのだけど、
測定するのもすべてセルフサービスなんだよねー。

まさか一人では測れないのでということで浸けてくれたのは、
経験1ヶ月ぐらいのアルバイト1人のみ。

しかもほとんどルートとかも決まっていなくて、
測定するだけでも2日近くかかった。

そこからちゃんと私がいなくなっても作れるようにといろいろやっていたら、
図面をおこすのに2日かかり、
その図面があっているかの最終チェックにまた1日現場に出かけて行ったりしていたら、
なんだかんだで6日ぐらい使ってしまった。

大変だったねー、
ダメ人間生活から、朝6時おきの7時から仕事、
夜は他の人が帰ったあとも1人パソコンに向かう日々。

ああ、そういえばこんな会社だったな、
懐かしいけどやっぱり図面書けると仕事増えて大変だな。

5日ぐらいたったときにふと思ったことは、

たしか2週間ぐらい前まで南米にいたんだよなー、
7ヶ月に及ぶ壮大な旅をしていたような気が・・・、
あれは夢だったのか?

と思えるぐらい仕事にどっぷりだったねー、
図面も久しぶりなのにかなり絶好調で元の図面のおかしいところとかを見つけたりしていた、
この分ならいつでも現役復帰できそう。


そんなことをしていたらあれよあれよという間に時間が過ぎて、
このままではお盆休みに入って人が増えてしまう!
ということで大急ぎで準備をする。

今回はキャンプと車泊を基本とするので、
キャンプはもともと日本やアメリカでしていたのでほとんどそろっているのでいい、
あとは車で寝れるようにと虫が入らないように網を買ったりとか、
日よけを買ったりなどいろいろ準備をする。


だいたい出発の準備は8月7日には終わっていた、
あとはパソコン関係の手配だけ。

今回旅をするに当たり、またまたパソコンをもっていくことにした。
まあ音楽も聴けるしあるといろいろと便利。

そしてそれならインターネットを使えるようにできないかと考えてみた。

どこでもというとairHというPHSのアンテナを使ったノートパソコン用のダイアルアップ接続がある。
PHSなので結構広い範囲が使えて64kBか128kBとちょっと遅いけど、
メール見たりHPでちょっと調べ物する分にはそれでも十分。

これさえあればどこでもHPのアップもできるしかなり便利!

と思ったんだけどねー、
まずそのPHSのカードをかうのに5000円ぐらいかかるみたい、
さらに接続料がやっぱり5000円ぐらいで合計1万円。

いくらなんでも1ヶ月ぐらいのたびで1万円はちょっと高いかなー、
遅そうだし、使い物になるかどうかもわからないしねー。

やっぱやめよ。


と思ったらなんとお兄様がもっているじゃありませんか!
しかも接続量とか払っているのに使っていないという有様。
(まあ家にADSL引いているのに使う必要があるかどうかすら疑問だしね)

貸してくれ!

といったら快く貸してくれた。

まあついこの前ちょうどお兄様が頭でやっている現場が、
お兄様が図面書いて作ったものがはいらなくてただでさえ時間なくてと大変なことになっていた。
兄弟だしということで1日だけいって測定と修正図面をその場で書いてあげた。
それもあってあっさり貸してくれたのかな。

いくらなんでもタダでは悪いので、
じゃあ1か月分だけ接続料を払うということにしておいた。

これでどこでもインターネットの道が開けた!

さっそく設定をする、
お兄様の契約ではairHをつかう通信料が月25時間まで無料というもの、
なのであとはプロバイダーのアクセスポイントの電話番号を指定してあげるだけ。

でも初めてなのでいろいろと大変で、
なんか通信速度も契約によって違うみたいで、
それによってかける電話番号も違い、
つながらなかったりとなかなか大変だった。

でもやっとつながるようになり、
ちゃんと通信することができた。

これで一安心、
あとは旅に出るだけと思っていたら、
出発前日の8月7日に重大なことに気づく。

あれ?
よく考えたら25時間までって通信料じゃないの?
プロバイダー側の接続料金はどうなってるの?

考えるまでもなくそれはもちろん別料金、
私は家では光通信で無制限なのでまったく忘れていた。
家は会社とつながっているので会社のLANでそのままつないでいる。

となるとべつにプロバイダーと契約をする必要が出てくるのだが、
先につないだように私は使っていないけどプロバイダーとも契約している。

それはso-netで、
もともとはHPを作るために契約したんだけど、
それは今は他のサーバー会社に移管してしまったのでまったく使っていない。
でもネットショッピングとか何かの登録などで、
たまに無料のメールアドレス(hotmailとかyahoo)はダメというところもある。

そんなときようにとso-netを残していた。

で、当然使わないので一番安い料金のものにしていた。

so-netのページに移動して恐る恐るその料金での接続時間を見てみると・・・

2時間まで無料
あとは1分/10.5円

めちゃくちゃ高いやん!

まあ安さ一番で選んでいるからそんなものなのかもしれないけど、
それにしても1分/10.5円は高いんじゃないの?

これが500円のコースで、
1000円だと

5時間まで無料
あとは1分/3.15円

となっていた、
無料時間も長いし、
超過した場合の分あたりの値段もかなり安くなっている。

そんなに山ほど使うつもりはないけど、
それにしても月2時間ではせっかく使えるようにした意味もない。

ということであわててコースを変えようと思ったら、
変えられるのは来月分からで今月はもう無理だった。

使いすぎてあわてて変えられないようにするためなのかな・・・、
まあ当然の処置といえば当然だけど私にはかなり困ったことになる。

なんか家族会員というものでコースを追加できるみたいだったので、
それをやってみたけどそれも来月からで断念。

これはまいったなー、
わざわざまた別のプロバイダーと契約しなければいけない、
しかもそれってすぐに使えるようになるのか?

ちょっと途方にくれながら、
まあとりあえず最大手のniftyをみてみることにする。


みてみるとダイアルアップは一番安いので250円からあった、
まあ250円は1時間までしか無料ではないのであんまり意味ない、
あとはso-netと同じで1000円だと5時間ぐらいまで使える、
2100円で使い放題になるみたい。

どれだけ使うかわからないし、
多く使う可能性を考えると2100円かなーとおもい、
まあどこも同じだろうからと契約しようと入力画面に変えたらそこには・・・

入会月の月額料金と超過料金無料!

とかいてあった。

と・い・う・こ・と・は?

どうせ今月と来月はちょっとしか使わないんだから、
一番安いコースで使いまくってやればいいのでは?

ラッキー、さすが最大手のnifty!
気前がいいね。

さらにいつから使えるようになるのか見てみると、
オンラインでクレジットカード引き落としなら即時使えるとのこと。

私がはじめてプロバイダーと契約したあのときは、
わざわざ書類を送ってもらって、
それを返送してやっと使えるようになっていたねー。
使えるまでに2週間かかってたよ。

便利な世の中になったものだ。

さっそく入会申し込みのオンライン登録をしてIDとパスワードをもらう。
(もちろん一番安い250円で契約)

それでairHからつないで見ると・・・

しっかりつながる、
まったく問題なし。

出発前日に問題が発覚したときにはどうなるかと思ったけど、
なんとか使えるようになった。

結構無理やりという感じだけど、
これで快適なインターネット生活が送れそうです。

おかげでこの文章を長野の田舎でもUPできる、
本当に便利な世の中になったものだ・・・。


とりあえず今は長野の松本市のすこし南の伊那にいます。
夜で気温25℃となかなか快適、でも湿度が90%を超えてきたので雨が降りそう。
一日目のキャンプでいきなり雨はつらい・・・

追記:
南米旅行記とかははたしてどうなるのでしょうか・・・、
まああんまり細かいこと(?)気にしててもしょうがないので、
とりあえずしばらくこの「北の国から '05」シリーズを書いていこうと思います。
(これもいつまで続くかだけどねー)

投稿者 nabe : 22:40 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月01日

メール通知機能搭載!

このWeblogのコメントとトラックバックのメール通知機能を搭載しました!

このメール通知機能とは、
コメントの投稿やトラックバックがあったときにWeblogの管理者にそれをメールで送ってくれるというもの。

これだとコメントの投稿があったときにメールが届くので忘れずに返事ができたり、見逃すことがなくなる。

でもそんなのは普段からちゃんと自分のサイトを見ていればいいんじゃないのか?
ということになるんだけど、

なにせこのHPは基本的に一方通行のひたすら発信のみによる作者の自己満足のHP、
なのであたりまえだけどあんまり、というかほとんどコメントとかがない。

まあそもそも超マイナーなページなのでその確率自体が少ない。

こんな閑古鳥がなく(メールで通知する)どころか、閑古鳥さえ愛想を尽かしていなくなってしまう(ぐらいコメントとかに無縁)ような、
このWeblogにこそまさにこの機能は必須のもの、
じゃあ何で今までつかってなかったんだ?
ただの怠慢じゃないのか?
と思われるでしょう。

それにはふかーーーい事情があるんです!

時をさかのぼること去年の11月末、
南米旅行を目前に控えて大忙し、
しかも12月のはじめに資格試験を受けるのでその勉強もあり、
試験を受けて4日後ぐらいに出発でまさに火の車だったとき。

私が使っているサーバー会社から1通のメールが突然来て、
そこには

サーバーを新しくするから自分で新しいサーバーにHPのデータを入れ替えて

とのことだった。
このめちゃくちゃ忙しいときによりによってなんで!

でも南米流行にはHP更新のためにパソコンを持っていく予定、
まさか南米でサーバーのデータを移転しているわけにもいかない。
(データ多すぎて南米の回線速度ではどれだけかかるかわかったものじゃない)

ということで大急ぎでサーバーを移転した、
そのときにこのWeblogも移転したんだけど、
ちょうどこのWeblogソフトの新しいバージョンがでていてそれを使ってみようとした、
でもなんかうまくいかなくて時間もないので元に戻した。

するとそれまでちゃんと使えていたメール通知機能がなぜか使えなくなってしまった。

サーバーの位置が変わったのでいろいろと設定は変えなければいけなくそれをやったあとにこのようになり、
頑張って解決しようと思ったけどどうにもうまくいかなくて時間もなく結局あきらめた。

そのまま南米を旅していたらあるとき私のHPの掲示板から投稿があったというメールが届いた、
この掲示板も同じようなプログラムを使っていてメール通知機能はまったく同じ、
私はサーバー移転してこのメール通知機能がなくなったか、アドレスさっぱり違うと思っていたけど、
これによって私の設定の問題であることがわかった。

そして日本に帰ってきてふと思い出してまた直してみることにする、
しかしネットとかでいろいろ探して試していったけどダメ、
他にもいろいろやってもダメでまた挫折しかける。

もういいかな、このWeblogにコメントする人ほとんどいないし、
と思ってあきらめかけたときにあるページで、
メール通知機能の設定ではプロフィールのメールアドレスを入力しておかなければいけないことがわかる。

このプロフィールはこのプログラムを立ち上げたあとの管理画面でログインパスワードやIDなどを設定するところに一緒にある。
メールアドレスとかなんてどうでもいいでしょ、と思って無視していた。

さっそくそれをやってみると・・・

あっさりメール通知機能が復活する

えーーー、そんな簡単なことだったの・・・。


そもそもこのメール通知機能を使えるようにするのは、
プログラム本体を直接書き換えることによってできるようにする、
そこにメールアドレスを書くところがあったのでそれはちゃんとやっていた、
それでやっているんだからそこで完結していると思うよ普通。

というかわざわざプログラム立ち上げてそこの管理画面からやらなければいけない理由がわからん、
それならメール通知機能を使えるようにするのもこっちでやらしてくれ。

相変わらずアメリカ人の考えることはよくわからない、
効率無視のバカなプログラムのおかげで何人のコメンテーターに

コメント一切無視!

をしてしまったことか・・・
(まあたいした数じゃないけどね、そもそも投稿数が絶対的に少ないから・・・)

これでやっとコメント通知機能が復活しました、
もうコメント一切無視なんてないです!

これまでの無視はすべてこのプログラムを作ったアメリカ人がいけないんです!
すべて不可抗力なので勘弁して!

実はこのWeblogのプログラムは管理者のページにはコメント一覧とかあるんだけどねー、
あんまり投稿ないからいちいち見る気にもならなくてさー、
たまにみると、

あれ?投稿あるじゃん!

いつ?

1ヶ月前か・・・

もう無理だね。

なんてことになってるんだよねー。


とにかくコメントはわかるようになりましたので、
もう無視なんてないから誰か暇な人投稿して!


ついでに掲示板もゲストブックとしてリニューアルオープンしましたので、
このHPの感想とかを質問などあったらそっちに投稿してみてください

ゲストブックへのリンク

投稿者 nabe : 05:22 | コメント (0) | トラックバック