« 2007年01月 | メイン | 2007年03月 »

2007年02月26日

『第三新卒』

いまは第二新卒という言葉があたりまえにあります。

世界を旅していた私にはどういう意味なのかわからなかったので調べてみると、
いろいろ解釈は違うみたいだけどだいたい、

高校、大学など教育機関を卒業して就職したけど3年以内に辞めた人または転職予定の人

のことをいうみたいです。

昔は終身雇用で一度会社に入るとなかなか転職はしないという時代だったけど、
いまは結構あたりまえに転職をしたりする時代。

それは雇用のミスマッチを解消するのでいいことなのだろうけど
大学を卒業して就職した人の第二新卒になる割合が

40%!

ぐらいになっている

いくらなんでもそれは多くないか?

まあ最近の若い人の考え方も変わってきているのだろうけど、
この割合はそれにしても多すぎるのでは?


会社の人事部の能力不足じゃないのだろうか。

いままでは採用をかなり控えていたので少数精鋭で採用していたからあんまり失敗がなかったけど、
ここにきて多く採用するようになりバブル期以来で10年以上ぶりだから選別能力なくなったのか?

まあバブル期もとにかく採用採用だったから選別はしていないので、
実際には20年ぶりとかになるのかな。

それだとさすがに選別能力があんまりなくても仕方がない、
でもいまこそ人材が必要なのにそれでは会社も困るよねー。

それも採用の仕方が悪いからじゃないのかなー、
会社をほめる人を採用しても嘘とはいわないけどその場しのぎの言葉だったら意味ないし、
働く人が求めている仕事とのミスマッチがひどいから辞めるのだろうから、
もうすこし細かく会社のことを採用する前に説明したらもう少しはよくなると思うんだけどなー。

会社のために働きます!
なんていう人を信じるほうがどうかしてるだろう。
どう考えても自分や家族のためでしょう。

でも日本の会社はいまだに会社第一!とか考えている人を求めている気がする。
昔ならいざ知らず今の時代それは無理でしょう。
(昔の時代でも働くのはお金を稼ぐためであって会社を儲からせるためではないけどね、
もちろん会社が儲からなければお金はもらえないけど、第一は自分・家族のためでしょう)

人事部の考えが古いからミスマッチがおきるんじゃないのか?

欧米びいき?な私としては欧米ではあたりまえのように自分がお金を稼ぐために働く、
会社も働かせてあげているなんていう日本的な考えはなく、
必要だから働いてもらっている、というお互い様の感覚。

人生を充実させるために休暇も長く取るし、日本みたいにひたすら働くだけの国は先進国ではなかなか珍しい。
働きすぎて過労死するのも日本人ぐらいじゃないのか?
(ついでに仕事で悩んで自殺するのもね)

まあ日本の採用事情はおいておいて、

そんな第二新卒という言葉ですら私には新しいのに、
さらにいまは第三新卒という言葉もある。

携帯電話じゃないんだからそんなにシリーズ作られても・・・

と思うでしょうが第三新卒とはこんな人のことをいうらしいです。


第三新卒(だいさんしんそつ)は、大学院博士後期課程修了者、もしくは大学院博士後期課程在籍者などの25歳以上の就労経験がない(もしくは3年未満)の就職希望者のこと。

広義の「第三新卒」は大学院人材に限らず、25歳以上で就労経験なし(就労経験3年未満)、もしくは25歳以上で就労経験があっても企業から就労経験がないとみなされてしまう人材(フリーター、専門外への転職組)も指す。


たしかにいまは大学院生がいっぱいいるからねー、
工学部では大学によるけど5割から8割ぐらい大学院に行く人がいる。

博士課程後期まで行く人は少ないだろうけど前期(修士)まで行く人はいっぱいいいる。

修士でも卒業するときには24歳、
第二新卒と同じように3年未満で辞めたら25歳を越えた人になる。

これも第二新卒としては年もいっているし第三新卒と見ていいのではないだろうか?
そもそも博士課程後期は普通に卒業しても27歳になる、
そしたら博士課程後期の人はみんな第三新卒になってしまうじゃないか!

ということで大学院修士卒の3年以内に辞めた人も第三新卒としてしまいましょう!


で、長らく回りくどく説明をしてきましたが、
結局何がいいたいかというと、

私も第三新卒でいいんじゃないの?

ということ。

3年半ぐらい仕事してたけどまあ半年ぐらいオーバーは多めに見てー、
2年間は世界を回っていたのでなかったこととしてー、
そうするとちょっとお年だけど

私も第三新卒でいける!

というわけで、これからは私は第三新卒の求職者ということになりました。

まあ第三新卒という言葉はさすがにできたばかりで知っている人が少ないからあんまり意味ないけどねー。

投稿者 nabe : 01:10 | コメント (0)

2007年02月19日

『非正規雇用が多数派』

最近は非正規雇用(アルバイトや派遣)などがすごく増えているらしいです。

10年前なら派遣なんてほとんどなくてアルバイトでフリーターとさげすまされた?ぐらい。

それがいまや非正規雇用と呼ばれるようになり特に派遣の仕事はすごく増えている。


私としてはこの団塊の世代で一番技術力がある人たちが大量に退職するなかで、
半年とか1年で仕事を変えてしまう派遣社員を増やしてどうする?

いまこそ正規雇用を増やしてできるだけ技術を移管しなければいけないのではないのか?

と思うのだけどまあなかなか難しいのだろう、
それこそ10年以上前からわかっていたのにむしろ採用を減らして今になって人が足りないどうしよう?
とかいっているのはどうなのだろうか・・・

まあ沈み行く日本らしいといえばそれまでだけど。

(海外に人材を求めるつもりなのかな?そうすれば日本でも人はそんなにいらないしね)

そんないまのご時世なので非正規雇用がかなり増えて、いまや全労働人口の1/3近くにまで達したらしい。

その数1600万人超!

いつのまにそんなに増えたのだろう、
とにかく非正規雇用がここ数年ですごい勢いで増えている。

そんな状況なのでいまは非正規雇用はあたりまえの時代。

しかも非正規雇用はやはり若い人の比率が高いのでいまの20代ぐらいのひとではかなりの割合になる。


この勢いだとそのうち全労働人口の50%を超えて行く日もくるのかも。


本題の『非正規雇用の多数派』というのはこのことではありません。

実はすでに多数派は非正規雇用なのです!

20代の労働者では50%の人が非正規雇用に就いている、または就いたことがあるという調査結果が最近出た。

若い人の間ではもはや非正規雇用は多数派になっている、
もう数年もしたら普通に会話に

「派遣ってなにやってた?」

「え、派遣?そんなのやったことないけど?」

「まじかよ、派遣やったことないなんていまどき珍しいねー、
トヨタとか超大手にでも勤めてるの?」

というぐらいに派遣経験がない人の方が珍しいことになるのかな。

これは若いうちに派遣ぐらいは経験しておかないと時代についていけないなー。



最近はちょっと知的路線でブログを作ってます。

特に深い意味があるわけじゃないけど、もともとがあんまり教養がある文章を書いていなくて、
旅行記にいたってはおバカさんなことばかりしているので、少しぐらいは教養があるところを見せておかないと。

という自己満足のためだけです、
あと世界を回って日本に帰って来て日本の常識があまりにも違うのでそれもあっていろいろ書くことがあるからもあります。

まあそのうちまた普通の文章に戻ると思います。

投稿者 nabe : 00:23 | コメント (0)

2007年02月11日

『職業:投資家』

いまは男なのに家事手伝い?みたいなことをしています。

ただ最近は職業というものをどう考えるか?という議論もあるらしい。

というのも本業じゃないものでお金をいっぱい稼ぐ人がいるから。

たとえば普通に働いているサラリーマンの人が本を出してそれがバカ売れしたとする。

そうすると本業のサラリーマンでの収入より本を売った作家としての印税のほうが遥かに多い、なんてこともある。

これぐらいなら長い目で見ればサラリーマンとしての収入のほうが多いからいいかもしれない、
でも大学教授とかがいろいろ本を出したりするともうそれは作家じゃないのか?
というぐらいになりかねない。

そもそも職業となる本業はどのように判断するのか?

どうもいままでは働いている時間で区別していたようで、
収入が多くても基本的には多く時間を使っている職業のほうを本業としている。

でもやっぱり職業は働く時間よりも稼いでいるお金のほうが重要でしょう、
ということになってきてそれなら主な収入源ということで収入が多いほうを本業=職業としようという動きがいまある。


もしそうなったとしたら、

売れない芸人はアルバイトのほうが収入が多いからフリーター

内職をする専業主婦もフリーター

というようになっていく。

ただ逆にいまはサラリーマンでも株とかに投資をしていっぱい利益を上げる人もいる、

この枠組みだとこのような人たちはサラリーマンではなく投資家になってしまう。


私もいまの収入は株の配当だったり値上がりの利益だったりする、
ということは・・・、私は

職業:投資家

になるのかな?

うーん、なんか響きがいいなー、

フリーターではなく投資家!

いや危うくニートなのに投資家!

そう考えると旅をしているときも株の収入があったわけだから

旅人ではなく投資家!


これからは投資家として頑張っていこうと思います。

これで話を終えてもいいんだけどせっかくなので投資家としての今年の取引はというと・・・

一切なし!

まったくなし!

売っても買ってもいません!


予定では日本株は1月に下がる予定だったんだけどねー、全然下がらなかった。
16000円ぐらいまでいくと思っていたのに17000円をちょっと割っただけ。

円安がいけなかったのかな(まあ株が上がる=儲けが出るのだから悪くはないんだけどね)。
思いのほかに下がらなかったので下がったら新しく銘柄を買おうと思っていたので買えなかった。

でも年末には久しぶりに株を売りました。

でも、ちょっとだけね。

10万円ぐらいの利益が出ていた株が6株あったのでそのうちの1株だけ売った。

なんで1株だけかというと、
本当は売らなくてもいいんだけど20万円までは売却益がただになるから。

本来なら10万円の利益が出たらそのうちの10%が税金になるので1万円を国に払うことになる。

ただサラリーマンとかで本業以外に利益がない人の場合は20万円までは税金の対象から控除できる。
(本業以外にアルバイトをしているとかがあるとダメ)

それなら1万円も節約できるのだからまあ久しぶりに売っておくか、
ということでかなり久しぶりに売っておいた。

職業:投資家
の割には売買とか全然少ないのです。

実は株が上がっているといつ売ったものかなーと困って売れないぐらいのなんちゃって投資家なんだけどねー。

まあ上がる見込みがあるから買っているのだけど、それが予想以上に上がるのでどこまで上がるかわからなくなって売るに売れない。

今年も例年通りいい意味での塩漬け株になりそう・・・

とおもいきや!

今年は株の配当や利益の税金の特別控除がなくなる年!

今年の株式は年末にかけてクロス取引が大増加する!

長期に株を持っていて利益が出ている人は、一回売って買いなおすということを全員やります。
(この制度を知らないような知らない人は別だけど、まあ株やってる人ならみんな知っている、はず)

というのも今年までは控除で20%の税金が10%になっている。

100万円の利益が出ていたら税金が10万円でよかったのが来年に売り買いしたら20万円とられることになる。

ということは、今年の年末までで株を売却してすぐに買い戻す

(これをクロス取引とよぶ、正確には同じ株の売り注文と買い注文を同時に出すことをいうんだけどねー、そんなの機関投資家とかしかやらないから、まあやってることは同じなので)

売却と購入には証券会社に手数料を払わなければいけない、
この手数料よりも利益が出ていたらそれは売っておいたほうがお得ということになる。

まあこれも長い目でみて損益と利益の合計がうまくいかないとただ利益が出ているから売ったら儲かる、
というわけにはならないんだけど、まあ売ったほうが得な人がかなり大多数でしょう。


私はというと、もちろん塩漬けのせいですべての株が利益を出している。
まあ長いもので4年以上塩漬けにしていて株はその間は基本的に右肩上がりなので当然といえば当然。

ということで、今年はなんちゃって投資かもクロス取引をしたり、新しい株に銘柄を入れ替えたりと激動の年になる!

予定なんだけどねー、めんどくさくてクロス取引してそのまま同じ銘柄を買いなおして終わってるかも。

一応売買に備えていままでは野村證券でやっていたけど手数料が高くてしょうがないのでe-トレードにも口座開設したから売ったら株はそっちに移管して売買手数料も抑える予定です。


今年は久しぶりに本格的な?投資家に復帰です!
(予定ではね)

投稿者 nabe : 00:28 | コメント (0)

2007年02月06日

『これがぎっくり腰?』

この前の金曜日に腰を痛めた。

私は特にスポーツとかなにもしていないのにやたらと健康体な人、
なのであんまり病気になることもない。

病気とかはおいておいて、
スポーツを良くやる人のほうが逆に怪我とかをしやすい。

スポーツ中もそうだし、スポーツをしていてやめた後に数年してから体に一気にダメージがくることもある。

遺伝子学的にいえば

いまの遺伝子学で細胞分裂の数を制御する遺伝子があることがわかっている。

すわなち人の死ぬときは生まれた瞬間に決まっているというわけだ。

まあもちろん人は寿命で老衰して死ぬということよりは病気とかで死ぬほうが多いのであくまで理論のお話。

とはいえもし筋肉について考えてみると、
スポーツをする人は体を鍛えることになる。

鍛えるときはちょっと無理をして体に負荷をかけて、
次のときは体がそれに対応できるようになるのでその分からだが鍛えられる。
それを繰り返していくことによって体が鍛えられる。

原理的には筋肉が一度断裂してそれを直すときに前より強くするという作用によって筋肉が強くなる。

ということは一度分裂してくっつくときに細胞分裂をしなければいけない、
その細胞分裂の数は無限ではなく一定量で限界が来るとすると・・・

若いときに体を鍛えていると年をとってから体を鍛えることができなくなってしまうのです!

あくまで理論的にはということで、
まったく同じ人が適度な運動を続けていたのと毎日かなり頑張って運動していた場合は後者が先に死ぬ、
という感じになるのではないかなー。

まったく同じ人は双子以外いないしそれに下って食べるものが違ったりするのでやっぱり理想条件は無理。

だから体を鍛えるのはほどほどにしましょう!

といって終わってしまうと最初の題目はなんだったの?となります。

なんか書いていたら別の話に最初から方向がずれていました。

スポーツをしている人は腰を痛める人が多い、
動くということで腰を使わないことはなかなかなく、
アスリートはどうしても無理をするので腰を大なり小なり腰痛をもつことになる。

私はスポーツはほとんどやらないので逆に腰を痛めたことはさっぱりなかった。

世界を回っていたことはバックパックが20kg以上ありそれを持ち上げて背負うだけでもかなりの力が必要で、
それで背筋が鍛えられていたからかいくらやっても腰を痛めることはなかった。

それがこの前の金曜日、
まあそれなりに重くて15kgぐらいあるものをちょっと無理な体勢でいろいろと動かしていた。

そのときはなんともなかったけど戻ってきてからなんか腰が痛くなってくる。

どんどん痛くなってきて歩くのもちょっとつらいぐらい。

こんなに腰を痛めたことがなかったので、
歩くのがつらいなんてどうなってるの!とかなりびっくりする。

でも作業をしていたときは何にもなかったのになぜ2時間ぐらいたった後に?

そのまま痛くなっていって夜には動くのもちょっとつらい、
寝返りをうつのもゆっくりと動いていかないときついぐらいになってしまった。


2日目

痛みはさっぱり引くことはなく同じ状況を維持している。

まあ歩けないということもないのでちょっと動いたりはするけどあまり無理はせずに安静にしてすごす。


3日目

さすがにもう3日もたつしいい加減治るだろう!
と思っていたらなぜか朝起きたときはちょっとはよくなっていたのに夜になって前よりも痛みが増すぐらいになる。

これは治るのに1週間ぐらいかかるのか?

そんな話をママさんに話したら、
それはぎっくり腰じゃないの?
という新情報が入ってきた。

もちろん本当のぎっくり腰はなったらその瞬間はしばらく動けないのでそれではない、
でもその後の症状はぎっくり腰にそっくりらしい。

何回かぎっくり腰経験のあるママさんによると、
だいたい3日たつとなぜかいきなり痛みが一気になくなりかなりよくなるらしい。

なったのが金曜日の夜なのでとすると明日ぐらいには治るのか?
本当かなー、あきらかに痛み増えてるよ?
この状態から一気に治るとは思えない・・・


4日目

朝起きると腰の痛みがなくなってる。
本当に治るものなのか!
とおもって動いてみたらまだ痛みはあった。

でもそれまでに比べると格段によくなっている。

こんなに劇的に1日でよくなるものなのかー、
ぎっくり腰って変わった症状がでるものだ。


こんな感じで生まれて初めてぎっくり腰?(もどき)を体験しました。

ぎっくり腰になるとその後はしばらく歩くだけでもつらくて背筋をまげて猫背で歩かないといけないので、
お年寄りの気持ちが非常によくわかります。

信号変わりそうでも早く歩けないんだよー!

階段上り下りするのも一仕事なんだよー!

ぎっくり腰はお年寄りの気持ちが理解できるので、
信号をゆっくり歩いているおじいちゃん、ばあちゃんを引く勢いの荒い運転をするドライバーにはぜひ一度なってほしいものです。


強制ぎっくり腰作成機とかできないのかなー、
まっすぐ立った状態でお辞儀をさせてその姿勢で腕から全体を一気に加重をかければできそうなんだけどね。

作ったら特許とか取れないかな?

投稿者 nabe : 23:19 | コメント (0)