« 2007年04月 | メイン | 2007年06月 »

2007年05月31日

『ロングバケーション最後の日』

5月31日、今日がロングバケーション最後の日。

2004年9月末に仕事をやめて2年8ヶ月、その間に世界一周旅行を終えた。
途中でアルバイトをしたりしていたけど(アルバイトの割には本格的に毎日やっていたけど)無職フリーター?という状態がずっと続いていた。

それになれてしまうと平日の休みがあたりまえなので貴重ともなんとも思わなくなる。

でも明日からまた就職して働き始める、
普通の会社なので平日は当然常に仕事になる、ついでにちょっと変わった会社なので祝日も出勤になる。

いままでは休んでばっかりだったのにこれからは、
常に週5日働く(祝日も出勤なので土日のみの休みになる)三連休というものは基本的になく、
あるのはゴールデンウィーク、お盆、年末年始のみが連続休みになる。

これまでのひたすら休みからうって変わって規則正しい生活になる。


そんな常に休みだったロングバケーション?も今日で終わる。

これからは平日が休みになることがないことを考えると、思い残すことがないように平日にしかできないことをしておいたほうがいいだろう。

さてそれはなんだろうか?

これまで毎日平日も休日も関係なく休みだったのでこれといって思いつかない、
そうだなーと思って考えついたのは住民票をもらうこと。

これは平日じゃないとできない!

今度の会社に入社するのに住民票はもらったんだけど、
手違いで続柄と本籍がのってないものをもらってきてしまった。

気づいたときにはもう送らないと間に合わない日だったのでとりあえず間違えたままで送っておいた。

特に何もいってきていないけど、
必要といわれると困るのでちょうどいいしもらっておくか、
ということで住民票をもらいに行く。

住民票は混んでいなくてすぐにもらえてしまってやることがなくなる。

さて次はどうするか?


うーん、あんまり思いつかないので平日のデパートへといってみることにする。

平日のデパートは基本的に女の人ばかり、
男はというと子供かおじいちゃんぐらい。

ぶらぶらとしてYシャツとかを買っておく。

この次は・・・

もうやること思いつかん!

Bookoffにいってマンガを立ち読みする。


平日にやりたいことといってもある程度限られてくるよねー、
ましてやこれまでが毎日休みだっただけに別にこれといって貴重とも思えないしねー。

しかしそれも今日まで、
明日からは今までとはまったく違う規則正しい週5日勤務をひたすら続ける日々がはじまる。

通勤時間も1日3時間ぐらいかかりそうだし、はたしてちゃんと続くのでしょうか?

まあそれはこのブログでおいおいわかっていくことでしょう、
とりあえずまともに勤務が始まるのが6月11日の月曜日からだからそのあとどうなるかかな。

まあ何とか続くでしょう、2,3年で転職する予定だしねー。
(といいつついきなりやめたりなんかして・・・)

投稿者 nabe : 23:58 | コメント (0)

2007年05月27日

『網戸の網を張り替える』

5月27日

前日のテレビでアイ・ロボットがやっていた。

先日メキシコ旅行でメキシコシティーが南米のペルーとかエクアドルによくにていて、
ペルーが南米の始めての地であるのみならず、世界一周旅行のスタート地点だったので、
これからまた旅が始まるのかな?世界二週目スタート?というような感じで懐かしかった。

そして何の偶然か日本に帰ってきて3日目の土曜日にアイ・ロボットがやっていた。
この映画は2004年に公開されたもので地上波初登場なのかな?

これは南米に行くときに日本からアメリカを経由して南米に向かう飛行機で機内上映でやっていてみた。

スペイン語音声に英語字幕だったんだけど、
英語はまあある程度読めるからいいとしてそれを見ながらスペイン語なるものを一応聞こうと努力してみたけど、

さっぱりわかりませーん!

英語と違うにもほどがある、おなじアルファベットを使う言語なのに何でこんなに違うの?

やっぱりあれか、ヨーロッパ大陸から離れて海をわたったイギリスの言葉だと大陸とはかわるものなのかな?
イギリス人はバイキングが先祖のような感じらしいしなー。

まあそれより大きいのはヨーロッパの言語はローマ帝国の流れを汲むものとイタリア、フランス、スペイン語、
神聖ローマ帝国の流れを汲むドイツ語、英語系に分かれるからかな。

プロテスタントの多い国は英語系の言語を使っている国が多い、北欧諸国がドイツ語系の言語を使っているしね。

そんな現実逃避をしつつも冷静に考えると、
なんの予備知識もない私は、スペイン語はもっと英語に近いものだと思っていたからスペイン語も何とかなるだろうなーと簡単に考えていた。
これは相当やばそう、南米旅行は大変だなと先行きを不安にさせるには十分な出来事だった。

そんな南米の旅が始まる前に見て南米にさらにビビリはじめたのがこのアイ・ロボットという映画だった。

印象が深いのはさらにこのあとペルーのリマに飛行機が深夜0時ぐらいについて、
そこからタクシーで町に向かったわいいけど、
悪徳タクシーで乗って走り出したら料金を数倍に上げてきた。

そのとき運転手と客引きがのっていてその客引きがアイ・ロボットにでていたウィル・スミスに似ていた。

そのときは結局近くまでいかせて、
ホテルがある辺りは閉鎖されていていけないから別のところへつれていく、
とかいいだしたの下りてそのままタクシー料金を踏み倒してやったんだけどね。

いやー、ウィル・スミスは相当怒っていたなー、懐かしいなー。



そんな無駄話はおいておいて、
今日は網戸の網を張り替えるお話。

なんでこんな話かというと、あんまり書く内容がないから。

たまには日常のお話も良いかなーということで書いてみました。

去年の12月に世界一周旅行を終えて日本に帰ってくると私の部屋の網戸が一部破れていた。

どこも網戸を止める書く辺のどこか1辺がすべてやぶれていて、9月とかの台風が来たときに風で敗れたのだろう。

とりあえず困ることはなかったのでそのままにしておいたのだけど、
この時期になってくるとさすがに困る。

この時期だとちょうど夜は窓を開けておくと涼しくてよい感じ。
でも網戸が破れていると蛾とかが入ってくることになる。

これから先は蚊も出てくることになるし、このままではいかん!

暑くなってくるとやる気もなくなってくるのでまだ涼しいこの時期にやっておくことにする。


網戸の網がカーマとかのホームセンターで売っているのを前に見かけたことがある、
普通に売っているということはおそらく私のような素人でも張り替えられるということだろう。

さっそくホームセンターに行って網を探す。

網はすぐに見つかりそこの張り替え方の説明が書いてあった。

それによると網戸は網とそれを留めるゴム、さらにそのゴムを抑える専用工具が必要だった。

留めるゴムが3種類の太さがあってそんなのさっぱりわからない。
なんか意外とめんどくさそうだなー。

そこには張替えを代行してくれるサービスもあってお値段を見ると、
1枚分を張り替えるのに5000円とかかかってた。

材料費は網が1枚200円、ゴムが200円、専用工具が150円なのでトータルで550円、
あとは工賃ということなんだろうけどそれにしても高くないか?

やっぱり自分でやろうと思いなおす。

網も何種類かあり、メッシュが細かいものもうっていたけど、
メッシュが細かくなる=風の通りが悪くなる
そもそもおそらく風によって破れたのだろうからメッシュを細かくして空気抵抗をあげてしまってはまたおなじことになる。

普通のメッシュを選択する。

ゴムはどのサイズかわからない、でもたぶん使いまわせることができそうだからとりあえず梨で何とかしてみることにする。

専用工具は簡単なローラーみたいなものでおもちゃのような感じ。
高いのかと思ったら150円とかなり安かった。

これで道具がそろったので家に戻る。

戻って早速網戸をはずして現在の状況を見てみる、
網戸はゴムで溝に押し込めるように網を固定しているだけの簡単な構造だった。

ゴムをはずして網をはずす。
ゴムは切れることなく綺麗に外れたのでそのまま使いまわせそう。

はずして溝とゴムを掃除して買ってきた網を当てる、
大きめになっているので大体で貼り付けておく、
その上からゴムを専用工具で押し付けながら貼り付けていく。

これも意外と簡単にスイスイととめていくことができる、
網の張り具合も強めぐらいでかなり綺麗に貼り付けることができた。

あとは余った分をカッターで切り落として完了!

1枚目はいろいろ試していて時間がかかったけど、次からは早くて計4枚変えたけど2時間ぐらいで全て完了した。

ちょっとした日曜大工としてはなかなか良い感じの出来でこれからはいつでも網戸の網の張替えが簡単にできるようになりました。
(まあそうしょちゅう破れるものではないだろうけどね、
いままで大学時代からこれまでで破れたのなんて今回が初めてだからねー。
次は10年後ぐらいかなー、網を張る専用工具はどうしようかなー、安いから捨ててまた次のときに買うかな?
10年間持っているほどの代物でもないしー、どうしたものか・・
・)




網をはずした状態、でかいまどなので上下2段になっている
見た目はほぼ同じに見えるけどなぜか上側が高さ900mm、下側が高さ850mmになっている
そんなのしらないから押さえのゴムはどちらでも同じだろうとつけてみて失敗して1回やり直した




網と押さえゴムをつけていく状況
網は普通の窓サイズなら余裕があるので写真のようにはみ出すようになっている
ゴムは前のものを流用、まったく問題なし




これが押さえゴムを押し付ける専用工具
なんかお菓子のおもちゃみたいなちゃっちいんだけどごろごろと転がしていくとちゃんとおさえられます




取り付け完了、余った部分はカッターで切ればOK
張り具合は普通にやっても結構強めに張れてよい感じだった
ゆるいと風にあおられるので若干強めのほうが良いかと


さああなたもこれをみて自分で網を張り替えましょう!

それにしても無意味な張替え講座だねー、
書くこと他にもあるんだけどつい思いついたので書いてしまいました。
まあインスピレーション(ただの思いつき?)も大事だよねー。

投稿者 nabe : 01:46 | コメント (0)

2007年05月16日

メキシコ旅行 速報


メキシコ旅行 速報


5月11日からメキシコ旅行を始めて5日間がたちました。

あんまり更新する状況でもないので、
メキシコ旅行の速報をお伝えしようと思います。


メキシコはメキシコシティから入りましたが、
メキシコシティの印象は

ここは南米?

ペルーにそっくり

という感じでした。

コロニアルな町並みとカテドラルと広場、そしてスペイン語。
なにもかもが南米の特にペルー、エクアドル、ボリビアを思い出されるようなところでした。

世界一周旅行の始めがペルーのリマで、そことメキシコシティはかなり似ていたので懐かしい、
もしかしてこれからまた世界一周が始まるの?
と思えるほど懐かしくてちょっと感動でした。

南米好きな私としてはメキシコシティはかなり良い感じでした。

でも世界一周してしまっているのですぐにあきて2日いただけで移動。


次の目的地はカンクン、カリブ海に面するリゾート地。

今回は時間もあまりないので飛行機で2時間で到着、
バスなら24時間もかかるから乗ってられません。
もうバックパッカーに戻るのは無理かな・・・

カンクンといえばカリブ海の青い海にビーチ、
それはそれはすごいところを想像していたんだけど、
現実はかなり違った。

ホテルエリアというところが一番有名なんだけど、
ホテルとビーチがあまりにも近すぎる、
そしてビーチが幅数mしかない。

湘南のビーチの方が広いです、
日本のその辺の海水浴場よりも狭いです。

長さは20kmぐらいあるみたいなんだけど、
なにせ幅が短いところは1mぐらい、大きくても7mぐらいしかない。

ついでにビーチはあんまり綺麗でもない。

さらにビーチが東向きにあり、ホテルがすぐ裏にあるため、
午後になるとホテルの影でビーチが日陰になってしまうところが多い。

海はすごく青くて綺麗なんだけど、
すごいビーチリゾートを想像してきただけにかなりがっかり。

世界有数のがっかりビーチ、
タイのピピ島も相当がっかりビーチだったけど、
ここはそれのさらに上をいく、

こんなだめなビーチリゾート見たことない。

世界的に有名なのにどうしてこんなにダメなのだろう、
ビーチこんなに小さかったら今はオフシーズンだからいいけど、
ハイシーズンになったら日本の夏のビーチよりも人でいっぱいになるんじゃないのか?

こんなところに好んでくるアメリカ人の気が知れない。


カンクンは2日居てさらに南のコスメルというところへ移動する。

ここはダイビングで有名なところで、今日ついて早速ダイビング!

うーん、透明度はかなりあるんだけどねー、
あんまり魚いないし、珊瑚もほとんどない。

世界中でダイビングしている私としてはこれまたいまいち、
コスメルも世界的に有名なダイビングスポットなのに。

なんかカリブ海にはがっかりさせられっぱなしです、
せっかくのバックパッカー卒業旅行のつもりだったのに・・・。

そんなダメダメなメキシコ旅行ですが、
まだあと6日ぐらいあります。

ダイビングとカンクンのビーチで過ごす予定だったんだけどはたしてどうしたものかな。

そんな困った状況の今日この頃でした。

投稿者 nabe : 10:42 | コメント (0)

2007年05月02日

『卒業旅行 @メキシコ計画』

就職活動をはじめて1ヵ月半、
いろいろと会社をまわり、とりあえず就職するところを決めた。

本当は5月中旬ぐらいに決まればいいなーと思っていてそれにあわせて就職活動を進めていたのだけど、
内定をもらった会社から4月末までにどうするのか決めてほしいといわれて、
もう少しやってみたかったところでもあるけどそれなりの成果もあったので、
内定をもらったなかで行きたい会社を2つに絞って天秤にかけて決めた。

予定よりも早く決まってしまい、
就職活動中は働いている会社の引継ぎなどがあるので6月から働けると言って活動をしていた。
それは5月中は就職活動をしていたかったので内定の承諾の引き伸ばし工作のためだった。

いま5月から働けますとも言いがたい、
そしてどうせ働き始めたら忙しくなるのだからあえて早く働き始めることもない。

とするならばどこかへ行こうかな?

と思い始めたのが内定を承諾した4月27日。


内定を承諾して引継ぎをしていることになっているのに連絡がつかないというのも困るので、

「引継ぎが早く終わりそうで、
この機会に母が一度も海外旅行に行ったことがないのでどこかに連れて行ってあげたい」

という話をした、
これは一応事実ではあるのだけど、
母は体調があまり思わしくなくてちょっと5月に行くのは難しいとの事だった。

まあ連れて行きたいという気持ちは変わらないので、
そこは変えないで内定承諾のときに先のように伝えておいた。

ただ時間が余ったから海外旅行に行きますではやっぱり印象が悪いでしょう。
先のように話すと母親思いのいまどき珍しい?良い子だと思われて印象がアップすることすらある。

物はいいようだよねー、
面接のときでも、意味は同じことを言っていても言い方によって良いほうにも悪いほうにも取られる、
実際の仕事でも同じようなものだからこの辺がうまくないとなかなか仕事で成功はしにくい。

まあ「策士、策におぼれる」なんてこともあるかもね・・・


さてそんな状況に突然なったけど、
行きたいところは2つしかなかった。


1つは沖縄、
沖縄は日本だけど日本ではないところ、琉球王国なので気候も違うし海外旅行と同じような感じだろう、
ダイビングでも有名なところで私もなんちゃってダイバーなことだし一度いってみたい。

しかし沖縄はものすごく近いのでいつでもいける、
それは社会人になってからでもいいのでは?
ということで今回は却下


もう1つの候補地が

メキシコ

ラテンアメリカの玄関口で世界でも有数な観光立国の1つ。

世界一周でいろいろとまわってきて有名な国々をみてきた、
北米、南米、ヨーロッパ、中東、アフリカ、アジアとまわったけど、
そんななかで中米というブロックだけまわっていない。

中米はグアテマラ、コスタリカ、ホンジュラスなどいろいろな国があるけど、
まわってきた人の話ではメキシコだけで十分!
という意見が多かった。

どこの国も似たり寄ったりで大して差がなく見所もほとんどないらしい、
一般の人で有名なのがパナマにある世界三大運河の1つパナマ運河だけど、
実際に見るとかなりしょぼくてたいしたことないらしい。

そんな中米で唯一?の有名なところはメキシコ、
あまり旅行をしない人でもメキシコという国を知らない人は少ないでしょう。

有名な国をまわる世界一周の旅をしていた私としては中米のメキシコをまわっていないのは心のこり。

まあ働き始めてからでもメキシコだけならそのうちいけるかと思っていた。

でもこんなチャンスが来たのでそれなら世界一周旅行の卒業ということで

卒業旅行 @メキシコ

の旅を計画してみることにした。

内定承諾したのがゴールデンウィークの始まる前日だったので、
書類とかが送られてきたりするのはゴールデンウィークのあと。

なのでその週はできるだけいるようにして5月11日(金)に出発することにする。
これなら次の日から土日で次の週は丸々いなくて21日(月)に現地を出発すれば22日(火)にはもどってこられる。

この日程だと実質いなかったのは1週間ぐらいに見られる。


さっそくインターネットでメキシコへの航空券を調べてみると、
安いのでは79000円ぐらいからある。

ただ今回は短期旅行なので乗り継ぎの日程が重要になってくる。

デルタ航空が一番安いのだけど乗継がとても悪くて、
行きは同日につけるけど帰りは2泊3日になってしまい、
アトランタで12時間待ちになってしまう。

そんな無駄な時間はもったいないので次に安いのはというとコンチネンタル航空。

87600円と一気に値段が上がってしまうが変わりに乗り継ぎはかなり良い。

逆に良すぎてアメリカの乗り継ぎ時間が1時間半しかないんだけど大丈夫なの?
今はアメリカは乗り継ぎでも入国しなければいけないのに?

しかも私はパキスタンビザとか中国ビザとかパスポートにあるんだけど大丈夫なのかなー。
(これは個人的な問題だけど)
前はシリアビザとかパスポートを増刷するぐらいあちこちいっていたからそれよりはましだけど、
それでも不安要因は大きい。

別室送りになったら確実に乗り継ぎが間に合わないだろう。

一応それは旅行会社でも話したけどコンチネンタル航空がコネクションフライト(乗り継ぎ)といっているらしいので、
まあ乗れなかったらそれならホテルを用意したり、別のフライトを探したりしてくれるだろう。


航空券は本来なら25日前とかならもっと安く買えるみたいだけど、
さすがにこれぐらいぎりぎりになると7日前割引しかとれない。

まあそれでもこの割引が聞かないと3万円ぐらい高くなるので安くなっているほうではある。

投稿者 nabe : 02:23 | コメント (0)

『メキシコの見所はどこ』

出発日はきまっているので帰る日を考えなければいけない、
ガイドブックを見てメキシコの見所を見てみる。

一番のメインはメキシコの首都でもあるメキシコシティ、
世界最大の2000万人がくらすという町。

昔はアステカ王国の首都テノチティトランがあった場所で、
その後にスペイン支配下でコロニアルな建物がいっぱい建てられた。

そんなメキシコシティの見所は

ほとんどない

人類学博物館ぐらいかな、アステカ時代の文明の遺産などがある。

あとは町もスペイン風の町並みはあるのだろうけど、
そんなの南米で山ほど見たし、本場のスペインでも見たのであまり興味なし。
そもそも世界中の町という町を見て歩いたので町にはほとんど興味なし。

メキシコシティには見所がないけど近くにティワナクという遺跡がある。
これは太陽のピラミッド、月のピラミッドというエジプトのピラミッド並みの大きさを持つピラミッドがある遺跡。

メキシコ最大の見所といってもいいでしょう、世界でも有数の見所。

基本的にはこれを見に行くためにメキシコに行くようなものです。

しかしこれがあってもメキシコシティに要する時間は3日がいいところ。


メキシコの他の見所はというと

カリブ海に面したビーチリゾートのカンクン

これも世界的に有名なリゾート地で綺麗な海があるところ、
さらにここはダイビングでも有名なところなのでなんちゃってダイバーとしては行っておかなければ!

というか私が調べた限りではメキシコはメキシコシティと海以外に見所なし。


ただダイビングをするとなるとそれなりに時間が必要になる、
その結果最短で見所を全てまわってダイビングとかをするとなると22日(火)メキシコ発になった。

予定の21日を1日オーバーしてしまったけどそれぐらいならいいだろう、
早速航空券の予約の準備をする。


私の場合は時間を節約するために予約する前に空席があるかをチェックする、
今は旅行会社が航空会社に問い合わせるのと同じ端末の画面を表示するサイトがいっぱいある。

今回使ったのはアドバンストトラベルのサイト、
調べると5月11日成田発メキシコシティはあいていたけど、
5月22日カンクン発成田があいていなかった。

ちなみにデルタ航空とか他の会社はこの時期はほとんど空席はなかったけど、
なぜかコンチネンタル航空はやたら席が開いていた。
コンチネンタルは日本便はすべてボーイング777で機材もいいのになぜだろう?

5月22日はあいていなかったけど21日、23日は9席以上(9席以上はすべて9席と表示される)あいていてどうもかなり余裕がるのになぜ22日だけ?
週末とかならわかるけど週の中日も中日、火曜日発の水曜日着なのに・・・

このシステムは限りなくあっているけど、
キャンセル待ちの人数などは出ないし、予約状況がどうなっているのかを完全に網羅していないかもしれない。

投稿者 nabe : 01:27 | コメント (0)

2007年05月01日

『はずれの店員』

とりあえず電話をしてみようと4月30日にいつも使っている旅行会社のIACEに電話をする。

このような時は店員を選ぶことができないので、相手ができる人かどうか当たり外れは運次第になる。

今回ははずれだった。

電話してメキシコに行きたいというと、
なにかご覧になっていますか?
ときかれたので、

もちろんHPをみてしらべているけどせっかくなら何かいい方法とかが見つかるかもしれないので、

いえ、まあできれば安くて乗継がよいものがいいです
出発は5月11日の予定です

というと、

じゃあデルタ航空が一番いいですね、安いですよ。

といわれた。
そのあとなにかいってくるかなーと待っていたけど、

どうしますか?

ときかれたので、
いやデルタ航空は乗継が悪いでしょ?
といったけど、

そんなことないですよ、成田を出てその日のうちにメキシコシティにつきますよ
といわれてしまった。

いや帰りのカンクンからのおどりでアトランタで12時間待ちがあると思うんですけど

「そうですね、よく見たらそっちは乗り継ぎ悪かったです。」

なんかこの人やばそうだなー。
時間がもったいないので

たぶんコンチネンタル航空が安くて乗り継ぎもいいと思うんですけどどうですかね?

「そうですねー、コンチネンタルは乗継がよさそうですねー、
もし少し時間をいただければお調べして折り返し電話をさせていただきますけど」
といわれたので、
まあせっかくだから調べてもらおうと一度電話を切る。


そのあと30分立っても連絡ない、
そんなにいろんなルートがあるわけじゃないだろう、
時間かかりすぎじゃないの?

まあ他の電話に出たりしているのかもしれないけどこっちも忙しいので電話する。

ちょうど先に電話した人が出たのでそのまま話す

どうなったのか聞くと、

やはりコンチネンタル航空が値段も安くて乗り継ぎもいいですね

との結論だった、時間かかった割には私がはじめにいったのと同じじゃないか。


まあ予定通りだからいいんだけど、
あとは問題は22日の帰りの便が私が調べた限りでは空席がなかったので、
旅行会社ならもしかしたら空席が見つけられるかも。

と思って22日の帰りの便が取れるかどうか聞いてみたら、
今はあいていないとのことだった。

ついでに今日は祝日で航空会社が休みなのでキャンセル待ちとかができるのかどうかの問い合わせもできないとのことだった。

店は空いているけどほとんど開店休業と同じじゃないのかそれでは?
私はアメリカ系の会社ならアメリカの本部に予約を申請できるのかと思ったけど、
日本のものは日本の現地の会社になっているようだ。

それなら明日どうなるかわかったら連絡をしてといっておく。

投稿者 nabe : 02:28 | コメント (0)

『12泊14日の短期?旅行』

次の日の午前11時に旅行会社から連絡があり、
やはり22日の便は満席で空いていないとのことだった。

しかも悪いことにこれは正規運賃でも空いていなくて(格安航空券では席がなくても正規運賃では空いていることもある)
さらにキャンセル待ちをしている人が多いみたいでキャンセル待ちをかけることすらできなかった。
(キャンセル待ちが多すぎると受け付けてももらえなくなる)

でもギリギリまで待てば何とかなるかもしれない、
5月11日出発でこの航空券は7日前までの発券で割引になるものなので5月4日までは待てるので、
とりあえず別の予約を入れておいてもし空席が出たら変えてもらうということをしてもらおうと思ったけど、

さらに問題発生でゴールデンウィークはやっぱりやっていないので、
結局平日というと今日5月1日と明日しかないのでそれまでに発券しなければいけない。

ほとんど待てる時間はないのでこれはもう予定の変更をするしかない。

どうしようか考えると、
21日(月)メキシコ発でもなんとか日程は間に合うけど余裕がない、
1日どこかで予定が狂うと大問題になる。

サラリーマン時代の旅行ならいつもそんなんだったんだけど、
世界一周をしてしまった私にはなかなかそこまでのギリギリのスケジュールはやりたくない。

それなら23日(水)発にするしかない、
でもそれだと24日(木)の14時に日本に戻ってきて家に帰るころには夜になってしまっている。

もし次に入る会社で入社の書類とかが必要だといわれたらかなりギリギリかも、
さてどうしたものか・・・

と1分ぐらいは考えて、
でもせっかくメキシコに、しかもビーチリゾートにいくのに慌しく移動するのでは意味がない。

それなら23日にしてしまえ!

ということで今回の旅は12泊14日の短期?旅行になった。
(一般的にはこれぐらいの旅行期間だと長いというのでしょうか?)

投稿者 nabe : 01:29 | コメント (0)

「派遣の店員?」

早速予約をということで、
成田に行くのに地方空港からだと割安のコネクションフライトがある。

それは手配できるのか聞くと、

なんですかそれは?
とか言われてしまった。

えーーー、格安航空券を販売している会社の人にとっては常識じゃないの!

なんかこの人いちいち調べるのにもやたらと時間がかかっているし、
やっぱり怪しい。

1分ぐらい保留にされてやっと調べ終わったみたいで、
「そういうフライトはありますけど片道16000円するんですけど、お取りしますか?」
とかいってきた。

そんなにかかんないよ!
前にも使っていて片道5000円ぐらいのはずなんですけど。

「でも国内線ですよねー」

全然違う!
国際線の乗り継ぎで成田に直接いけるもので出国はその地方都市でやるというもの

また保留になって3分間放置

そのあと調べた結果そのようなフライトがありました、
でもコンチネンタル航空に問い合わせないと席が取れるかどうかわかりませんので、
また問い合わせをして連絡します。

そしてなぜかそれを調べるのにも1時間ぐらいかかる。

なんとか予約が取れたみたいなので支払いの話になる。
明日までに発券しなければいけないので全額振り込むことになる。

住所とかをきかれたんだけど、
前に何回かおたくで航空券をかっているので登録されていると思うんですけど?
調べてみてください。

また1分ぐらいの放置のあとに

「同姓同名の方が5名ほどいるのでわからないんですけど」
といわれた。

同姓同名が5人も?
私の苗字は日本ではポピュラーなものだけど名前はそんなにいっぱいいるわけではない。

JTBだったりHISとかならわかるけどIACEってそんなにでかくないし、
5人もいるとは思えないんだけど・・・

それってもしかして私が5回ぐらい買っているから全部私じゃないのか?

前は名前を言って以前に購入したことがあるといったら5秒で「登録されています」とか返事が返ってきたのに、なんでこの人こんなにダメなの?

電話番号で調べることはできないんですか?
というと、

「そういうこともできますねー、じゃあお電話番号を教えていただけますか?」

いまあなたがかけてきた番号です!

馬鹿じゃないのかこの人?
女の人だし派遣か何かなんだろうか?

電話番号ですぐに登録されているのがわかり、
じゃあ払い込みは明日までなのでメールで金額と振込先を送ってください、
書類のほうは郵送で送ってください。


おかしい、いままでいろいろ航空券を予約したけどこんなに手間取ったのは初めてだ。

旅行会社も経費節約で人材不足なのだろうか・・・

投稿者 nabe : 01:25 | コメント (0)

『航空券代+αのお値段』

こんな感じで今回の

卒業旅行 @メキシコ

は5月11日から5月24日までの12泊14日になりました。


その航空券の代金はというと、

航空券代 87600円

となっている。
ホームページとかを見たときも表示はこのようになっているんだけど、
実際にはこのほかにもいろいろお金がかかる。

それぞれの国での出入国税、空港施設使用料
これが結構高くてしかもアメリカ経由の場合、
アメリカを乗り継ぐだけなのに入国しなければいけないので出入国税がとられる。

テロ対策とかいってるけどこのお金がほしいためにやってるんじゃないのか?

そして最も高いのが燃料特別付加運賃で一般的にはサーチャージと呼ばれている。
これは最近は原油の価格が急騰していて航空券の料金は半期に一度しかかえられないことになっているため、
その間に原油価格が大きく変わるといくら飛ばしても赤字になってしまうなんてことがある。

そのためその分はいくらでも変動できるように現在はこの特別料金の加算が認められている。

それはいいんだけどさー、
24000円ってどうなのよ?

航空券代が87600円でサーチャージに24000円は高すぎないか?

このサーチャージという制度が始まってからすでに5年以上たっているんだし、
いまさら原油価格が1/2とかになるとは思えない。

値上がりはいくらでも足せばいいんだし、
15000円ぐらいは航空券代に入れてしまえばいいんじゃないのか?

いまとなってはこのサーチャージも見た目が安いように見えるために使われている気がする。

結局国内線の往復の成田行きの飛行機も含めると総額は

139900円也!

うーん、87600円の航空券がいつの間にやらこんな値段に・・・、

いまの航空券の表示価格は場所によるけど(サーチャージが燃料代なので距離が遠いほど高くなる)、
表示価格+3万円(アジアなら2万円)と考えてもいいんじゃないかな。

Taxとかすべてふくめたら結局そんな値段になります。


2年半前なら南米への1年間オープン往復チケットで17万円ぐらいだったのに、高くなったものです。

今回の旅行は卒業旅行でビーチリゾートにいってダイビングとかもする予定なので

トータルで30万はいくかな、
世界一周で200万円ぐらいしか使ってないはずだから14日の旅行で30万円は相当高いね。

まあ卒業旅行なんだし、それぐらい豪快に使ってもいいかなー。

メキシコに行くと基本的にもう行きたいと思う国がなくなるので海外旅行もほとんどしなくなるだろうしねー。
(もう貧乏1人旅には飽きました、やっぱりこれからはリッチな旅行がメインでしょう)

OLの夏休みの旅行みたいに遊んできてやるわ!
(1人で寂しくね・・・)

投稿者 nabe : 01:20 | コメント (0)