« 2007年12月 | メイン | 2008年02月 »

2008年01月31日

『新聞の表面と裏面』

『新聞の表面と裏面』

最近は新聞離れが進んでいるとよく聞きます。

インターネットで情報は手にはいるから、
というのが新聞を読まない人の言い分になっていますが、
インターネットで得られる情報は無限にある代わりにその集め方次第によってはまったく情報が集まらない。

あとトピックスでクリックしないと詳細が表示されないので、
トピックスで気にならないと読むことがない。

新聞だと見出しでそのまま記事になるので、
ちょっと興味を持てば数行だけでも読んでそのまま続けるか、
読むのをやめるかきめられるので記事を読む確率が格段に上がる。


テレビのニュースでも情報はてにはいるけど、
テレビの場合はキャスターの主観的意見とかがはいるのと、
30分のニュースでは情報量がかなり不足。

ということで新聞は本来は絶対不可欠!

と私は考えるのです。


さてその新聞はというと、
実は(普通に?)表面と裏面があります。

新聞を読んでいればすぐにわかるようになるのですが、
あんまり読んでいないとわからない人もいる(のかな?)

今日はそんな新聞の表面と裏面の読み方について書いてみます。


ちょっとまえになりますが、
テロ対策特別措置法でインド洋での自衛隊の他国艦船への燃料の補給をおこなうというもので、
一時は期限切れで撤収して来ましたが、
また新たに法案が可決されて再度燃料の補給を行なうこととなりました。

自民党と民主党の駆け引きはかなりすごくてもめにみめて、
やっと法案がとおったというもの。

さてこの法案が通ったあとの記事で、
アメリカに補給を行なった艦船の補給後の行動から、
補給した燃料が軍事行動ではなく、インド洋の海上での安全などに使用されたことが明確になるようにしてほしい
という要請を日本政府がしました。

これは前回のときは補給した燃料がイラク戦争などに流用された、
という疑惑があったためでちゃんと本来の目的に使われているのかを確認できる方法を整備してもらわないと日本としてはこまる。

という観点からなのですが、

アメリカあっさり拒否!

まあ軍事行動も含まれるのでそれを公開するのはなかなか難しいのは当然といえば当然。


記事はこういうことがおきているというところで終わっているのですが、
もちろんこれはただ新聞を読んだだけで表面にもたどり着いていない状態。


ここから考えを展開して新聞の表面を読み込む。

投稿者 nabe : 01:10 | コメント (0)

2008年01月30日

『新聞の表面』

『新聞の表面』

そもそも法案が成立してもう給油することが決まった時点で、
アメリカはもう何もしなくても給油してくれるので別に日本の要請を無理してのむ必要はない。


まあ日本に配慮して受け入れる可能性もなくはないが、
それはすべてアメリカの気分次第みたいな感じになり、
日本になんの主導権も与えられない。

無理強いをして
それならいらない!
とアメリカに言われた場合に、
自民党としてはあれほど無理して成立させた法案がまったく意味がなかったということになり、
それこそ大問題になる。

ということで、
法案を成立させる前に交渉するならば、
法案を成立させるために民主党を納得させるには給油が目的通りに、そして他のものに流用されていないことを明確にしないと無理!

といえば、それならばまあやってあげるかとアメリカも譲歩する可能性がある。

それをしないで法案を成立させてしまって、
そのあとに要請をするなんて無理に決まってる!

もう少し考えてから行動しないと、交渉の基本でしょうそれは・・・

というところまでがまあ表面でしょうか。

投稿者 nabe : 01:12 | コメント (0)

2008年01月29日

『新聞の裏面』

『新聞の裏面』

まず考えるべきことは、
基本的に政治家は頭はよくないけど、
その周りにいる官僚とかはものすごく頭がよい。

それから考えると、
自分が考えつくことはまず間違いなくすでに考えられて検討されたこと、
このように考えると新聞の裏面が読めてきます。

先の場合は表面では、

法案を成立させた後に要請したって受け入れられるわけない

という結論になりましたが裏面の考えでは、
法案を成立させた後に要請したって受け入れられるわけないのだから、
先にアメリカに要請して譲歩を引き出しておかなければいけない。
ということになる。

すなわち、
民主党を納得させるためにアメリカも使途を明確にするという譲歩をしてください
と法案を審議しているときにはすでにアメリカに話をしているということになる。

ただこれを正式に要請をしてしまうと、
いや、それは無理!
とアメリカが拒否したときには、
民主党が勢いづくし、国民の感情としてもそれなら給油はやらなくてよいのでは?
となり法案を成立するのは不可能になるといってよい。

なので内々にアメリカにこんな要請をしたいんだけど、
アメリカは受け入れてくれるの?
と聞き取り調査を政府高官の間でしているでしょう。

その結果、いやそれは無理!という回答が返ってきた、
というのが今回の結果になるのです。

もしここでアメリカが、それなら要請を受け入れると内々で教えてもらえたならば、

自民党は正式に要請して、
アメリカは法案のために要請を受け入れてくれるのだから、
民主党もさすがにこれは認めてよ、というようにすると民意の理解も得られやすくなる。

なので要請が受け入れられるならそれは法案成立の宣伝に使うはずなので、
それをしないという時点でアメリカが要請を拒否することが決まっていた(すでに拒否していた)
ということになるのです。


したがって今回の新聞の記事はすでに去年の11月ぐらいには結論が出ていたことを、
まあ一応民意もあるし、なんにも要請しないというのでは自民党としても格好がつかない、
成立がしてしまったあとならアメリカが拒否してもまあしょうがないよね、
という感じでそのまま給油も行なうことができる。

このようにあくまで形式上の出来事なのです。

投稿者 nabe : 01:13 | コメント (0)

2008年01月28日

『自分なりの意見』

『自分なりの意見』

裏面としてはまあこれぐらいと見てもよいのですが、
もう少し考えていくと、

本来なら民主党が法案成立前に、
アメリカに使途を明確にするように要請をしろ!
それがはっきりしない限り認められない!
というようにいえば、

自民党としても参議院の過半数を占める民主党がそのようにいっているので、
そこは理解して要請を受け入れてもらわないと、法案の成立が難しいです。

というような話しにもっていけば、
アメリカが要請を受け入れる可能性は相当高まったはず。

でも民主党はとにかくダメ!の一点張りだったので、
それでは何の交渉の余地もない、

それで結局法案は成立してしまい給油はすることになる、
でも使途は明確にされない。

給油するという結果は同じなのに、
その使途は不明になってしまった。


民主党としてはここはただ反対するだけではなく、
ある程度、実利を考えて自民党に協力してもよかったんじゃないかなー。

それで使途は明確になるという条件が得られたならば、
それが民主党の成果になるのではないのかなー。

まあ国民がそれを民主党の成果として認識できる人がこの日本にどれぐらいいるのかにもよるのだろうけどね、
50%を越えてくれないとただ民主党を助けただけで意味なくなってしまう。

でもさすがにいっぱいアピールすれば理解してくれると思うんだけどなー。

民主党もせっかく参議院で過半数を獲得したのに

使えん!

民主党だめだめだよ、
自民党もだけどね。

まあ日本もう自体が終わってるからどうでもいいか!


最後の辺は自分なりの意見なのでここまでたどりつくと新聞を読んだといえるのではないでしょうか。

新聞は表面、裏面を読んで最後に自分なりの意見までたどりつく、
これが新聞を読むということです。

自分の意見については、
あっていようがあっていなかろうが自分の意見を持つことが重要、
それによって次回関連記事を読んだときに自分の意見があっていたか間違っていたかを確認する作業でまた記事を読んだり、
自分の考え方が未来予測の精度が上がって新聞をちょっと読んだだけで全てを理解できるようになります。

皆さんも新聞をしっかり読みましょう!
(そしてすでに日本が終わっていることを理解しましょう・・・)

投稿者 nabe : 01:13 | コメント (0)

2008年01月03日

『バーゲン』


『バーゲン』

2008年 3日目(1月3日)

お正月といえばなんでしょう?

昨日も書いたと思いますが正月といえばバーゲンでしょう!

昨日はアウトレットモールで余計なものをいろいろ買ってしまったので、
気を引き締めつつも今日はデパートなどのバーゲンに行ってみる。

1月4日からのところもあるみたいだけど、ちょうど今日からはじまっているところも結構あり、
なにを買うと決めているわけでもない私には問題ないぐらいにはやっていた。


正月のバーゲンといえばやはり大手百貨店でしょう!

ということでまずは松坂屋にいってみる、
松坂屋にはたまにいっているんだけど、
入るだけでも格好に気を使う。

ジーンズにTシャツとかではとても入れる雰囲気がない。
(まあそんなことを感じない人なら問題ないのだろうけど)

そもそもジーンズ、スニーカーお断り、見たいな雰囲気がある。
上もポロシャツとかジャケットぐらいが最低ライン、
Tシャツとかトレーナーなんてとても無理。

高級百貨店には雰囲気からしてドレスコードがある、
スラックス、襟付きの服、革靴(もしくは黒っぽいフォーマルシューズ)
ぐらいがドレスコードかな。

よって普段でも松坂屋にいくときは格好に気を使う。

この日もまあそれなりにフォーマルな格好でいったんだけど、
そこはもはや松坂屋ではなかった。


1階はまあ人がいつもより多いぐらいだったけど、
2階にいったら女性がめちゃくちゃいた。

2階、3階は女性のふくとかが売っているところで、
いろいろ有名な店が入っているんだけど、
普段は値引きもないので高くて土曜日とかでも閑散としている。

それが今日は歩くのも大変なぐらいに人がいる、
いつものドレスコードも関係なく、どんな格好の人でもウェルカムな状態。

普段の松坂屋を知っている私としては異様な光景だった。

そしていつも思うのだが、女性の服とかは高いよねー。
2,3万円ぐらいが標準価格だからなー、
靴とかも何種類もいるし、服も種類がいっぱいいるし、いくらお金があっても足りないねー。

少しブラブラとして、
上へ上がっている、紳士服売り場は6階なのでそこまで上がると、
こっちは下よりは落ち着いていた。

でも人は多いし、今日はドレスコードは関係なさそうだ、
値引きはそんなにしていないのであんまり売れてもいない感じ。

バーバリーとかカルバンクラインとかはバーゲンすらやっていなかった、
高級ブランドには関係ないのかな。

ただ良いこともあり、
いつもだと格式が高いというか人がまったく店にいないためにとても入れない店も、
この日は人がいっぱいいたので入ることができた。

ゼニアとかいつも誰も人がいなくてとても入れないんだよねー、
普段物は売れいてるのかなー、
まあ松坂屋とかだと結構富裕層が多いから平日に来るのかなー。

Hugo Bossとかポールスミスも人がそれなりにいたので入って冷やかしておいた。

高い服とかを買う気がないので(貧乏人?だからねー)、外に出る。

このあたりは三越があったり、他にもいろいろなブランドの店があるので通りはめちゃくちゃ混んでいた。

祭りでもやっているとき以外にこんなに人が歩いているの見たことないよ。


次に向かったのが若い人むけのブランドがいっぱい入っているところ、
ここにはユナイテッドアローズとかシップスなどが入っている。

早速入っていくとユナイテッドアローズがあり店内めちゃ込み、
ユナイテッドはなんでそんなに人気があるんだろうか?
昨日のアウトレットモールでもめちゃこんでいたしなー。

そんなに特別なデザインのすごいものがあるようには見えないんだけどねー、
値段も高いしね、バーゲンとはいえアウトレットよりはやはり高い。
まあ流行の最新のものが安くなっているのだから、
わかる人にとっては安いのだろうけど。

店を出るとなぜか店の外に列ができている、
あれ入場制限なんてしていたのかな?
とおもったらレジ待ちだった。

その列は50人ぐらい待っていて、30分ぐらいかかるんじゃないのか?
という感じだった。
どうしてユナイテッドアローズにそんなに人気が・・・

ここはやはり若い人むけのブランドがいっぱい入っていてかなり混んでいる。

さらにまわっていくと、バナナリパブリックがあった、
ここはあんまり安くなっていないからか混んではいなかった。

店内を見てまわるとなんかやたらと高い、
私は昨日行ったアウトレットモールではよくバナナリパブリックに行く、
なぜならやたらと安いから。

おかげでなんかバナナリパブリック好き?見たいなぐらいに服がある。
なにせやたらと安いんだよねーバナナ君。

ジージャン 28000円 → 7000円
パンツ   13000円 → 4000円
フリース   8000円 → 2000円
Tシャツ   3000円 → 800円

私の中ではバナナ君は格安ブランドなんだけど、
まともに店で買うとなるとかなり高いわ、
30%引きぐらいがいいところぐらいで、元が高いのでかなり高い。
バナナ君は有名ではあるけど、この値段設定で売れるものなのかなー。

さらにまわっていくとシップスがあった、
ここは入場制限になっていて入ることもできなかった。
まあアウトレットでも買わないのにここで買うことなんかないだろうからいいけど、
シップスがそんなに混む理由もいまいちわからん。

他にもいろいろあり、ティンバーランドもあった。
ティンバーランドもアウトレットモールにあり、そこでは物によってはかなり安くなる。
ただもともとは靴のブランドなのになぜか靴はほとんど置いていない、
ここでも靴はほとんどなくて服がほとんどだった。

ティンバーランドの服はやたらと高いんだよねー、
アウトドアの服なんだけど別にこれといってそんなにすごいデザインでもないのに値段は
30000円ぐらい
とやたらと高い。

しかしこれがアウトレットだと7000円ぐらいとかになっていたりして、
それを1つかってもっていたりする。

ここで買うとどんなものなのかなーと見てみたけど、
ほとんど定価で誰が買うのだろう?
と疑問に思う価格設定だった。

客はいるんだけどかっていくのかなー。

いろいろ見て待って1時間ぐらいで外に出る。

外に出て歩いていくとGAPがあった。
セールをやっているみたいなので入ってみると、
なかなかかっこよいパンツを見つける。

値段は半額になっていて、
サイズはウエストと丈も決まっているもので残りわずか、
しかしそのわずかな中にちょうど私のサイズにあうものがあった。

残り5着ぐらいなのにウエストと丈がぴったりあるものが見つかるとは・・・、
早速試着してみると、うーんこれは良い感じだぞ、
まさに運命の出会い?

ということでついつい買ってしまった、
スリムフィットで今風の感じでかっこよいのでなかなか良い感じだ、
値段も半額で4500円とその辺のパンツとあんまり変わらない値段。

正月のバーゲンはたいしたものなくていまいちかと思っていたけど、
最後になかなか良いものを見つけた。

そのあと近くにある、古着とか安い服がいっぱい売っている(原宿みたいなところ)
にいってみると、
ここと先の繁華街とでは客層がまったく違った。

当然といえば当然だけど、
それまでは皆さん最低1つぐらいはどこかのブランドの紙袋を持ってい歩いていて、
服もどこかのブランドとかでおしゃれな感じだったのが、
ここに来ると、一気にカジュアルにもほどがあるぐらいにカジュアル。

ジーパンとスニーカーしかいないんじゃないのか?
とみえるぐらいラフなスタイルで、
ブランドの紙袋をもっている人なんて1人もいない。

ほんの500mぐらいで大きい通りを渡っただけなんだけど、
この差はなに?

こんなところにも格差社会が・・・。

GAPの紙袋を持っている私がちょっと変なぐらいだ、

少しまわったけど、
さすがにここは30歳の私にはとてもラフな服過ぎて(ドクロがかかれた服とか、キンキラキンの服は無理でしょう・・・)見るものなくてそそくさと家に帰った。


結局、百貨店とか有名ブランドのバーゲンは私にはあんまり関係なかったかなー、
まあ服とかを買うのに基本的に10000円をリミットとしているので、
なかなかその値段で買えるブランドはバーゲンでもないよね。

やはり私にはアウトレットがいいところです。

ということで明日はまた昨日とは別のアウトレットを見つけたのでそちらにいってしまおうかなー。

またアウトレットという悪魔のささやきにやられてしまいそうです・・・

投稿者 nabe : 00:43 | コメント (0)

2008年01月02日

『アウトレットモール』

『アウトレットモール』


2008年 1月2日

お正月にすることといったらなんでしょう?
ゆっくりするのもまあ1つの手なのですが、
やはりお正月というと・・・

バーゲンの季節

2日は銀座では有名デパートの福袋が発売りで売り出される日でもある。

店によってスタートの日が多少違うのだけど、
最近は結構2日からはじめるところも多い。

有名デパートへ行っても良いんだけど元が高いので安くなってもそれなり。

そこで出てくるのがアウトレットモール、
ここなら元が安いのでさらに安くなればかなり安いだろう。

ということでアウトレットモールに行ってみる。


朝11時ぐらいについて、ものすごく混んでいるのかと思ったらそこまででもない。

早速まわり始めてみるんだけど、
なんかあんまりたいした事ない。

12月中旬ぐらいに来たときとそんなに大きく変わっていない。

もともと安いから正月だからって大して変わらないよ、
といかこれ以上どうやって安くするねん!
70%引きから下げるなんて無理やろ!
ということなのかな。

まあ店内全品20%引きとかもあったし、安くなっているところもあったはあったけど。

うろうろと1時間半ぐらいまわったけど、やはりめぼしいものはない。

年末までに何回かきてそのときにいろいろ買ってしまったので代わりばえしないと買うものないです。


ここにはコーチもあったんだけど、
安いのかやたらと混んでいて入場制限をしていた。

コーチにアウトレットってどういうものなのだろうか?
コーチに型遅れとかあるのか?

あとやたらと混んでいるのがユナイテッドアローズ
なんかよくわからん人気がある、
そんなにすごいものがあるとも思えないんだけどねー。

まあユナイテッドアローズは私もいくつか服を持っているけど、
基本なかなか高いんだよねー。
2万円以上がほとんどだし、なかなか買えないねー。
私が買うときは1万円ぐらいまで下がったものだけ。


シップスも同じように混んでいるんだけど、
はいってもそんなにすごいものがあるようには見えない。
値段の設定はユナイテッドアローズとそんなに変わらないか少し高いのに、
デザインではユナイテッドアローズのほうが良い気がするんだけど、
シップスになぜそんなに人が入る?

これがわからないのが30歳と20代とかの壁なのでしょうか?


お正月ということでここでも福袋が売っていた。

この福袋というものを私はいままで買ったことがない、
いろいろ入っていてお値打ちということなんだろうけど、
別にいらないものがいくら安く手に入ってもあんまり意味がない。

ということでまったく興味がなかったんだけど、
Body Glove
というサーフィン、ダイビングなどのマリンスポーツのブランドに福袋があった。

最近、この手のマリンスポーツブランドがちょっとお気に入り、
Billabongだったり、クイックシルバーとかもなかなか良い感じ。

Billabongとかはなかなか高いんだけど、
たまーにやたら安いものもあり、
8000円のトレーナーが2000円で売っていたりする。

Body Gloveは全体的に安いのでデザインもなかなか良い感じでいろいろ買ったりしている、
そこに福袋が売っていた。

それがただの福袋ではなく、
ちゃんとしたバックみたいになっている。

5000円だけど、このバックだけでも2000円ぐらいはするんじゃないのかなー。
もともと好きなブランドでもあることだし、
ということではじめて福袋(バックだけど)というものを購入してみた。

そして開いてみると・・・

ブルゾン
トレーナー
ロングTシャツ
Tシャツ

が入っていた、
まあそれなりといえばそれなり、
Body Gloveなので夏とかにはデザインがそれなりあっていて良いかも。
ブルゾンは安っぽくてBody Gloveである必要性はまったく感じられないかな。

でも5000円ならかなり安いかな。
普通に買うとすると

ブルゾン:8000円ぐらい
トレーナー:5000円ぐらい
ロングTシャツ:3000円ぐらい
Tシャツ:3000円ぐらい
バック:非売品なのでいくらか不明

合計で2万円近くになる、
アウトレット価格でこれなのでもう少し高くなることを考えると5000円は安いといえる。
でももっとかっこいいデザインとかもあるからなー、
普通に自分で選ぶとするとまず買わないものばかりなのでやっぱり微妙か。


あとうろうろしていてティンバーランドでB級品のカバンを見つけた、
たすき掛けするカバンでもともとなんかかっこいいものがほしいなーと思っていたところに、
これぞティンバーランドカラーみたいなデザインでなかなか良い感じ。

もともとは1万円するんだけどB級品なので2500円、
しかもそこから店内全品2割引が入るので2000円!

割引率80%!

めちゃ安いやん!

まあアウトレットではなくB級品だけあって問題があり、
留め金のバックルが壊れかかっている。

でもまあ壊れたら別のものに変えるなりなんとでもなりそう、
ということで買ってしまった。
(なぜかついでに手袋も、2割引で安いんだもん)


なんだかんだでアウトレットに来るとお金を使ってしまう、
結局この日も1万円近く使ってしまった。

アウトレット
それはこの世でもっとも危険な場所といえるかもしれない・・・
皆さんも気をつけましょう。


本日の購入品





Body Gloveの福袋バック、30cm×40cm×20cmぐらいで結構大きい
でもでかすぎて逆にはたしてどうやって使ったものかと検討中






ティンバーランドのバック
まさにティンバーランドみたいなデザイン?
ウィンドブレーカーとかブルゾンにはこのカラーのデザインがほぼ必ずあるかな


投稿者 nabe : 01:54 | コメント (0)

2008年01月01日

『2008年 1月1日』


2008年 1月1日

あけましておめでとうございます。

昨年は10月からさっぱり更新しなかったので今年はちょっと心を入れ替えて(まあいつまで続くことか)、
weblogだけでもそれなりの頻度で(早くもハードル下げておいた)更新していきたいです。


さて2008年1月1日は親戚が集まって泊まりでお寺におまいりに行きました。

今年はたまたま除夜の鐘をつけるというイベント?をやっていて、
300人ぐらい並んでいたけど、1回7,8人ぐらいでついていたのでこれならこれから並んでもいけるかなー、
と思って並んだら64回目の鐘をつくことができた。

結構有名なお寺の除夜の鐘なのでなかなか貴重、今年はなんかいいことありそうです。

『お年玉の相場』

なんか去年も同じことを書いたような気がするけど、
お年玉とははたしていくらぐらいあげるものなのでしょう?

年齢による差はあると思うのだけど最近は何かとお金が必要な時代。

昔ならゲームとかもそんなにはなかったし、
お菓子とかを買うことも安いものだけでそんなにかからなかった。

しかし最近ではゲームは山のように出ていてしかも1つ5000円ぐらいする、
塾帰りの買い食いなども日常的でコンビニでちょっと何か買えばそれなりにお金かかる。

となるとそれなりに包まないといけないよねー。

そもそも他の人のバジェットはどれぐらいなのでしょうか?

ということで父母に聞いてみたのだけど、
一律1万円という回答があっさり返ってきた。

え?
それは1歳の乳幼児も含めてなの?

うーん、それはどうかなー、
ちょっとは変えたほうがいいんじゃないの?

といってみると、
人によって変えるの!
という反応、

むー、この格差はなかなかすごい、
1万円以外存在しないという考えだ。

なんなら2万円とか3万円入れてもいいんじゃないの?
とかいいかねない。

まあそこはそこでおいておこう、
なにせ私の年収と父では10倍ぐらい違うんじゃないだろうか、
そもそも母だけでみても年収がすでに私を超えているといってよいだろう。

年収からするならば、
彼らが1万円なら私は1000円でいいんじゃないのか?

年収が大きく違うんだからバジェットは違いすぎるでしょう!
そりゃ、年齢によって値段買えるでしょう!

ということで変えようとしたんだけど、
じゃあ綺麗な5千円札を用意しておくはと言われた。

もともとお年玉には綺麗なお札が必要で、
そちらでも用意するのなら私にも用意しておいてとお願いするついででもありいくらか聞いた。

え?5000円?
半額になったといえばなったんだけどさー、

1歳と3歳と5歳の子供に5000円ってどうなの?

あなたたちのバジェットと私のバジェットは相当に違うと思うんだけどなー。

とはいえ小さい子供たちに上げるお金はその父母に渡すという考え方もできる、
私には子供もいないことだし、こんなときぐらいお金を使わないでどうする!

というなんかいつの間にか自分もお金持ちになった気分で、
小さい子達にも5000円を包むことにした。

ということで結局今年のお年玉は、
中学三年生 1万円
中学二年生 1万円
1,3,5歳   5千円
で合計35000円となった。

まあ最近は少子化だからあげる子供が少ないからその分1人に多くあげてもいいかも。
トータルのバジェットを決めておいてそこから割り振るのもありかなー、
でもさすがに今の年収だと5万円ぐらいが限界かな・・・

みなさんはお年玉はいくらぐらいあげているのでしょうか?

中学生に1万円はいいとして、
1歳とか3歳に5千円は高いのかなー。

このあとの日程からもわかりますが、
お正月はやたらとお金がかかります。

株も正月早々大幅に下がるし、今年は大変な年になるのかなー。

投稿者 nabe : 22:38 | コメント (0)