« 2008年02月 | メイン | 2008年07月 »

2008年06月24日

『永久に使える電球』

『永久に使える電球』

最近といっても結構前からですが、
いつのまにか永久に使える電球なんてものが発明されて販売されていたんですねー。

白熱電球を発明したエジソンもびっくり!
といった感じ?

さてその夢の電球を売っている会社はというと・・・

松下電器、東芝など日本の会社。

松下電器が販売している「パルックボール」というもの。

これは形は電球の形をしているけど、
蛍光灯という電球型蛍光灯。

蛍光灯なので放電現象を利用するため発熱などによるロスも少なく白熱電球にくらべてかなり高効率。

しかも寿命も長くて13000時間もある、
普通に働いている1人暮らしの家で考えると、

平日は5時間ぐらいの点灯、
休日は8時間点灯したとして、
1週間で41時間

年52週として1年で2132時間なので、
6年間ももつことになる!

タイトルに
『永久に使える電球』
とかいてあるのに6年しか持たないじゃないか!
と思う方もいるでしょうが、
話はまだここでは終わりません!

先の計算は普通の部屋で計算しましたが、
これがお風呂だったらどうでしょう?

1人暮らしだったら15分ぐらいでしょう。

1年365日でたったの91時間!

ということは13000時間を使うには・・・

142年かかります!

これはもう永久に使えるといって問題ないでしょう!

これからは1人暮らしのお風呂の電球切れはまったく心配必要ないです!

ちなみにこれがトイレだと?
1日5分ぐらいしか使わないだろうから、

倍率ドン、3倍!

450年も使えてしまいます!

しかもこれが東芝のLEDを使った電球だと
松下よりもさらに3倍の40000時間使えちゃいます!

これなら
部屋でも18年
風呂では450年
トイレではなんと1350年!

ドンだけ寿命延ばすんだよ。

投稿者 nabe : 00:38 | コメント (0)

2008年06月23日

『永久に使える電球 その2』

『過ぎたるは及ばざるが如し』

せっかくなので話をさらに無駄に掘り下げると、
もし松下とか東芝が電球を専門に作っている会社だとしたら、
長期的には株は売りです。

なぜなら電球が売れなくなるから、
製造業で最も作ってはいけないものは

絶対に壊れないものを作ること

というのも製造業は基本的に物を作って売ることで利益を得る、
売ったものを修理することで利益をえることもできるけど、
製造業はやっぱり物を売ることで利益を得るのが一番効率がよい。

普通なら物は壊れるので、壊れたら新しいものを買う、
新しい製品がでたらそれに買い換える、
これによって製造業はまた物を売ることができる。

絶対に壊れないものを作るということは、
このサイクルを断ち切ることになり、
瞬間的にはよい製品でいっぱい売れても、
そのあと壊れなければ誰も買わなくなるので利益が出なくなる。

これはネズミ講と同じ論理が成り立つ、
親会員が子会員を5人作る、
子会員がさらに子会員(孫会員)を5人ずつつくる

これで親会員の下には5(子)+(5×5)(孫)=30人
孫会員がさらに5人ずつつくると
30+(5×5×5)=155人

自分の下の会員が1つ物を売ることに1万円入るとすると、
それぞれが1つ売れば125万円何もしなくても手に入ります!

孫孫会員が5人ずつ会員を作ったら

125+(5×5×5×5)=750人

まさに雪だるま式に利益がどんどん増えていく!
と思うけど、
これが親会員が100人いたらこの時点で75000人の人がこのネズミ講にかかわっていることになる。

さらに孫孫孫会員5人ずつだと

3875人が1つの親にいるので100倍で39万人がかかわっている。

日本の総人口の0.3%に当たる人数、
どこの大企業でもこんな人数は雇用していない。

で、この話が最後まで行くと、
日本の人口を会員数が越えてしまうことになる、
それはありえないので利益をだす極大が存在することになる。

よってこのネズミ講は始まった時点でどうやったとしても最大の利益が確定している、
あとはそれをどのように分配するかの違いでしかない。

このように利益をだすのにどの要因でも限界があるとすると、
それによって利益の極大が決まってしまい、それ以上の利益をだすことが不可能になる。

株価は企業が生み出す利益から価値を換算してその値段がきまる、
株価が1000円で1年間に1100円稼げるのならその会社の株は安い、
逆に900円ならばその会社の株は高いので安くなることになる。

この利益をうみだす能力は製品の品質だったり販売能力などで変わっていく。

しかしこれが製品の総販売個数の限界があると株価は確定してしまう、
総販売個数は世界の住宅の数とそれに使われる電球の数。

世界人口は増えるとはいえ、それにも限界があるので結局利益の極大が存在してしまう。

よって利益の極大に達した時点で理論的には株価は0円になる(それ以上販売して利益を生み出すことができないので)
こうして壊れない製品を作った会社は、
その製品品質がよすぎるが故に自らを滅ぼしてしまうのです。

過ぎたるは及ばざるが如し

とはまさにこのこと、
日本の会社もついにその領域に手をださなければいけないほどに、
追い詰められてきたのでしょうか。

製品の安さでは中国とかにはかなわないからなー、
品質を上げるのは必然とはいえ、
永久に使える電球を作り出すほどに追い詰められはじめているとは。

この分なら壊れないテレビや冷蔵庫を作らざるをえない時期が来るのも相当区はないのかな・・・

投稿者 nabe : 00:40 | コメント (0)

2008年06月21日

『久しぶりにWeblog復活』

最近引っ越しをしたり仕事が忙しかったりしてなかなかHPとか更新できない状態が続いている。

あまりにも更新していないし、ここはWebolgだけでもたまには書いていこうかなと思い立ったので、
とりあえず改訂見ることにしました。

まあこれまでと変わらずたいしたことない物事を、
勝手に深く取り上げてみて好き勝手な解釈をして自己満足していこうと思います。

投稿者 nabe : 00:59 | コメント (0)