« 『日本の未来は・・・』 | メイン | 『日本人宿に泊まる理由』 »

2006年12月14日

『なぜ日本人いっぱいいるのに泊まらない?』

アジア日記 その16-3

『なぜ日本人いっぱいいるのに泊まらない?』

旅行をしていて私は結構客引きについていく、
目当てのホテルがあるところは自分で行くけど、
最近はガイドブックが安い宿をのせなくなってきていて情報が少ない、
ネットで調べたりしてそっちにいったりするけど、
安いところがわからないときは客引きについていくこともよくある。

そんな客引きについていくとだいたい有名な都市では、
日本人がいっぱい泊まっている宿に連れて行かれる。

日本人1人のときは静かなんだけど、
集まるととたんにうるさくなるんだよねー。

英語とかなら聞き流せばいいけど日本語だからすべて聞き取れる、
そして日本人は旅行しないからホテルにずっといたりして、
朝出るときに見て昼にまた同じ状態で話をしている人に見たりする。

やっぱり何もしていないんだー、
日本人旅行者はやっぱりだめだなと再確認することになり、
気分が落ち込むので見たくもない。

1人だと静かなのになんで集まると途端にうるさくなるのだろう?
そして話をしてまったく動かなくなるのだろう?


そんなところへ連れて行かれるので、
まず私は日本人は泊まっているのか?と聞くことにしている。

泊まっているということが多い。

日本人旅行者は多いので普通の宿でも泊まっていることもあるので、
いっぱい泊まっているの?
と聞く。

すると客引きは自信満々で
いっぱい日本人と待っているぞ
とニコニコと答える。

普通の日本人ならそれはいいところだなーと思うのかもしれないけど、
私にはただただマイナスの要因でしかなくて、
あー、この宿ダメだなたぶん、と思うぐらい。

まあでもせっかく来たのだからと部屋も見せてもらう。
よっぽど部屋が良くて値段が安かったら泊まろうと思うのだけど、

日本人が集まるだけで値段が上がる傾向にあるようで、
だいたいいつも設備いまいち、お値段高め
になっていて泊まることはない。


泊まらないで別の宿を探しに行こうとすると、
何で泊まらない?
日本人みんなここに泊まっているぞ?

といってくるので、

まず部屋の割には値段が高い!
そして日本人がいっぱいいるから泊まらない!

と言い返す、
そんなことを言う人はさっぱりいないようで、
何で?何で?
というようにさらに聞いてくるので、


お前、よく考えてみろよ

私はお金を払って海外まで来ているんだぞ?
なんで日本人ばっかりの宿に泊まらなければいけない?
それじゃあ日本にいるのと変わらないだろ?

日本にいたら日本人としか話さないのに、なんで海外まで来て日本人と話さなければいけない?
お前はおかしいと思わないのか?

このように説明すると、
そのまま行ってしまうこともあるし、

いや、変わっているなとは思うけど、
日本人みんなそうしているしー、
日本人集まるのが好きなんじゃないのか?

さあどうなのかな?
寂しがり屋なのかもね。
私は違うので別の宿に行く、
こういう宿じゃなくて良い宿を紹介して!

というと、

そうか、それならもっと安い宿があるぞ。
といって連れて行ってくれるのは本当に安い宿、
ただ安いだけの宿で設備がいまいち。

こうなるので連れて行かせる前に、
私は安い宿を探しているわけじゃないからな!
と釘をさしておく。

すると、
日本人はみんな安い宿探してるぞ?
といわれる。

他の日本人は知らないよ、お金ないんじゃないの。

私はコストパフォーマンスの良い宿を探しているんだ。
だから普通2ドルで安宿が1ドルでも部屋さえ良ければ3ドルでもいい、
多少高くても全然いいから良い宿に連れて行ってくれ!

といってようやく私が望むような宿を紹介し始める。

アジアの日本人旅行者本当に金ないんだよねー、
設備どうでもいいからとにかく安く!というのが一番みたいで、
快適さとかさっぱり考えてない。

別にもともと物価が安い国なんだから1,2ドル高く出すだけでもいい部屋になったりするのになー、
ドミトリーが3ドルとかでシングル5ドルでなんでドミトリー泊まるのだろう?

1日2ドル余分に払ったって1ヶ月でたった7000円ぐらいにしかならないのになぜ?

だいたい日本人が多いところでは、
日本人はお金を使わない、とにかく安いところを探すみたいに思われている。

日本人のイメージがこんなところでもおかしくなっている。


こんな感じなので旅行中はいろいろな現地人とよく話すようにしている、
いろいろその国のことが聞けるし、日本をどう思っているとかも聞ける。
でもそのおかげで『日本人地位向上委員会』の仕事が増えるんだけどねー、アジアでは。

多くの人がなんで日本人はお金持ちのはずなのに、
旅行で来る人はお金を全然持っていないの?
という疑問を持ってる。

そんなときは、

働かないからです!
働いている人はちゃんと持っているから大丈夫!
働いていないからこんなところにいるんだよ
(まあ私もだけど)

とここでも「ちゃんとした日本人とは」ということを教えてあげてます。

アジアは現地人とはこんな話からばかり始まるので大変、
まあちゃんと話をすると逆にしっかりしているなーと思ってもらえて、
すごくいろいろな話をしてくれてそれはそれでいいんだけど。

ネパールの経済問題についてとか、
インドとパキスタンの今後についてとか、
なんかとんでもないグローバルな話になったりすることもあるけど、
まともに話せる人と話すといろいろ見聞が広がってよいです。

せっかく海外まで来てるんだから現地の人と話をしないともったいないんじゃないのかなー。

まあまともな旅行者もいるだろうけどね、
今回はほとんどさっぱり会わなかったけど、
まともなのはサラリーマンパッカーぐらいだったかな。

久しぶりにまともに話ができる人だったから、
10年後の日本とかまで語り合ってしまった・・・

投稿者 nabe : 2006年12月14日 21:54


コメント



この記事にコメントする

コメント登録機能が設定されていますが、TypeKey トークンが設定されていません。