« 『日本の未来について考えよう!』 | メイン | 『事務・営業系職残業代削除 兼 労働時間無限化』 »

2006年12月27日

『考えるほどにダメダメな日本の未来』

『考えるほどにダメダメな日本の未来』

株日記 2006年 その5


そんなことしていて今はいいけど、
若い人はいくらでも転職していくよ、
40歳の人がそんな状態になっているのを見て残る人どれだけいるのよ?
このご時世、いまの日本は1つの会社にしがみつく時代じゃない。
ダメなら転職というのがあたりまえ。

転職はいいんだけどさー、
それはせっかく育てた人材がいなくなるということなんだよねー、
その分だけ企業は損をしていることになる。

転職して仕事が変わればまた1から覚えなくてはいけないし、
ただでさえバカを大量生産する教育でレベル下がっているのにそんなことしていたら30歳になっても仕事できない人がいっぱいになってしまうよ。

はー、やっぱりダメダメ日本だなー。
考えれば考えるほどダメな点ばかり見つかってしまう。


さらにさらに考えを深めていくと、
30歳になっても仕事できない、仕事があったとしても給料は少ないという状況、
そしていまは子供を育てるのにものすごくお金がかかる、
昔はなかった携帯料金、塾だって中学生ならほぼ全員が行っている。
私立中学に行く人も増えている。

お金がなければ結婚して子供を生むなんてできないよ、
そりゃ晩婚化も進んで当然。

そして1人しか生まないのも収入少ないし、育てるのにお金がかかるんだからこれまたあたりまえ。

どんどんダメダメダメダメになっていく日本・・・


誰でもちょっと考えればいまの日本の政策は見た目だけで、
やっていることは全然いいほうに動くわけがないということがわかる。

少子化対策政策ではやっているように見えても、
間接的にはマイナス要因のほうが遥かに多いよ!
他の政策の影響で全然対策たりてないじゃん!

今の政策は見た目はやっているように見えるけど、
その政策の負の部分が他に与える影響のほうが大きくて、
効果を対消滅させるどころかマイナスにしている。


今の政策はほとんどがとにかく企業が儲かるようにできている。

そして企業が儲かるということは=お金を持っている人が儲かるということになる。

企業の経営者クラスとかは当然ある程度資産家、
そういう人たちはやっぱり株をやっていたりするのでそこでさらに儲かる。

まあお金持ちはだいたい資産運用として株なりドルなりいろいろと資産を分散して運用している。

なので株価が上がればそういう人たちが儲かるということになる。

お金持ちがさらにお金持ちになる、
というのが今の政策。


ちなみにお金を持っていない人はというと・・・

まず収入が減ります、
給料カットの方向でひたすら進んでいるので(=お金持ちが儲かる)減らないにしても、何年もいても給料がほとんど上がっていきません。

さらに仕事が増える、
上の人がいなくなるのに新しい人をあまり雇わないようにしているので、
当然1人に対する仕事量が増える。

仕事が増えるのに収入が減るという、
まさにいいことなしの状況。

さらに消費税を上げたりと個人にはさらに他の税金も上げようかという話も出ている。

働く気なくしてもおかしくないよ、
いやこの状況でまじめに働いているほうがおかしいのでは?
と思うぐらい。

欧米なら金くれないなら働かないよ、
別の会社行くよというのがあたりまえ、
いや世界中をまわってきたけど先進国で日本人みたいに働いているところはなかった。
(中国人はなかなか働いていたけど)

まあ日本がこんな経済発展をしたのはこの

耐え忍ぶ人種

だからだろうけど、
これだけ優秀な人材をこんなに安く使える国は日本しかないよ。


まあ私が思うに、

日本人があまりにも政治に無関心

というのがこんな状況を作っている原因。

企業は企業献金とかで政治にいろいろと注文をつける。

でも個人は日本は投票率も悪いし、組織票がかなりのウエイトを占める。

結局、個人は多少無茶なことをしてもどうせ何にも言ってこないし、
そもそもその政策がどういうことが起きるかとかを理解する人が少ないから、
個人はとりあえず適当に見せかけ政策だけでだましておいて、

企業が儲かる(=お金持ちが儲かる)

ようにしよう、というようにしている。

法律を決める政治家自体がそもそも資産家なんだから、
そりゃなんにもいわなければ自分たちが儲かるように法律かえるでしょう。

投稿者 nabe : 2006年12月27日 03:06


コメント



この記事にコメントする

コメント登録機能が設定されていますが、TypeKey トークンが設定されていません。