« 「ジンベイサメ捕獲ツアー探し」 | メイン | 「カンクンで情報収集」 »

2007年08月10日

「小冒険開始!オルボッシュへ」

『メキシコ小冒険旅行 その3』

「小冒険開始!オルボッシュへ」


5月20日

朝6時に起きて6時半の船に乗る、船は7時にカンクンについてバスターミナルに移動。

7:15についてチケットを買う、
出発までまってバスに乗り込む。

2等バスなのでどんなにボロいのだろう?
と思っていたらそうでもなくてちゃんとエアコンも効いて涼しくて良い感じだった。

しかし2等だからかやたらと人を途中で拾っていく。
それがバス停とかで拾うならわかるんだけど、
その辺の道にいる人が手を上げるとそれで止まるので町中では止まってばかり。

なんかもう少しどこかに集めるようにするとか考えろよ、
市バスに抜かれる長距離バスってどうなのよ!

たった5kmぐらい走れば町中を抜けるのに30分ぐらいかかった。

これは3時間ではとてもじゃないけど着かないな、早朝のバスに乗っておいて良かった。

バスは途中でも人を乗せたり下ろしたりする、
長距離バスなのに立っている人もいる、運転手のお小遣い稼ぎ?


4時間ぐらいかかりやっとチキーラの町に着く、
ダイブショップで情報収集をしたときにチキーラって大きい町なの?
と聞いたら

町じゃない、村だ。
バス会社のオフィスの前が港であとは何もない、心配しないでも地図がなくても迷うことなどありえないところだった。。
ちなみにオルボッシュもこの町よりも小さいから端から端まで歩いて15分ぐらいだ。


話の通り、チキーラの村はバス会社のオフィスと数件の店があるぐらいであとは周りに何もなかった。

すぐ前が港だったので早速フェリーチケットを買う、
ちょうど12時のフェリーが出るところで10分ぐらい待つだけで乗れた。

フェリーはおおむね1時間に1本出ているみたいだけど、
この次のフェリーは14時だったりたまに間があいたりする。

船を待っているときになんかその辺のおじさんがオルボッシュに行くのか?
インフォメーションだ、といって小さい地図をくれた。
そこにはホテルとかお店ものっていた。

そのまま何かの勧誘をされるのかと思ったらなんにもなくそのままさっていった。
こんな小さな村でビラ配りの仕事でやっていけるのか?

あとバス会社のオフィスの近くにタクシースタンドがあって、
そこにはカンクンまで60USドルと書いてあった。

ここまで来るのに7USドルぐらいなのでそれから考えると高いけど、
片道3時間走って、当然タクシーは帰ってこなければいけない、
人を乗せてこれるとも思えないし、往復のガソリン代をいれて拘束時間6時間で60ドルなら安い。

最悪明日の13:30のバスに乗れなかったらタクシーだな、
日本人にとって60ドルぐらい安いものよ!
もともとバブリーパッカーなうえに今回は短期(世間で2週間を短期旅行と呼ぶかどうかは疑問だけど・・・)旅行なので時間のほうが重要。

それで1日無駄にしないでよくて、ダイビングもできると考えれば全然安い。
短期旅行は航空券代など時間単価が高いので移動にお金を使っても時間を有効に使ったほうがお得。

船で20分ぐらいでオルボッシュの町(村?)に着く、
ついたところはほとんどなにもなくて、
人がまっすぐ北へと歩いていくので私もついていくと、
だんだん店がでてきて中央広場みたいなところに出る。






オルボッシュのメインストリート、
なかなかの田舎具合です


ここにはホテルとかもいくつかあった。

ビーチフロントのホテルももらった地図には書いてあったけど、
40ドルぐらいと高そうだった。

その辺のホテルで値段を聞くと200ペソ(約18ドル)と安かったので部屋を見せてもらう。

はじめは1階で窓はあるけど隣の言えと近すぎて光も入らなくていまいち。

上の階の部屋で窓がでかい部屋にして!

という、スペイン語がはなせるといろいろ要求ができて便利でよいです。
メキシコの観光地では比較的英語が通じるけど、
安宿では通じないことが多いので話せると便利。


2階は広場に面した角部屋で風通しもよく、明るくてかなり良い感じ。
これで200ペソなら安いととまることにする。

投稿者 nabe : 2007年08月10日 15:33


コメント



この記事にコメントする

コメント登録機能が設定されていますが、TypeKey トークンが設定されていません。