« 『バーゲン』 | メイン | 『新聞の裏面』 »

2008年01月28日

『自分なりの意見』

『自分なりの意見』

裏面としてはまあこれぐらいと見てもよいのですが、
もう少し考えていくと、

本来なら民主党が法案成立前に、
アメリカに使途を明確にするように要請をしろ!
それがはっきりしない限り認められない!
というようにいえば、

自民党としても参議院の過半数を占める民主党がそのようにいっているので、
そこは理解して要請を受け入れてもらわないと、法案の成立が難しいです。

というような話しにもっていけば、
アメリカが要請を受け入れる可能性は相当高まったはず。

でも民主党はとにかくダメ!の一点張りだったので、
それでは何の交渉の余地もない、

それで結局法案は成立してしまい給油はすることになる、
でも使途は明確にされない。

給油するという結果は同じなのに、
その使途は不明になってしまった。


民主党としてはここはただ反対するだけではなく、
ある程度、実利を考えて自民党に協力してもよかったんじゃないかなー。

それで使途は明確になるという条件が得られたならば、
それが民主党の成果になるのではないのかなー。

まあ国民がそれを民主党の成果として認識できる人がこの日本にどれぐらいいるのかにもよるのだろうけどね、
50%を越えてくれないとただ民主党を助けただけで意味なくなってしまう。

でもさすがにいっぱいアピールすれば理解してくれると思うんだけどなー。

民主党もせっかく参議院で過半数を獲得したのに

使えん!

民主党だめだめだよ、
自民党もだけどね。

まあ日本もう自体が終わってるからどうでもいいか!


最後の辺は自分なりの意見なのでここまでたどりつくと新聞を読んだといえるのではないでしょうか。

新聞は表面、裏面を読んで最後に自分なりの意見までたどりつく、
これが新聞を読むということです。

自分の意見については、
あっていようがあっていなかろうが自分の意見を持つことが重要、
それによって次回関連記事を読んだときに自分の意見があっていたか間違っていたかを確認する作業でまた記事を読んだり、
自分の考え方が未来予測の精度が上がって新聞をちょっと読んだだけで全てを理解できるようになります。

皆さんも新聞をしっかり読みましょう!
(そしてすでに日本が終わっていることを理解しましょう・・・)

投稿者 nabe : 2008年01月28日 01:13


コメント



この記事にコメントする

コメント登録機能が設定されていますが、TypeKey トークンが設定されていません。