« 『新聞の裏面』 | メイン | 『新聞の表面と裏面』 »

2008年01月30日

『新聞の表面』

『新聞の表面』

そもそも法案が成立してもう給油することが決まった時点で、
アメリカはもう何もしなくても給油してくれるので別に日本の要請を無理してのむ必要はない。


まあ日本に配慮して受け入れる可能性もなくはないが、
それはすべてアメリカの気分次第みたいな感じになり、
日本になんの主導権も与えられない。

無理強いをして
それならいらない!
とアメリカに言われた場合に、
自民党としてはあれほど無理して成立させた法案がまったく意味がなかったということになり、
それこそ大問題になる。

ということで、
法案を成立させる前に交渉するならば、
法案を成立させるために民主党を納得させるには給油が目的通りに、そして他のものに流用されていないことを明確にしないと無理!

といえば、それならばまあやってあげるかとアメリカも譲歩する可能性がある。

それをしないで法案を成立させてしまって、
そのあとに要請をするなんて無理に決まってる!

もう少し考えてから行動しないと、交渉の基本でしょうそれは・・・

というところまでがまあ表面でしょうか。

投稿者 nabe : 2008年01月30日 01:12


コメント



この記事にコメントする

コメント登録機能が設定されていますが、TypeKey トークンが設定されていません。