« 「明日の見えない日々をおくる条件」 | メイン | 『久しぶりにWeblog復活』 »

2008年02月26日

『明日も見えない日々』

『明日も見えない日々』

2008年もはや2ヶ月が過ぎようとしています。
仕事をしているとあっという間に時が過ぎてしまいます。

そんな日々で私はというと、
ちょっと転職活動もして見たりなんかしてます。

普通の人なら明日の見えない人生なんて考えられない、
というのがあたりまえなのかなと思うのですが、

逆に私の場合は明日が決まっている人生が想像つかない。

一昔前なら大学を卒業して就職してそのまま40年間勤める人があたりまえだった、
最近でこそ転職が普通になってきていますが、
それでもそんなに頻繁に転職するというのはあまり一般的ではない。

入社して40年後まで同じ会社にいることがわかっているなんてつまらん!
まあ途中で転職することもあるのだろうけど、
それにしても最低でも数年先までは見通せてしまう。

別に悪いことではないのだけど、
人生にメリハリを求める私には1年後が見通せるだけでもなんかいまいち。


はじめに働いていたときは、
私も2,3年後まではまあ同じ会社にいるというのが見通せていて、
それが普通だった。

しかし、世界を見て私はまったく変わった。
なにせ旅行中は明日どころか1時間後どこに入るのかすら決めていたり決めていなかったり、
すべて新しい場所でなにもかもがやったことがないことばかり。

明日の宿さえ決まっていないこの不確定さは非常に自由度があってよかった。

こんな明日も見えない日々をすごしてしまうと、
明日がわかってしまう人生には魅力を感じない。

ついでに私の場合は、
明日は見えてないのだけど逆に30年後は見えていたりする、
といってもこれは日本の話。

いろいろ今ある情報を総括した私の結論は、
30年後の日本はもう終わっていることがわかっているので、
じゃあ終わっているのがわかってるのだから、いま人生をはっきり決める必要ないでしょう。
というのが私の考え。
(まあ決まっているとつまらないというのが一番の理由だけど)

投稿者 nabe : 2008年02月26日 01:26


コメント



この記事にコメントする

コメント登録機能が設定されていますが、TypeKey トークンが設定されていません。