« 『永久に使える電球 その2』 | メイン | 『クーラー未使用記録更新中!』 »

2008年06月24日

『永久に使える電球』

『永久に使える電球』

最近といっても結構前からですが、
いつのまにか永久に使える電球なんてものが発明されて販売されていたんですねー。

白熱電球を発明したエジソンもびっくり!
といった感じ?

さてその夢の電球を売っている会社はというと・・・

松下電器、東芝など日本の会社。

松下電器が販売している「パルックボール」というもの。

これは形は電球の形をしているけど、
蛍光灯という電球型蛍光灯。

蛍光灯なので放電現象を利用するため発熱などによるロスも少なく白熱電球にくらべてかなり高効率。

しかも寿命も長くて13000時間もある、
普通に働いている1人暮らしの家で考えると、

平日は5時間ぐらいの点灯、
休日は8時間点灯したとして、
1週間で41時間

年52週として1年で2132時間なので、
6年間ももつことになる!

タイトルに
『永久に使える電球』
とかいてあるのに6年しか持たないじゃないか!
と思う方もいるでしょうが、
話はまだここでは終わりません!

先の計算は普通の部屋で計算しましたが、
これがお風呂だったらどうでしょう?

1人暮らしだったら15分ぐらいでしょう。

1年365日でたったの91時間!

ということは13000時間を使うには・・・

142年かかります!

これはもう永久に使えるといって問題ないでしょう!

これからは1人暮らしのお風呂の電球切れはまったく心配必要ないです!

ちなみにこれがトイレだと?
1日5分ぐらいしか使わないだろうから、

倍率ドン、3倍!

450年も使えてしまいます!

しかもこれが東芝のLEDを使った電球だと
松下よりもさらに3倍の40000時間使えちゃいます!

これなら
部屋でも18年
風呂では450年
トイレではなんと1350年!

ドンだけ寿命延ばすんだよ。

投稿者 nabe : 2008年06月24日 00:38


コメント



この記事にコメントする

コメント登録機能が設定されていますが、TypeKey トークンが設定されていません。